婉子女王 – 平安時代中期の花山天皇の女御

婉子女王 – 平安時代中期の花山天皇の女御

婉子女王の生涯

婉子女王の生涯

婉子女王の生涯

婉子女王は、平安時代中期の花山天皇の女御として知られる。天延(てんえん)4年(976年)に、藤原為光の長女として誕生した。幼名は嬉子(うれしこ)で、円融天皇の皇后・藤原遵子(よりこ)の養女となった。正暦5年(994年)19歳の時に、花山天皇の女御となり、翌年、第一皇女・禎子内親王を産んだ。

しかし、花山天皇はわずか2年で退位し、婉子女王は皇太后となった。そして、長和5年(1016年)には、禎子内親王が皇太子となり、同年に践祚して一条天皇となった。

一条天皇の践祚により、婉子女王は大皇太后となった。しかし、翌年に一条天皇が崩御し、三条天皇が即位する。これにより、婉子女王は太皇太后となった。

婉子女王は、寛仁2年(1018年)43歳で崩御した。花山天皇との間にできた禎子内親王は、一条天皇の母となり、三条天皇の祖母となった。

婉子女王は、平安時代中期に活躍した女性であり、花山天皇の女御として、皇太后、大皇太后、太皇太后の位を歴任した。また、禎子内親王は、一条天皇の母となり、三条天皇の祖母となったことから、婉子女王は、平安時代の皇室に大きな影響を与えた女性であった。

婉子女王と藤原実資

婉子女王と藤原実資

婉子女王と藤原実資

婉子女王は、平安時代中期に花山天皇の女御として仕えた人物です。藤原実資の『小右記』にその名が見え、同時代の記録にはほとんど登場していません。婉子女王は、藤原元方と藤原盛子の娘として生まれ、母方の祖母は花山天皇の生母にあたる藤原芳子です。そのため、婉子女王は花山天皇の従妹にあたります。

婉子女王が花山天皇の女御となったのは、長徳2年(996年)のことです。このとき、婉子女王は16歳でした。花山天皇は、当時21歳であり、すでに中宮として藤原遵子を迎えていました。婉子女王は、遵子の次に位する女御として入内しました。

婉子女王は、花山天皇との間に2人の皇子をもうけました。長徳4年(998年)に生まれた敦康親王と、長保4年(1002年)に生まれた尊子内親王です。しかし、敦康親王はわずか2歳で夭折し、尊子内親王も10歳で亡くなりました。

花山天皇が譲位した後は、婉子女王は出家して尼となり、法名を覚真と称しました。寛仁2年(1018年)に亡くなったと言われています。

藤原実資は、婉子女王について『小右記』に次のように記しています。

「婉子女王は、容姿端麗で、性格も温厚で聡明でした。花山天皇は、婉子女王を深く愛し、寵愛しました。」

藤原実資は、婉子女王と親しい間柄であったようです。婉子女王が亡くなったとき、藤原実資は『小右記』に次のように記しています。

「婉子女王の訃報を聞いて、私は悲しみに暮れました。婉子女王は、私の親しい友人であり、私は婉子女王を深く尊敬していました。」

藤原実資は、婉子女王の死を悼み、その死を惜しみました。

婉子女王に関するエピソード

婉子女王に関するエピソード

-# 婉子女王に関するエピソード

婉子女王については、いくつかのエピソードが残っています。その一つは、花山天皇が譲位した後のことです。花山天皇は、譲位した後も、宮中に留まり、政治に影響力を与え続けていました。しかし、一条天皇が即位すると、花山天皇は出家して、仁和寺に入りました。

婉子女王は、花山天皇が出家した後も、宮中に残りました。一条天皇は、婉子女王を敬愛し、常に側に置いていました。婉子女王は、一条天皇の寵愛を受け、多くの皇子皇女を産みました。

婉子女王が産んだ皇子皇女の中で、最も有名なのが、敦康親王です。敦康親王は、一条天皇の第一皇子であり、皇太子に冊立されました。しかし、敦康親王は、幼くして亡くなりました。

敦康親王の死後、一条天皇は、後冷泉天皇を皇太子に冊立しました。後冷泉天皇は、一条天皇の第二皇子であり、敦康親王の異母弟です。後冷泉天皇は、一条天皇の死後、即位しました。

婉子女王は、後冷泉天皇の即位後も、宮中に留まり、引き続き、強い影響力を持ち続けました。婉子女王は、平安時代中期を代表する女性であり、その生涯は、多くのエピソードに彩られています。

タイトルとURLをコピーしました