織田勝長を知る~戦国-織豊時代の武将

織田勝長を知る~戦国-織豊時代の武将

織田信長の子として生まれた勝長

織田信長の子として生まれた勝長

織田勝長を知る~戦国-織豊時代の武将

織田信長の子として生まれた勝長

織田信長の長男である織田信忠は、1582年の本能寺の変で明智光秀に討たれ、信長の嫡流は途絶えました。しかし、信長には信忠以外にも男子がおり、その一人が織田勝長(おだ かつなが)です。勝長は、信長の長女・徳姫の腹違いの弟で、1567年に美濃国で生まれました。

勝長は、幼い頃から武芸に秀でており、信長もその才能を高く評価していました。1582年、信忠が本能寺の変で討たれた後、勝長は織田家の当主を継ぎました。しかし、勝長は若く、家臣たちの統率がうまくいかず、織田家は急速に衰退していきます。

1584年、羽柴秀吉が尾張国を攻略し、勝長は降伏しました。秀吉は、勝長を人質として京に連れて行き、その後、勝長は出家して剃髪しました。勝長は、1591年に25歳で亡くなりました。

勝長は、信長の嫡流として期待されながら、若くして亡くなった悲劇の人物です。しかし、勝長は、武芸に秀でており、信長もその才能を高く評価していました。もし、本能寺の変で信忠が討たれなければ、勝長は織田家の当主として活躍し、天下統一を果たしていたかもしれません。

武田信玄に人質として送られた苦難の人生

武田信玄に人質として送られた苦難の人生

-# 武田信玄に人質として送られた苦難の人生

織田勝長は、戦国時代の美濃守護・土岐頼芸の子として生まれた。幼名は三郎。兄に織田信長、妹に織田信勝がいる。

1556年、父・頼芸が斎藤道三に追放されると、勝長は母と共に美濃を脱出し、尾張の織田信長を頼った。信長は勝長を養子として迎え入れ、織田姓を名乗らせた。

1560年、桶狭間の戦いで信長が今川義元を破ると、勝長は尾張国内の諸城を攻略し、信長の勢力拡大に貢献した。

1561年、信長は勝長に武田信玄の元に人質として送った。これは、信玄と同盟を結ぶための措置であった。勝長は甲斐で5年間を過ごしたが、その間、信玄から厚遇されたという。

1566年、勝長は信長の元に帰還した。その後、信長の弟・織田信行が謀反を起こすと、勝長は信長の命を受けて信行を討伐した。

1570年、姉川の戦いで信長が浅井・朝倉連合軍を破ると、勝長は越前国を平定した。

1573年、信長は比叡山延暦寺を焼き討ちにした。この時、勝長は信長の命を受けて比叡山に攻め込み、延暦寺を焼き払った。

1575年、長篠の戦いで信長が武田勝頼を破ると、勝長は信長の命を受けて信濃国を平定した。

1582年、本能寺の変で信長が明智光秀に殺害されると、勝長は光秀に降伏した。しかし、その後、光秀が羽柴秀吉に敗れると、勝長は秀吉に降伏した。

秀吉は勝長に近江国10万石を与えた。勝長は関ヶ原の戦いでは西軍に属したが、徳川家康に敗れ、改易された。

1615年、大坂冬の陣で勝長は豊臣秀頼に味方したが、徳川家康に敗れ、自害した。

二条御所で討ち死にした悲劇の最期

二条御所で討ち死にした悲劇の最期

-二条御所で討ち死にした悲劇の最期-

織田勝長は、戦国-織豊時代の武将です。織田信長の弟・織田信行の子として生まれました。若い頃から武勇に優れ、織田信長の軍勢に加わって各地を転戦しました。本能寺の変の後、織田信忠とともに二条御所に立て籠もりましたが、明智光秀の軍勢に攻められて戦死しました。享年22。

織田勝長は、二条御所で討ち死にした悲劇の武将です。織田信長の弟・織田信行の子として生まれ、若い頃から武勇に優れていました。本能寺の変の後、織田信忠とともに二条御所に立て籠もりましたが、明智光秀の軍勢に攻められて戦死しました。享年22。

織田勝長は、織田信長の死後、織田信忠に従って明智光秀と戦いました。二条御所での戦いで、織田勝長は奮戦しましたが、明智光秀の軍勢に圧倒されて戦死しました。織田勝長は、若いながらも武勇に優れており、織田信忠の信頼も厚かった武将でした。二条御所での戦いで戦死したことは、織田信忠にとって大きな痛手となりました。

織田勝長は、悲劇の武将として後世に語り継がれています。二条御所での戦いで戦死した織田勝長は、織田信長の死後、織田信忠に従って明智光秀と戦いました。二条御所での戦いで、織田勝長は奮戦しましたが、明智光秀の軍勢に圧倒されて戦死しました。織田勝長は、若いながらも武勇に優れており、織田信忠の信頼も厚かった武将でした。

タイトルとURLをコピーしました