「越智清武」(⇒松平清武(まつだいら-きよたけ))について

「越智清武」(⇒松平清武(まつだいら-きよたけ))について

越智清武とは

越智清武とは

越智清武とは

越智清武(おち-きよたけ)は、鎌倉時代後期の武将、戦国時代の武将。越智氏の当主。通称は六郎。官位は従五位下、左衛門尉、越前守。子に越智勝重。

越智清武は、鎌倉時代後期に活躍した武将です。越智氏の当主として、越前国を治めていました。清武は、戦上手で、数々の戦いで勝利を収めました。また、清武は、文化人としても知られており、和歌や連歌を好みました。

鎌倉幕府が滅亡すると、清武は、室町幕府に仕えました。清武は、室町幕府の重臣として、幕府の運営に参画しました。清武は、室町幕府の将軍である足利義満から、従五位下、左衛門尉、越前守の官位を賜りました。

清武は、永享12年(1440年)に亡くなりました。清武の死後は、子の越智勝重が家督を継ぎました。勝重は、清武の跡を継いで、越前国を治めました。

清武は、戦上手で、文化人としても知られていました。清武は、越智氏の当主として、越前国を治め、室町幕府の重臣として、幕府の運営に参画しました。清武は、永享12年(1440年)に亡くなりました。

松平清武へ改名

松平清武へ改名

-松平清武へ改名-

越智清武は、1564年に越智通治の末子として誕生した。通称は石松であり、初めは重治と名乗っていたが、家次として謹慎中に松平清武と改名した。

清武が改名したのは、1582年10月19日のことである。この頃、清武は主君である織田信長に背いており、明智光秀と通じていた。しかし、本能寺の変で信長が討たれると、清武は光秀を裏切って羽柴秀吉に付いた。秀吉は清武の行為を褒め称え、「松平」の姓を与えた。

清武は晩年、越智氏の菩提寺である西林寺で剃髪し、道哲と号した。1633年に死去し、西林寺境内に葬られた。

松平清武は、戦国時代の動乱期に生きた武将である。越智氏の嫡男として生まれ、織田信長、明智光秀、羽柴秀吉らに仕えた。松平の姓を与えられたのは、清武の功績を認めた秀吉の厚意であった。

越智清武のエピソード

越智清武のエピソード

-越智清武のエピソード-

越智清武は、戦国時代に活躍した武将です。本名は松平清武で、徳川家康の次男として生まれました。

清武は、幼い頃から武芸に優れており、15歳で初陣を飾りました。その後、各地を転戦し、多くの戦功をあげました。特に、1573年の三方ヶ原の戦いでは、武田信玄の軍勢を相手に奮戦し、その名を天下に轟かせました。

清武は、武勇に優れているだけでなく、知略にも長けていました。1582年の本能寺の変の際には、織田信長の嫡男である織田信忠を救出するために奔走しました。また、1584年の小牧・長久手の戦いでは、豊臣秀吉の軍勢を相手に善戦し、家康の勝利に貢献しました。

清武は、1590年の小田原征伐にも参加し、その後、関東地方の領主となりました。1598年には、徳川家康が征夷大将軍に就任したことを機に、清武は越智姓を名乗り、越智清武となりました。

清武は、1610年に死去するまで、徳川家康を支え続けました。清武は、徳川家康の右腕として活躍し、徳川幕府の礎を築いた功臣の一人です。

清武には、数多くのエピソードが残されています。その中には、清武の武勇を物語るエピソードや、清武の知略を物語るエピソードなどがあります。

あるエピソードによると、清武は、ある日、家康と鷹狩りに出かけました。その際、清武は、一羽の鷹を仕留めました。清武は、その鷹を家康に献上しましたが、家康は、清武にその鷹を褒美として与えました。清武は、その鷹を「清武の鷹」と名付け、大切にしました。

また、あるエピソードによると、清武は、ある日、家康から、ある任務を命じられました。その任務は、非常に危険なものでしたが、清武は、その任務を快諾しました。清武は、その任務を遂行するために、敵陣に潜入しました。清武は、敵陣に潜入して、敵の情報を収集しました。その後、清武は、敵陣から脱出し、家康にその情報を報告しました。家康は、清武の報告を聞いて、大いに喜びました。

清武は、武勇に優れているだけでなく、知略にも長けており、家康から厚い信頼を得ていました。清武は、徳川家康を支え続け、徳川幕府の礎を築いた功臣の一人です。

タイトルとURLをコピーしました