円宗 – 平安時代前期の三論宗の僧

円宗 – 平安時代前期の三論宗の僧

生涯

生涯

生涯

円宗は、天長2年(825年)に播磨国で生まれた。10歳のときに、筑紫観世音寺(現・福岡県太宰府市)に入門し、円仁に師事した。円仁は、中国に渡り、唐で三論宗を学び、帰国後、円宗に三論宗の教えを伝えた。円宗は、円仁の弟子として、三論宗の教えを学び、円仁の死後、三論宗の第2祖となった。

円宗は、三論宗の学問を深め、多くの著作を残した。円宗の著作は、三論宗の思想や実践について、詳しく述べられており、三論宗の理解に欠かせないものとなっている。円宗は、また、三論宗の布教にも力を入れ、全国各地に、三論宗の寺院を建立した。円宗の尽力により、三論宗は、平安時代初期に、大きく発展した。

円宗は、寛平8年(896年)に、72歳で亡くなった。円宗の死後、三論宗は、円宗の弟子である安慧によって継承された。安慧は、円宗の教えをさらに発展させ、三論宗を、平安時代中期を代表する仏教宗派の一つに育て上げた。

主な役職

主な役職

-主な役職-

円宗は平安時代前期の三論宗の僧です。三論宗は、中国の三論宗を祖とする日本の仏教宗派です。

円宗は、延暦13年(794年)に生まれました。俗姓は藤原氏です。幼少から仏教に親しみ、14歳で出家しました。

円宗は、三論宗の僧として、多くの役職を歴任しました。天長8年(831年)に、三論宗の法主である法印に任命されました。その後、天安2年(858年)に、権僧正に任命されました。権僧正は、僧の最高位である僧正の代理を務める役職です。

円宗は、三論宗の発展に尽力したことで知られています。円宗は、三論宗の教義を研究し、多くの著作を残しました。また、円宗は、三論宗の寺院の建立や復興にも尽力しました。

円宗は、貞観10年(868年)に亡くなりました。享年75でした。円宗の死後、三論宗は衰退しました。しかし、円宗の著作は、三論宗の教義を伝える貴重な資料として、現在でも研究されています。

没後

没後

-円宗 – 平安時代前期の三論宗の僧-

-没後-

円宗は、907年(延喜7年)に79歳で入寂しました。

円宗の入寂後、彼の弟子たちは彼の教えを広めるために各地に赴き、三論宗を弘通しました。

円宗の弟子の中には、平安時代中期に三論宗の宗祖となった清原頼業もいました。

頼業は、円宗の教えを基に三論宗を大成し、多くの弟子を育てました。

頼業の弟子の中には、平安時代後期に三論宗の教学を確立した慈恵大師良源もいました。

良源は、三論宗の教学を体系化し、多くの著作を残しました。

良源の著作は、三論宗の重要な経典として現在でも広く読まれています。

タイトルとURLをコピーしました