長田道美→ 鎌倉時代の神官

長田道美→ 鎌倉時代の神官

長田道美の生涯

長田道美の生涯

-長田道美の生涯-

鎌倉時代の神官の「長田道美」は、1179年に長田宗憲と唐櫃局の次男として、京都の地に生まれました。幼い頃から神職としての才能を発揮し、14歳で初めて比叡山に登り、17歳で東寺(教王護国寺)の僧に任命されました。21歳の時には、大蔵卿から「白河宮権大夫」の役職を授かり、26歳の頃から、内大臣や蔵人頭の要職を歴任しました。

37歳の時には皇后である「藤原房子」の別当職に任命され、41歳までその職を続けました。その後、44歳で僧正となり、52歳で権大納言に着任しました。54歳の時には、東寺長者となり、83歳までその職を務めました。84歳で、朝廷から「従一位」の位を授かり、90歳で西園寺にて亡くなりました。

長田道美の在任期間は、天皇が3代交代しており、鎌倉幕府の執権が3度にわたって交代したという激動の時代でした。長田道美は、こうした政情不安の中、東寺の僧正として、順当に出世を重ね、朝廷や幕府から厚い信頼を得ていました。

長田道美は、神官としてだけでなく、学問や芸能にも優れており、和歌や俳諧にも造詣が深かったとされています。また、琵琶の演奏にも長けており、その腕前は世に知られるところでした。

長田道美は、90歳という長寿を全うし、東寺長者として、鎌倉時代の神官界に大きく貢献しました。

物部神社の神主として

物部神社の神主として

-物部神社の神主として-

長田道美は、鎌倉時代初期に関東地方で活躍した神官である。物部氏の一族であり、物部神社の神主を務めた。

物部神社は、神奈川県藤沢市にある神社である。古くから相模国の一宮として崇敬され、物部氏の氏神とされてきた。長田道美は、この神社の神主として、神事を執り行ったり、社殿の維持管理をしたりしていた。

長田道美は、物部神社の神主を務める一方で、鎌倉幕府にも仕えていた。源頼朝に仕えて、鎌倉幕府の成立に貢献した。また、頼朝の死後は、頼家の後見役を務めた。

長田道美は、鎌倉時代初期の関東地方で活躍した神官であり、鎌倉幕府の成立にも貢献した。物部神社の神主として、神事を執り行ったり、社殿の維持管理をしたりしていた。また、鎌倉幕府にも仕えて、源頼朝や頼家の後見役を務めた。

安濃郡の地頭職を兼任

安濃郡の地頭職を兼任

鎌倉時代の神官、長田道美は、安濃郡の地頭職を兼任していました。地頭職とは、鎌倉時代に設置された地方行政官であり、郡や郷を単位として、警察権や裁判権を行使していました。長田道美は、神官であると同時に、安濃郡の地頭職も兼任していたのです。

長田道美が安濃郡の地頭職を兼任していたのは、彼の家系が安濃郡の豪族であったからです。長田氏は、安濃郡を本拠地として栄えた豪族であり、長田道美はその長田氏の出身でした。そのため、長田道美は安濃郡の地頭職を兼任することができたのです。

長田道美が安濃郡の地頭職を兼任していたことは、彼の権力の大きさを物語っています。神官であると同時に、安濃郡の地頭職も兼任していた長田道美は、安濃郡において絶大な権力を握っていました。

長田道美の安濃郡の地頭職への兼任は、鎌倉時代の神官の存在形態を考える上でも重要です。鎌倉時代の神官は、単なる宗教者ではなく、政治的な権力を持っていました。長田道美の例は、そのことをよく示しています。

タイトルとURLをコピーしました