遠藤常春- 延宝の郡上騒動を収めた美濃八幡藩主

遠藤常春- 延宝の郡上騒動を収めた美濃八幡藩主

遠藤常春の生涯

遠藤常春の生涯

– 遠藤常春の生涯

遠藤常春は、延宝の郡上騒動を収めた美濃八幡藩主です。1639年、遠藤慶隆の四男として生まれ、1669年に家督を継ぎました。

常春は、寛文5年(1665年)に父が没した際に家督を継ぎました。当時は、郡上藩が幕府から直轄領とされ、代官が派遣されていた時期でした。常春は、幕府と交渉して藩領を回復し、藩政を改革しました。また、領内の開発にも尽力し、郡上八幡城の改修や、郡上八幡城下の整備などを行いました。

延宝元年(1673年)に発生した郡上騒動では、一揆勢の抑圧に当たりました。一揆勢は、年貢の増徴や労役の増加に反発して蜂起したもので、美濃国内に波及する大規模なものとなりました。常春は、一揆勢を武力で鎮圧し、騒動を収束させました。

延宝4年(1676年)、常春は死去しました。享年38歳でした。家督は、嫡男の常友が継ぎました。

常春は、美濃八幡藩の発展に尽力した名君として知られています。郡上八幡城は、現在も当時のままの姿で残されており、国の史跡に指定されています。

延宝の郡上騒動

延宝の郡上騒動

延宝の郡上騒動

遠藤常春が美濃八幡藩主を務めていた延宝3年(1675年)に、郡上藩で起こった百姓一揆である。

騒動の発端は、郡上藩が年貢の増徴や新税の賦課など、重税政策を敷いたことにある。これに対して、郡上藩の百姓たちは激しく抵抗し、一揆を起こした。

一揆勢は郡上藩庁を襲撃し、郡上藩主の遠藤常慶を自害に追い込んだ。その後、一揆勢は美濃八幡藩に侵攻し、遠藤常春に重税政策の撤回を要求した。

遠藤常春は一揆勢の要求を受け入れ、重税政策を撤回した。これにより、一揆は鎮圧された。

延宝の郡上騒動は、美濃八幡藩と郡上藩の百姓たちの対立が激化した結果起こった一揆である。この一揆は、遠藤常春が重税政策を撤回したことで鎮圧されたが、美濃八幡藩と郡上藩の対立はその後も続いた。

延宝の郡上騒動は、百姓たちの重税政策に対する抵抗を示す一例である。この一揆は、後の百姓一揆のモデルケースとなり、江戸時代における百姓一揆の研究において重要な史料とされている。

遠藤常春の死

遠藤常春の死

-遠藤常春の死-

延宝の郡上騒動を収めた後、遠藤常春は美濃八幡藩主として藩政改革に尽力した。しかし、その改革は藩士の反発を招き、寛文2年(1662年)に藩士に暗殺された。

遠藤常春の死は、美濃八幡藩に大きな衝撃を与えた。藩主暗殺という前代未聞の事件であり、藩士たちは騒然となった。

遠藤常春の死後、美濃八幡藩はしばらく混乱状態が続いた。しかし、常春の養子である遠藤常友が藩主となると、藩政は安定を取り戻した。

遠藤常友は、常春の改革政策を踏襲し、藩政改革を推し進めた。また、学問を奨励し、藩校を設立するなど、藩の文化振興にも力を注いだ。

遠藤常友の治世下、美濃八幡藩は大きく発展した。藩の財政は好転し、藩士の暮らしも向上した。また、藩の文化も栄え、多くの文化人が輩出された。

遠藤常春は、美濃八幡藩を救った名君として、今もなお人々に敬愛されている。

タイトルとURLをコピーしました