「お幸の方」

「お幸の方」

江戸時代中期の徳川家重の側室

江戸時代中期の徳川家重の側室

「お幸の方」とは、江戸時代中期の徳川家重の側室で、徳川家治の生母である。家重は、徳川吉宗の六男として生まれ、享保20年(1735年)に将軍職を継いだ。家重は、体質が弱く、病気がちであったため、政治は側用人である田沼意次らに任せていた。

お幸の方は、享保13年(1728年)に江戸で生まれた。本名は、久留島喜多。旗本である久留島通嘉の娘であった。お幸の方は、容姿端麗で、性格も温厚であったため、家重の寵愛を得た。

お幸の方は、延享3年(1746年)に、家治を生んだ。家治は、家重の三男であり、若くして将軍職を継いだ。お幸の方は、家治の生母として、江戸城の大奥で権勢を誇った。

お幸の方は、宝暦13年(1763年)に亡くなった。享年36歳であった。お幸の方は、家重の側室の中で最も愛された女性であり、その死は家重に大きな悲しみを与えた。

お幸の方は、江戸時代中期の徳川将軍家の歴史の中で、重要な役割を果たした女性である。お幸の方の生涯は、徳川将軍家の興亡を物語る貴重な史料となっている。

家治の母として知られる

家治の母として知られる

家治の母として知られる

お幸の方(おこうのかた、生没年不詳)は、江戸時代中期の大奥女中である。徳川家治の生母。父は旗本・久世重之。母は養仙院(野間重之の娘)。兄に久世重之、弟に久世広之がいる。幼名は多喜。

お幸の方は、延享2年(1745年)に大奥に入り、宝暦8年(1758年)に徳川家治を産んだ。家治は、宝暦12年(1762年)に徳川家重の跡を継いで将軍に就任した。お幸の方は、家治の生母として、大奥で大きな権勢をふるった。

しかし、お幸の方は、宝暦13年(1763年)に死去した。家治は、お幸の方の死を深く悲しみ、その菩提を弔うために、京都の妙心寺に塔頭を建立した。この塔頭は、お幸の方の戒名である「瑞雲院殿」にちなんで、瑞雲院と名付けられた。

お幸の方は、家治の母として知られるが、その生涯については謎が多い。生没年不詳であり、大奥での役職も不明である。しかし、江戸時代の史料によると、お幸の方は、家治に大きな影響を与えた女性であったとされている。

延享5年に死去

延享5年に死去

延享5年に死去

延享5年(1748年)1月15日、お幸の方は江戸城西の丸で死去しました。享年39歳でした。死因は疱瘡(天然痘)とされています。

お幸の方は、紀伊国和歌山藩主・徳川宗直の娘として生まれ、1726年に将軍・徳川吉宗の側室となりました。吉宗との間には、4男1女をもうけました。

お幸の方は、吉宗に愛され、御台所(正室)の代わりに大奥を取り仕切りました。また、吉宗の政治を支え、享保の改革に貢献しました。

お幸の方の死は、吉宗に大きな悲しみを与えました。吉宗は、お幸の方を「お幸」と呼んで親しみ、その死を悼んで「お幸の方を偲ぶ」という和歌を詠みました。

お幸の方は、江戸城内に葬られ、その墓は現在でも東京都文京区の「浄輪寺」にあります。

タイトルとURLをコピーしました