遠藤芳樹 – 明治時代の商業史研究家

遠藤芳樹 – 明治時代の商業史研究家

幕臣から農商務省属へ

幕臣から農商務省属へ

-幕臣から農商務省属へ-

遠藤芳樹は、1848年に江戸で生まれました。父は旗本の遠藤忠左衛門、母は旗本の娘でした。芳樹は幼い頃から学問を好み、15歳のときに昌平坂学問所に入学しました。昌平坂学問所は、江戸幕府の直轄学校であり、多くの優秀な人材を輩出していました。芳樹も昌平坂学問所で多くのことを学び、1867年に卒業しました。

卒業後は幕府の役人となり、大蔵省に勤務しました。しかし、1868年に明治維新が起こり、幕府が倒されると、芳樹も職を失いました。その後、郷里の江戸に戻り、しばらくの間、無職の状態が続きました。しかし、1871年に農商務省が設立されると、芳樹はその属官に任命されました。農商務省は、日本の近代化を推進するために設立された省であり、芳樹はここで日本の産業の発展に貢献しました。

芳樹は農商務省で、主に商業に関する仕事に従事しました。彼は、日本各地の商業の様子を調査したり、商業に関する政策を立案したりしました。また、商業に関する書物を執筆したり、講演を行ったりもしました。芳樹は、日本の商業の発展に大きな貢献をした人物であり、明治時代の商業史研究家としても知られています。

1893年に農商務省を退官した後も、芳樹は商業に関する研究を続けました。1898年には、日本初の商業史である『商業史』を出版しました。この本は、日本の商業の歴史を体系的にまとめたものであり、現在でも高く評価されています。芳樹は、1920年に73歳で亡くなりました。

前田正名の「興業意見」の編集に参加

前田正名の「興業意見」の編集に参加

-前田正名の「興業意見」の編集に参加-

遠藤芳樹は、前田正名の「興業意見」の編集に参加し、その出版に尽力した。
「興業意見」は、前田正名が幕末から明治維新にかけて著した経済論であり、商業や産業の発展を促進するための政策を論じたもの。
遠藤芳樹は、前田正名の思想に共鳴し、その出版を支援した。
「興業意見」は、明治政府の経済政策に大きな影響を与え、日本の近代化に貢献した。

遠藤芳樹は、前田正名と親交が深く、その思想に共鳴していた。
遠藤芳樹は、前田正名が高齢になってからも、その思想を後世に伝えようと、その著作の出版に尽力した。
「興業意見」は、前田正名の思想を代表する著作であり、日本の経済思想史において重要な位置を占めている。
遠藤芳樹は、「興業意見」の出版に尽力することで、日本の経済思想史の発展に貢献した。

「興業意見」は、明治政府の経済政策に大きな影響を与えた。
明治政府は、「興業意見」に示された政策を採用し、商業や産業の発展を促進した。
その結果、日本の経済は近代化が進み、産業革命が達成された。
「興業意見」は、日本の近代化に貢献した重要な著作である。

遠藤芳樹は、「興業意見」の出版に尽力することで、日本の経済思想史の発展に貢献し、日本の近代化に貢献した。
遠藤芳樹の功績は、今日でも高く評価されている。

東京帝大法制史研究室で研究

東京帝大法制史研究室で研究

-東京帝大法制史研究室で研究-

遠藤芳樹は、1891年に東京帝国大学法科大学に入り、法制史を学びました。1894年に卒業した後、大学院に進学し、法制史の研究を続けました。1897年に大学院を卒業し、法学博士の学位を取得しました。

その後、遠藤は東京帝国大学法科大学で教鞭を執り、法制史の研究を続けました。1903年に、遠藤は「日本法制史」を出版しました。この本は、日本の法制の歴史を網羅的にまとめたもので、日本の法制史研究の基礎を築きました。

遠藤は、法制史の研究だけでなく、法学教育にも力を入れました。1905年に、遠藤は「法学通論」を出版しました。この本は、法学の基礎知識を解説したもので、日本の法学教育に大きな影響を与えました。

遠藤は、1913年に東京帝国大学法科大学を退官しました。その後も、遠藤は法制史の研究を続け、多くの著作を発表しました。1928年に、遠藤は「日本法制史概説」を出版しました。この本は、日本の法制の歴史をコンパクトにまとめたもので、今日でも多くの法学者が参考にしており、日本の法制史研究の必読書となっています。

遠藤芳樹は、日本の法制史研究の草分け的存在であり、日本の法制史研究に多大な貢献をしました。法学者としてだけでなく、法学教育者としても活躍し、日本の法学教育の発展にも貢献しました。遠藤は、1938年に亡くなりましたが、その業績は今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました