「赤橋義宗」

「赤橋義宗」

赤橋義宗の生涯

赤橋義宗の生涯

-赤橋義宗の生涯-

赤橋義宗は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。通称は左馬助。父は赤橋信濃守義季、母は政子。子は赤橋時宗、上杉憲実、憲忠、憲方、憲朝など。

赤橋氏は、源頼朝の弟である源義経の家臣であった赤橋守時の後裔とされており、義宗は鎌倉幕府の御家人として仕えました。

1331年(元弘元年)、後醍醐天皇が鎌倉幕府に対して倒幕の綸旨を発すると、義宗は幕府方に従って、新田義貞率いる倒幕軍と戦いました。しかし、鎌倉幕府は倒れ、義宗は新田義貞の軍門に降りました。

その後、義宗は足利尊氏に従って、建武政権に参加しました。しかし、建武3年(1336年)、足利尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻すと、義宗は尊氏方に従って、後醍醐天皇方の楠木正成と戦いました。

1338年(建武5年)、義宗は足利尊氏から常陸守護に任命されました。しかし、義宗は間もなく、新田義貞の軍勢に敗れて戦死しました。

義宗は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将であり、足利尊氏に従って戦いました。義宗の死後、赤橋氏は衰退しましたが、上杉憲実は、室町幕府の有力な武将として活躍しました。

赤橋氏の祖先

赤橋氏の祖先

– 赤橋氏の祖先

赤橋氏は平安時代後期から鎌倉時代にかけて活躍した武家であり、その祖先は源頼朝の家臣である赤橋重治である。赤橋重治は、源頼朝が伊豆で挙兵した際に従い、その後も数々の戦いで功績を挙げた。頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、御家人として重要な地位を占めた。

重治の父である赤橋忠治は藤原兼光の子孫であり、河内国石川郡赤橋に住んでいた。赤橋忠治は源頼朝に従い、伊豆で挙兵した際にも功績を挙げた。頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、御家人として重要な地位を占めた。

忠治の父である藤原兼光は、平安時代後期に活躍した貴族であり、河内国石川郡赤橋に住んでいた。藤原兼光は、源頼朝に従い、伊豆で挙兵した際にも功績を挙げた。頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、御家人として重要な地位を占めた。

重治の弟である赤橋重仲もまた、源頼朝に従い、伊豆で挙兵した際に従った。頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、御家人として重要な地位を占めた。

赤橋重治、重仲兄弟は、源頼朝に仕えたことで、赤橋氏は鎌倉幕府の重要な御家人として台頭し、その後も数代にわたって、幕府で重きを成した。

赤橋義宗の功績

赤橋義宗の功績

-赤橋義宗の功績-

赤橋義宗は、室町時代前期の武将です。足利尊氏の側近として活躍し、数々の功績を残しました。

-関東制圧-

赤橋義宗の功績のひとつは、関東制圧です。尊氏が鎌倉幕府を滅ぼした後、関東は足利氏の支配下に入りましたが、まだ完全に平定されていませんでした。義宗は、尊氏の命を受けて関東に下向し、残党を追討して関東を平定しました。

-観応の擾乱の鎮圧-

赤橋義宗のもうひとつの功績は、観応の擾乱の鎮圧です。観応の擾乱は、足利尊氏と弟の直義が対立して起こった内乱です。義宗は、尊氏方に味方して直義と戦いました。そして、尊氏の勝利に貢献し、観応の擾乱を鎮圧しました。

-足利氏政権の安定-

赤橋義宗は、関東制圧と観応の擾乱の鎮圧によって、足利氏政権の安定に大きく貢献しました。義宗は、尊氏の信頼が厚く、尊氏から多くの恩賞を受けました。また、義宗は、足利氏一門の中でも有数の武将であり、足利氏政権を支える重要な人物でした。

-まとめ-

赤橋義宗は、室町時代前期の武将です。義宗は、関東制圧と観応の擾乱の鎮圧によって、足利氏政権の安定に大きく貢献しました。義宗は、尊氏の信頼が厚く、足利氏一門の中でも有数の武将でした。

タイトルとURLをコピーしました