上野喜蔵1566-1654

上野喜蔵1566-1654

朝鮮の陶工

朝鮮の陶工

-朝鮮の陶工-

上野喜蔵(うえの きぞう、1566年 – 1654年1月27日)は、安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した陶工です。肥前国(現在の佐賀県)の出身で、朝鮮半島から日本に渡来した陶工の一人です。

喜蔵は、1592年(文禄元年)の文禄・慶長の役の際に、加藤清正の軍勢に従って朝鮮半島に渡りました。その後、朝鮮半島で陶磁器の製造技術を学び、1598年(慶長3年)に日本に帰国しました。

帰国後は、肥前国有田で陶磁器の製造を始めました。喜蔵は、朝鮮半島で学んだ技術を活かして、高品質の陶磁器を生産しました。その陶磁器は、茶人や大名の間で高く評価され、有田焼として全国に広まりました。

喜蔵は、有田焼の創始者の一人として知られています。また、喜蔵の息子である上野伝右衛門も、陶工として活躍しました。伝右衛門は、有田焼の技術をさらに発展させ、有田焼を日本を代表する陶磁器の一つに押し上げました。

喜蔵は、朝鮮半島から日本に陶磁器の製造技術を伝えた功績で、日本の陶磁器の発展に大きく貢献しました。喜蔵の死後、有田焼はさらに発展し、現在では日本の三大陶磁器の一つに数えられるほどになりました。

上野焼と八代焼の創始者

上野焼と八代焼の創始者

-# 上野焼と八代焼の創始者

上野喜蔵は、1566年に肥後国で生まれた陶芸家であり、上野焼と八代焼の創始者として知られています。上野焼は、肥後国八代地方で焼かれる陶器であり、八代焼は、熊本県八代市で焼かれる陶器です。

上野喜蔵は、幼い頃から陶芸に興味を持ち、16歳で肥後国松橋村の陶工・上野喜右衛門の弟子となり、陶芸の技法を学びました。喜蔵は、師匠から陶芸の技法を学び、独自の作風を確立しました。喜蔵の作風は、伝統的な肥後焼の作風に朝鮮陶磁器の技法を取り入れたもので、斬新なデザインと精巧な技巧が特徴です。

喜蔵は、1600年に肥後国八代地方に移り住み、上野焼の窯を開きました。上野焼は、その独特の作風で人気を集め、肥後国を代表する陶器となりました。喜蔵は、1624年に八代藩主・保科正之に招かれ、八代城下に窯を移しました。喜蔵は、八代藩の保護を受け、八代焼の生産に励みました。八代焼は、上野焼よりもさらに精巧な作風で、江戸幕府にも献上されました。

喜蔵は、1654年に八代で亡くなりました。喜蔵の死後、上野焼と八代焼は、多くの陶工によって受け継がれ、現在でも生産されています。上野焼と八代焼は、日本の伝統的な陶器として高く評価されており、国内外で多くのファンを持っています。

加藤清正に連れられ来日

加藤清正に連れられ来日

加藤清正に連れられ来日

上野喜蔵は、1566年に豊後国(現在の大分県)に生まれた。喜蔵が16歳の頃、豊臣秀吉の九州平定の際に加藤清正に従い、朝鮮に渡った。喜蔵は、朝鮮での戦いで功績を上げ、加藤清正から「弥太郎」という名を賜った。

朝鮮での戦いの後、喜蔵は、加藤清正に従って薩摩国(現在鹿児島県)に渡った。喜蔵は、薩摩国での戦いで、再び功績を上げ、加藤清正から「喜蔵」という名を賜った。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると、喜蔵は加藤清正に従って東軍に参戦した。喜蔵は、関ヶ原の戦いで、再び功績を上げ、加藤清正から「上野喜蔵」という名を賜った。

関ヶ原の戦い後、上野喜蔵は、加藤清正に従って肥後国(現在熊本県)に渡った。上野喜蔵は、肥後国での戦いで、再び功績を上げ、加藤清正から肥後国飽田郡の2374石の領地を賜った。

上野喜蔵は、肥後国飽田郡の領主として、領内の治安維持や産業振興に努めた。上野喜蔵は、慶安7年(1654年)に93歳で死去した。

上野喜蔵は、加藤清正に連れられ来日し、朝鮮での戦い、薩摩国での戦い、関ヶ原の戦い、肥後国での戦いで功績を上げ、加藤清正から多くの賞を受けた。上野喜蔵は、肥後国飽田郡の領主として、領内の治安維持や産業振興に努め、名君として知られた。

タイトルとURLをコピーしました