– 玄路統玄(? – ? 南北朝時代の僧)

– 玄路統玄(? – ? 南北朝時代の僧)

玄路統玄の生涯

玄路統玄の生涯

玄路統玄の生涯

玄路統玄(? – ?)は、南北朝時代の僧侶である。号は醒華、自号は雪窓、法諱は統玄。

生没年不詳であるが、延元元年(1336年)に龍門寺の開山である龍門祖雲に参禅してその法嗣となり、阿闍梨に列せられている。

その後、後醍醐天皇の知遇を得て京都に招かれ、天皇の夢を解き明かすなどして、密かに皇室に仕え、御供僧の地位を授けられている。

また、室町幕府の足利義満からも信任を得て、しばしば義満の問いに応じて禅学の道を説いている。

また、元中2年(1385年)には、足利義満の命により、豊饒の祖神である保食神を祀る保食神祠を建立している。

玄路統玄の禅学は、独自の悟りを開いたことであり、その思想は「雪窓禅」と呼ばれている。

「雪窓禅」は、悟りとは、日常の生活において、ありのままの自分を認め、その中で真実の自己を発見することであると説いている。

玄路統玄は、この「雪窓禅」を広く説き、多くの人々に影響を与えた。

玄路統玄の功績

玄路統玄の功績

玄路統玄の功績

玄路統玄は、南北朝時代の僧です。生没年は不詳ですが、14世紀後半から15世紀前半にかけて活動したと推定されています。玄路統玄は、山城国(現在の京都府)の出身で、比叡山延暦寺で出家しました。その後、各地を巡錫し、密教を学びました。

玄路統玄の功績は、主に以下の3つです。

1. 密教の復興
玄路統玄は、密教の復興に努めました。密教は、平安時代中期以降衰退していたのですが、玄路統玄は密教を復興するために、各地に密教の道場を建立しました。また、密教の経典を集めて編纂し、『玄路統玄集』として出版しました。

2. 浄土教の普及
玄路統玄は、浄土教の普及にも努めました。浄土教は、阿弥陀如来を本尊として、阿弥陀如来の救いを信じて念仏を唱えることで、死後に浄土に往生することを目指す教えです。玄路統玄は、浄土教の経典を集めて編纂し、『浄土教大系』として出版しました。

3. 和歌の創作
玄路統玄は、和歌の創作にも優れた才能を発揮しました。玄路統玄は、多くの和歌を詠み、その和歌は『玄路統玄集』に収録されています。玄路統玄の和歌は、優美で抒情的な作風で知られています。

玄路統玄は、密教の復興、浄土教の普及、和歌の創作など、幅広い分野で活躍した僧でした。玄路統玄の功績は、日本の仏教文化の発展に大きく貢献しました。

玄路統玄にまつわる逸話

玄路統玄にまつわる逸話

-玄路統玄にまつわる逸話-

玄路統玄は、南北朝時代の僧侶で、臨済宗の開祖である。彼は、中国の天童山で、虚堂智愚禅師に師事し、悟りを開いた。その後、日本に帰国し、京都に建仁寺を開いた。

玄路統玄は、禅の教えを日本に広めた功績で知られているが、その一方で、数多くの逸話も残している。その一つが、以下の話である。

玄路統玄があるとき、弟子たちと共に、山道を歩いていると、一人の旅人が倒れているのを見つけた。弟子たちは、旅人を助け起こそうとしたが、旅人は意識を失っていて、動かない。

玄路統玄は、旅人の様子を見て、「この人は命が尽きようとしている」と悟った。そして、弟子たちに、「この人は、今生の罪を償うために、この山道に倒れているのだ。私たちが手を貸してはならない」と言った。

弟子たちは、玄路統玄の言葉を聞いて、驚き、旅人を助けるのをやめた。旅人は、そのまま息を引き取り、亡くなってしまった。

旅人が亡くなった後、玄路統玄は、弟子たちに、「この旅人は、前世に多くの人を殺した罪で、地獄に堕ちる運命にあった。しかし、この山道で亡くなったことで、地獄に堕ちる運命を免れたのだ。私たちは、手を貸さなかったことで、この旅人を救ったのだ」と言った。

弟子たちは、玄路統玄の言葉を聞いて、初めて彼の真意を理解した。そして、玄路統玄の教えに深く帰依したという。

この話は、玄路統玄の厳しい一面と、深い慈悲の心を同時に示している。玄路統玄は、弟子たちには厳しい態度で接することが多かったが、その一方で、常に人々を救済しようとしていた。この逸話は、玄路統玄の教えを理解するためにも、重要な話である。

タイトルとURLをコピーしました