延寿(1) – 平安前期の僧侶と華厳宗の碩学

延寿(1) – 平安前期の僧侶と華厳宗の碩学

延寿(1)の生涯

延寿(1)の生涯

延寿(1)の生涯

延寿は、平安時代前期の僧侶であり、華厳宗の碩学として知られています。延暦16年(797年)に播磨国(現在の兵庫県)に生まれ、俗名は石井松寿と言いました。延暦21年(802年)に東大寺で出家し、法相宗の僧侶となりました。その後、天台宗に転じ、最澄に師事しました。弘仁5年(814年)に最澄の入滅に伴い、比叡山を離れ、京都に帰りました。

弘仁8年(817年)、延寿は、空海と親交を深め、華厳宗の教えを学びました。空海の没後、延寿は、華厳宗の教学を体系化し、多くの弟子を育てました。また、華厳経の注釈書である『華厳経随疏演義抄』を著し、華厳宗の発展に大きく貢献しました。

承和15年(848年)、延寿は、平城京に華厳宗の寺院である大安寺を建立しました。大安寺は、華厳宗の根本道場となり、多くの僧侶が参集しました。延寿は、大安寺で華厳宗の教えを講じ、多くの弟子を育てました。

嘉祥3年(850年)、延寿は、70歳で入滅しました。延寿は、華厳宗の発展に大きく貢献した僧侶であり、華厳宗の碩学として今日まで敬われています。

延寿(1)の仏教思想

延寿(1)の仏教思想

-延寿(1)の仏教思想-

延寿(1)の仏教思想は、華厳宗の思想を基礎としていますが、独自の見解も取り入れており、独自の仏教思想を形成しています。

延寿(1)は、仏教の究極の目標を「成仏」と考えており、成仏とは、すべての人に備わっている仏性を悟り、仏になることです。延寿(1)は、成仏するために必要なことは、菩薩行を実践することだと説いています。菩薩行とは、慈悲の心を持ち、他の人を救うために尽くすことです。延寿(1)は、菩薩行を実践することによって、すべての人が仏になることができると考えています。

また、延寿(1)は、「一華四如来」の思想を説いています。一華四如来とは、一輪の花に四人の如来が具現しているという思想です。延寿(1)は、一華四如来の思想によって、すべての人が仏になれる可能性を説いています。

延寿(1)の仏教思想は、華厳宗の思想を基礎としながらも、独自の視点を取り入れており、独自の仏教思想を形成しています。延寿(1)の仏教思想は、多くの人々に影響を与え、日本の仏教の発展に貢献しました。

延寿(1)の著作

延寿(1)の著作

延寿(1)の著作

延寿(1)は、華厳宗の碩学として、多くの著作を残しました。その代表的な著作は、以下の通りです。

・『華厳五教章』
・『法華玄義』
・『維摩経疏』
・『起信論疏』
・『大乗止観法門』

これらの著作は、いずれも華厳宗の思想を体系的に整理したものであり、後世の華厳宗の発展に大きな影響を与えました。

『華厳五教章』は、華厳宗の教義を五つの段階に分けて解説したもので、華厳宗の根本経典である『華厳経』の理解に欠かせない著作です。『法華玄義』は、『法華経』の注釈書であり、華厳宗の立場から『法華経』の思想を解説しています。『維摩経疏』は、『維摩経』の注釈書であり、生死を超越した境地である「不二門」の思想を展開しています。『起信論疏』は、『起信論』の注釈書であり、仏教の根本的な教えである「因縁」の思想を解説しています。『大乗止観法門』は、華厳宗の修行法である「止観」の思想を解説したもので、華厳宗の修行実践に欠かせない著作です。

延寿(1)の著作は、華厳宗の思想を体系的に整理したものであり、後世の華厳宗の発展に大きな影響を与えました。これらの著作は、現在でも華厳宗の学僧によって研究されており、華厳宗の思想を学ぶ上で欠かせないものとなっています。

タイトルとURLをコピーしました