「円恕」

「円恕」

江戸時代前期の僧侶「円恕」

江戸時代前期の僧侶「円恕」

江戸時代前期の僧侶「円恕」

江戸時代前期に活躍した僧侶、「円恕」についてご紹介します。

円恕は、1591年に現在の香川県高松市に生まれました。本名は、林藤次郎重成といいます。

1612年、円恕は、京都にある浄土宗の総本山、知恩院に入門しました。

知恩院では、学問と修行に励み、1625年に、僧侶として認可されました。

円恕は、その後、各地を巡回して、浄土宗の布教に努めました。

1632年、円恕は、江戸に招かれ、江戸城で徳川家光の帰依を受けました。

円恕は、江戸城内で浄土宗の布教を行うことを許され、浄土宗の勢力拡大に貢献しました。

1643年、円恕は、知恩院の第31世法主となりました。

円恕は、知恩院の法主として、浄土宗の発展に努めました。

1652年、円恕は、72歳で亡くなりました。

円恕は、江戸時代前期における浄土宗の代表的な僧侶の一人で、浄土宗の発展に大きな貢献を果たしました。

浄土宗の僧侶「円恕」

浄土宗の僧侶「円恕」

浄土宗の僧侶「円恕」

「円恕」は、浄土宗の僧侶であり、江戸時代初期に活躍しました。彼は、京都の生まれで、法然上人の教えに深く帰依し、出家して浄土宗の僧侶となりました。彼は、京都の西本願寺で学び、浄土宗の教えを深く研究しました。

円恕は、浄土宗の僧侶として、人々に念仏をすすめ、救いを説きました。彼は、浄土宗の教えを広めるために、各地を巡錫し、多くの人々に教えを説きました。また、彼は、浄土宗の教えをわかりやすく解説した多くの著作を残しました。

円恕は、浄土宗の僧侶として、人々の救いを願い、浄土宗の教えを広めるために努力しました。彼は、浄土宗の教えを深く研究し、多くの人々に教えを説き、浄土宗の教えを広めるために尽力しました。

円恕は、浄土宗の僧侶として、多くの人々に救いを説きました。彼は、浄土宗の教えを広めるために、各地を巡錫し、多くの人々に教えを説きました。また、彼は、浄土宗の教えをわかりやすく解説した多くの著作を残しました。

円恕は、浄土宗の僧侶として、人々の救いを願い、浄土宗の教えを広めるために努力しました。彼は、浄土宗の教えを深く研究し、多くの人々に教えを説き、浄土宗の教えを広めるために尽力しました。

遠江の宝林寺にいた「円恕」

遠江の宝林寺にいた「円恕」

-「円恕」-

-遠江の宝林寺にいた「円恕」-

円恕(えんじょ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての曹洞宗の僧。遠江国(静岡県西部)の宝林寺にいた。

円恕は、弘安9年(1286年)に遠江国浜名郡に生まれた。俗姓は松下氏。幼い頃から仏教に帰依し、12歳の時に出家して宝林寺に入った。

宝林寺は、永平寺の末寺で、曹洞宗の開祖である道元禅師の法系を受け継ぐ名刹である。円恕は、宝林寺で修業を積み、やがて住職となった。

円恕は、曹洞宗の教えを広く弘め、多くの弟子を育てた。また、元寇の際には、朝廷に協力して戦勝祈願を行い、その功績を称えられた。

円恕は、正平23年(1368年)に83歳で死去した。円恕の墓は、宝林寺にある。

円恕は、曹洞宗の教えを広く弘め、多くの弟子を育てた高僧である。また、元寇の際には、朝廷に協力して戦勝祈願を行い、その功績を称えられた。

円恕の死後、宝林寺は衰退したが、江戸時代になって再興され、現在では曹洞宗の古刹として多くの参拝者が訪れる。

タイトルとURLをコピーしました