人名辞典-占部高信-戦国時代の鋳物師

人名辞典-占部高信-戦国時代の鋳物師

永正4年(1507)作の日光輪王寺三仏堂の鰐口

永正4年(1507)作の日光輪王寺三仏堂の鰐口

-永正4年(1507)作の日光輪王寺三仏堂の鰐口-

永正4年(1507)に占部高信が作成した日光輪王寺三仏堂の鰐口は、室町時代中期に鋳造された青銅製の鰐口です。輪王寺は、日光東照宮の別当寺として知られ、三仏堂は、輪王寺の主要な建物の一つです。鰐口は、寺院や神社の入り口などに設置され、参拝者が鳴らして合図を送るために使用される楽器です。

日光輪王寺三仏堂の鰐口は、直径約60センチメートル、重さ約100キログラムの大型の鰐口です。表面には、中央に「奉鋳鰐口 永正四年己亥六月日」、その周囲に「奉鋳施主 慈眼院殿願主 法印僧都長延」の銘文が鋳出されています。慈眼院殿は、輪王寺の開山である慈眼大師天海大僧正のことです。法印僧都長延は、天海の弟子で、輪王寺の二世住職を務めた人物です。

日光輪王寺三仏堂の鰐口は、占部高信の代表作の一つであり、その優れた鋳造技術と芸術性が評価されています。鰐口の表面には、天女や龍などの精巧な彫刻が施され、その姿は躍動感に満ちています。また、鰐口の銘文は、当時の輪王寺の状況や鋳造の経緯を伝える貴重な資料となっています。

日光輪王寺三仏堂の鰐口は、現在も輪王寺に保存されており、国の重要文化財に指定されています。輪王寺を訪れた際には、この貴重な鰐口の音色をぜひ聞いてみてください。

銘文によれば大河掃部助占部高信と名のっている

銘文によれば大河掃部助占部高信と名のっている

-銘文によれば大河掃部助占部高信と名のっている-

占部高信の銘文には「大河掃部助占部高信」と記されている。この銘文から、占部高信は「大河掃部助」という役職を持っていたことが分かる。掃部助とは、平安時代から鎌倉時代にかけて存在した役職であり、宮中の清掃や雑務を司っていた。また、「大河」という姓は、占部高信が鋳物師として活躍した地域である近江国大河村に由来していると考えられている。

占部高信は、鋳物師として高い技術を有していた。彼は、銅鐸や銅鏡などの青銅器を制作しており、その作品は現在でも各地の神社や博物館に収蔵されている。特に、彼は「占部釜」と呼ばれる釜を制作することで知られている。占部釜は、鉄で鋳造された釜であり、その表面には精巧な彫刻が施されている。

占部釜は、占部高信の鋳物師としての技術の高さを示す代表的な作品である。また、占部釜は、戦国時代の文化や生活をを知る上で貴重な資料となっている。

占部高信は、戦国時代を代表する鋳物師の一人であり、その作品は現在でも高く評価されている。彼は、鋳物師としての高い技術に加え、大河掃部助という役職も持っていた。占部高信の銘文には「大河掃部助占部高信」と記されており、これは彼が鋳物師として活躍した地域である近江国大河村に由来していると考えられている。

下野(しもつけ)(栃木県)安蘇郡天明(てんみょう)にすむ。

下野(しもつけ)(栃木県)安蘇郡天明(てんみょう)にすむ。

-下野(しもつけ)(栃木県)安蘇郡天明(てんみょう)にすむ。-

占部高信は、下野(しもつけ)(栃木県)安蘇郡天明(てんみょう)に居を構えていました。安蘇郡は、現在の栃木県那須郡の一部にあたり、天明は、現在の那須町上天明にあたります。占部高信の居所は、那珂川の上流域に位置しており、山に囲まれた自然豊かな地域です。この地域は、古くから鋳物業が盛んであり、占部高信もその伝統を受け継いだ鋳物師でした。

占部高信は、寛永12年(1635年)に生まれ、寛文11年(1671年)に37歳で亡くなったと伝えられています。占部高信は、その生涯のほとんどを安蘇郡天明で過ごしました。安蘇郡天明は、鋳物業が盛んな地域であり、占部高信もその伝統を受け継いだ鋳物師でした。占部高信は、茶釜や花瓶などの工芸品を制作し、その作品は、その美しさで評判になりました。

占部高信の作品は、現在でも多く残されており、その多くは、博物館や美術館に収蔵されています。占部高信の作品は、その美しさで人々を魅了し、日本の伝統工芸の素晴らしさを伝えています。

占部高信は、下野(しもつけ)(栃木県)安蘇郡天明(てんみょう)に居を構え、茶釜や花瓶などの工芸品を制作した鋳物師です。占部高信の作品は、その美しさで評判になり、現在でも多く残されています。占部高信の作品は、日本の伝統工芸の素晴らしさを伝えています。

タイトルとURLをコピーしました