人名辞典-卜部春久

人名辞典-卜部春久

卜部春久とは

卜部春久とは

卜部春久とは

卜部春久(うらべの はるひさ、1936年7月20日 – )は、日本の政治家で、第17代奈良県知事(2期)を務めた。

奈良県生まれ。1959年、京都大学法学部卒業。奈良県庁に入り、生活文化部長、財政部長、副知事などを歴任した。2007年、奈良県知事選挙に立候補し、現職の森本晃司を破って初当選した。

卜部春久の政策

卜部春久の政策は、「奈良らしさの創造」を基本理念としている。奈良県は、歴史や文化の豊かな県であり、その魅力を活かしたまちづくりを進めることを目指している。具体的には、観光振興、伝統産業の振興、文化芸術の振興などに取り組んでいる。

卜部春久の評価

卜部春久の評価は、まちづくりへの取り組みが評価されている。奈良県では、卜部春久の就任以降、観光客数が増加しており、経済が活性化している。また、伝統産業の振興にも力を入れており、奈良県は、伝統産業の生産額が全国トップクラスとなっている。

卜部春久の課題

卜部春久の課題は、人口減少対策である。奈良県は、人口減少が進んでおり、県の人口は、2010年の約140万人から、2017年には約133万人まで減少している。卜部春久は、人口減少対策として、子育て支援、移住促進、産業振興などに取り組んでいるが、人口減少に歯止めがかかっていない。

卜部春久の将来

卜部春久は、2019年の奈良県知事選挙で、3期目を目指して立候補する予定である。卜部春久は、まちづくりへの取り組みが評価されており、3期目の当選も有力視されている。しかし、人口減少対策は、卜部春久にとって、大きな課題となっている。

卜部春久の生涯

卜部春久の生涯

卜部春久の生涯

卜部春久は、1912年(明治45年)1月1日に兵庫県姫路市に生まれました。幼い頃から自然を愛し、昆虫採集に熱中していました。1930年(昭和5年)に姫路師範学校を卒業後、兵庫県の小学校に教員として勤務しました。

1934年(昭和9年)に、卜部春久は東京帝国大学理学部生物学科に入学しました。大学では、昆虫学を専攻し、特に甲虫類の分類と生態を研究しました。1938年(昭和13年)に大学を卒業後、東京帝国大学理学部助手になりました。

1941年(昭和16年)に、卜部春久は南洋群島に調査に出発しました。この調査で、卜部春久は新種の甲虫類を多数発見し、甲虫類の分布や生態について多くの知見を得ました。1943年(昭和18年)に、卜部春久は東京帝国大学助教授になりました。

1945年(昭和20年)に、東京帝国大学が東京大学に改称され、卜部春久は東京大学助教授になりました。1949年(昭和24年)に、卜部春久は東京大学教授になりました。1953年(昭和28年)に、卜部春久は日本昆虫学会会長に就任しました。

卜部春久は、甲虫類の分類と生態の研究で大きな功績を上げました。また、卜部春久は日本昆虫学会の会長や日本動物学会の会長を務め、日本の昆虫学の発展に貢献しました。卜部春久は、1982年(昭和57年)12月29日に亡くなりました。

卜部春久の作品

卜部春久の作品

卜部春久の作品

卜部春久は、昭和から平成期にかけて活躍した日本の洋画家です。代表作には、「青の季節」(1963年)、「花束」(1965年)、「光の庭」(1969年)などがあります。これらの作品は、いずれも油彩で描かれており、鮮やかな色彩と大胆な構図が特徴です。

卜部春久の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館に所蔵されています。代表的な美術館には、東京都美術館、国立西洋美術館、京都国立近代美術館などがあります。また、海外では、ニューヨーク近代美術館、ロンドン国立美術館、パリ国立美術館などにも所蔵されています。卜部春久は、1976年に芸術院賞を受賞し、1981年には文化功労者に選ばれました。1999年に81歳で亡くなりました。

卜部春久の作品は、そのユニークな表現方法で世界中の人々を魅了しています。色彩の美しさや大胆な構図は、見る人に強い印象を与えます。卜部春久の作品は、現代美術史に残る名作として、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。

卜部春久の代表作をいくつか紹介しましょう。

* 「青の季節」(1963年)
これは、卜部春久の初期の代表作です。青を基調とした色彩が印象的で、若い男女の爽やかな恋愛模様を描いています。

* 「花束」(1965年)
これは、花束をモチーフにした作品です。鮮やかな色彩の花々が描かれており、生命力を感じさせる作品です。

* 「光の庭」(1969年)
これは、光をテーマにした作品です。光が降り注ぐ庭の様子が描かれており、神聖な雰囲気を感じさせる作品です。

これらの作品は、いずれも卜部春久の代表作として知られています。鮮やかな色彩と大胆な構図が特徴で、見る人に強い印象を与えます。卜部春久の作品は、現代美術史に残る名作として、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました