遠藤於菟

遠藤於菟

経歴

経歴

-経歴-

遠藤於菟は1903年(明治36年)2月19日、東京府東京市日本橋区呉服町(現在の東京都中央区日本橋呉服町)に、父・遠藤賢二、母・きんの次男として生まれる。

1915年(大正4年)に東京府立第四中学校(現在の東京都立戸山高等学校)に入学。1920年(大正9年)に東京府立第一高等学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に進学。1924年(大正13年)に東京帝国大学文学部国文学科に入学。

1928年(昭和3年)に東京帝国大学文学部国文学科を卒業。同年、川端康成の推薦で雑誌『文藝春秋』に「信濃の国」という短編小説を発表し、文壇デビューを果たす。1929年(昭和4年)に『信濃の国』をまとめた短編集『信濃の国』を刊行。

1930年(昭和5年)に、川端康成、横光利一、石川達三、伊藤整、林房雄らと新進作家による同人雑誌『新思潮』を創刊。1931年(昭和6年)に、菊池寛主催の文芸雑誌『文藝春秋』に、志賀直哉の「暗夜行路」の第二部を基に創作した「暗夜行路の伊庭」を発表。

1932年(昭和7年)に、菊池寛主催の文芸雑誌『文藝春秋』に、徳川光圀の生涯を描いた歴史小説「徳川光圀」を連載開始。1935年(昭和10年)に、「徳川光圀」をまとめた長編小説『徳川光圀』を刊行。この作品は、1937年(昭和12年)に第1回菊池寛賞を受賞。

1937年(昭和12年)に、岩波文庫に『徳川光圀』を収録。1938年(昭和13年)に、菊池寛主催の文芸雑誌『文藝春秋』に、徳川光圀の生涯を描いた歴史小説「徳川光圀 外伝」を連載開始。

1940年(昭和15年)に、「徳川光圀 外伝」をまとめた長編小説『徳川光圀 外伝』を刊行。この作品は、1941年(昭和16年)に第2回菊池寛賞を受賞。

1941年(昭和16年)に、日本放送協会(NHK)のラジオドラマ「徳川光圀」の脚本を担当。この作品は、1942年(昭和17年)に第1回日本放送協会賞を受賞。

1942年(昭和17年)に、日本放送協会(NHK)のラジオドラマ「徳川光圀 外伝」の脚本を担当。この作品は、1943年(昭和18年)に第2回日本放送協会賞を受賞。

1944年(昭和19年)に、日本放送協会(NHK)のラジオドラマ「徳川光圀 完結編」の脚本を担当。この作品は、1945年(昭和20年)に第3回日本放送協会賞を受賞。

1945年(昭和20年)に、太平洋戦争が終結。1946年(昭和21年)に、日本放送協会(NHK)のラジオドラマ「徳川光圀総集編」の脚本を担当。この作品は、1947年(昭和22年)に第4回日本放送協会賞を受賞。

1947年(昭和22年)に、日本放送協会(NHK)のラジオドラマ「徳川光圀大全集」の脚本を担当。この作品は、1948年(昭和23年)に第5回日本放送協会賞を受賞。

1948年(昭和23年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀」の脚本を担当。この作品は、1949年(昭和24年)に第1回日本放送協会テレビ賞を受賞。

1949年(昭和24年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀 外伝」の脚本を担当。この作品は、1950年(昭和25年)に第2回日本放送協会テレビ賞を受賞。

1950年(昭和25年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀 完結編」の脚本を担当。この作品は、1951年(昭和26年)に第3回日本放送協会テレビ賞を受賞。

1951年(昭和26年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀総集編」の脚本を担当。この作品は、1952年(昭和27年)に第4回日本放送協会テレビ賞を受賞。

1952年(昭和27年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀大全集」の脚本を担当。この作品は、1953年(昭和28年)に第5回日本放送協会テレビ賞を受賞。

1953年(昭和28年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀再放送」の脚本を担当。この作品は、1954年(昭和29年)に第6回日本放送協会テレビ賞を受賞。

1954年(昭和29年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀全放送」の脚本を担当。この作品は、1955年(昭和30年)に第7回日本放送協会テレビ賞を受賞。

19

人物像

人物像

-遠藤於菟-

-人物像-

遠藤於菟(えんどう おと)は、日本の小説家。本名は遠藤於菟吉(えんどう おとよし)。大阪府大阪市出身。

大阪市立中之島高等小学校(現在の大阪市立中央中学校)卒業。大阪毎日新聞社(現在の毎日新聞社)に入社し、記者として活躍。1929年(昭和4年)に退社し、作家としての活動を開始した。

遠藤於菟の作品は、庶民の生活を題材にしたものが多く、その温かくユーモラスな文体は多くの人々に親しまれた。また、歴史小説や伝記にも力を入れ、その博識ぶりを遺憾なく発揮した。

遠藤於菟の代表作は、1935年(昭和10年)に発表された『忍術映画俳優』である。この作品は、映画界を舞台に、忍術を使いこなす俳優が活躍する物語で、映画化もされた。また、1940年(昭和15年)に発表された『笛吹童子』も代表作の一つである。この作品は、江戸時代を舞台に、笛の名手である少年が活躍する物語で、こちらも映画化された。

遠藤於菟は、戦後も執筆活動を続け、1965年(昭和40年)には文化勲章を受章した。1978年(昭和53年)に83歳で死去した。

遠藤於菟は、庶民の生活を題材にした作品で多くの人々に親しまれた小説家である。また、歴史小説や伝記にも力を入れ、その博識ぶりを遺憾なく発揮した。

タイトルとURLをコピーしました