– 乙若子命:景行天皇、成務天皇、仲哀天皇の3代にわたって外宮の大神主を務めた人物

– 乙若子命:景行天皇、成務天皇、仲哀天皇の3代にわたって外宮の大神主を務めた人物

乙若子命の生涯

乙若子命の生涯

-乙若子命の生涯-

乙若子命は、景行天皇、成務天皇、仲哀天皇の3代にわたって外宮の大神主を務めた人物です。外宮の初代大中臣であった天足彦国押人命の子孫であり、天忍石命の6世孫にあたります。

乙若子命の生涯については、古事記や日本書紀に詳しい記述はありません。しかし、外宮の文書である「外宮儀式帳」や「外宮由緒書」には、乙若子命に関するいくつかの伝承が記されています。

それらの伝承によると、乙若子命は、景行天皇の時代、外宮の大神主として奉仕していました。景行天皇は、乙若子命に命じて、外宮の祭祀を司らせました。乙若子命は、天皇の命に従い、外宮の大神主として、神宮の祭祀を厳粛に執り行いました。

成務天皇の時代にも、乙若子命は、外宮の大神主として奉仕しました。成務天皇は、乙若子命に命じて、外宮の社殿を修築させました。乙若子命は、天皇の命に従い、外宮の社殿を立派に修築しました。

仲哀天皇の時代にも、乙若子命は、外宮の大神主として奉仕しました。仲哀天皇は、乙若子命に命じて、外宮の社殿を再建させました。乙若子命は、天皇の命に従い、外宮の社殿を立派に再建しました。

乙若子命は、景行天皇、成務天皇、仲哀天皇の3代にわたって、外宮の大神主を務めた功績により、後世の人々から敬愛されました。乙若子命は、外宮の守護神として、現在もなお、多くの人々の信仰を集めています。

乙若子命と伊勢神宮

乙若子命と伊勢神宮

-乙若子命と伊勢神宮-

乙若子命は、景行天皇、成務天皇、仲哀天皇の3代にわたって外宮の大神主を務めた人物です。伊勢神宮の創建に深く関わったとされ、その功績を称えて、外宮の摂社である乙子神社に祀られています。

乙若子命は、天照大御神の御神託を受けて、伊勢の地に天照大御神の御神霊を祀るための社殿を造営したと伝えられています。この社殿が、現在の伊勢神宮の外宮の始まりとされています。

乙若子命は、伊勢神宮の祭祀を司るだけでなく、朝廷の重要な儀式にも参列しました。景行天皇の御代には、熊襲征伐に随行し、成務天皇の御代には、新羅征伐に随行したとされています。

また、乙若子命は、伊勢神宮の周辺地域を開発し、民衆の生活を豊かにする政策を推進しました。そのため、乙若子命は、伊勢の民衆から深く敬愛されました。

乙若子命は、伊勢神宮の創建に深く関わった偉大な人物であり、その功績は、現在も伊勢神宮に祀られています。

乙若子命の功績

乙若子命の功績

– 乙若子命の功績

乙若子命は、景行天皇、成務天皇、仲哀天皇の3代にわたって外宮の大神主を務めた人物です。外宮の大神主とは、伊勢神宮の外宮の最高責任者であり、天照大神の荒御魂を祀る役割を担っていました。乙若子命は、天照大神の荒御魂を祀る神殿を造営し、外宮の祭祀を整備したことで知られています。また、乙若子命は外宮の周辺を開発し、人々が住みやすい環境を整えるなど、地域の振興にも貢献しました。

乙若子命は、その功績から、後世の人々から崇敬され、外宮の「神明帳」に掲載されています。神明帳とは、平安時代に編纂された神社のリストであり、乙若子命が祀られている外宮は、神明帳に掲載されている神社のうち、最も上位の神社の一つです。乙若子命は、外宮の大神主として、伊勢神宮の祭祀を整備し、地域の振興に貢献した人物として、後世の人々に語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました