「遠藤隆吉」(1874-1946)

「遠藤隆吉」(1874-1946)

明治-昭和時代前期の社会学者

明治-昭和時代前期の社会学者

明治-昭和時代前期の社会学者 遠藤隆吉

遠藤隆吉は、明治7年(1874年)山形県に生まれた社会学者です。東京帝国大学で社会学を学び、卒業後は母校の助教授を務めました。その後、早稲田大学に移り、教授として社会学を講じました。遠藤は、社会学を「社会生活の諸現象を科学的に研究する学問」と定義し、社会の構造や機能、社会変動などについて研究しました。また、社会問題にも関心を持ち、貧困や犯罪、社会主義運動などについて論じました。遠藤は、社会学の研究と教育に尽力し、日本の社会学の発展に貢献しました。昭和21年(1946年)に逝去しました。

遠藤の社会学に対する大きな貢献の一つは、社会学を日本に紹介し、定着させたことです。遠藤は、東京帝国大学在学中にアメリカの社会学者E・A・ロスに師事し、社会学の理論や方法を学びました。卒業後は、母校の助教授を務め、社会学の講義を担当しました。また、早稲田大学に移籍後は、社会学の教授として社会学を講じ、多くの学生を育てました。遠藤の講義は、理論と実証を組み合わせたもので、学生に好評を博しました。

遠藤の社会学に対するもう一つの貢献は、社会問題の研究です。遠藤は、社会問題を「社会生活の正常な発達を妨げる諸現象」と定義し、貧困、犯罪、社会主義運動などについて研究しました。遠藤は、社会問題を単なる社会の病理現象と見るのではなく、社会の構造や機能の問題として捉え、その解決策を探りました。遠藤の社会問題に関する研究は、日本の社会問題の研究の発展に貢献しました。

遠藤の社会学に対する貢献は、日本の社会学の発展に大きな影響を与えました。遠藤は、社会学を日本に紹介し、定着させ、社会問題の研究にも尽力しました。遠藤の業績は、今日の日本の社会学の基礎を築いたものとして高く評価されています。

東洋大,早大の教授をつとめる。昭和3年巣鴨高商(現千葉商大)を創立。日本社会学研究所を主宰した。

東洋大,早大の教授をつとめる。昭和3年巣鴨高商(現千葉商大)を創立。日本社会学研究所を主宰した。

-「遠藤隆吉」(1874-1946)-

-東洋大,早大の教授をつとめる。昭和3年巣鴨高商(現千葉商大)を創立。日本社会学研究所を主宰した。-

遠藤隆吉は、1874年に東京で生まれました。1896年に東京帝国大学法科大学政治学科を卒業後、同大学院に進学しました。1902年に同大学院を修了した後、東洋大学と早稲田大学の教授を歴任しました。

1908年に、遠藤は巣鴨高商(現在の千葉商科大学)を創立しました。巣鴨高商は、日本における最初の私立商科大学であり、遠藤は初代学長に就任しました。遠藤は、巣鴨高商で社会学を教えるとともに、日本社会学研究所を主宰しました。

日本社会学研究所は、1913年に設立された日本の最初の社会学研究機関です。遠藤は、日本社会学研究所の初代所長に就任し、1946年に亡くなるまで所長を務めました。日本社会学研究所は、日本の社会学の発展に大きな貢献をし、多くの著名な社会学者を輩出しました。

遠藤は、日本における社会学のパイオニアであり、日本の社会学の発展に大きな貢献をしました。遠藤の研究は、日本の社会構造、家族制度、教育制度など、幅広い分野に及びました。遠藤は、日本の社会学の発展に貢献しただけでなく、社会問題の解決にも尽力しました。遠藤は、社会福祉事業や労働問題など、さまざまな社会問題に取り組みました。

遠藤は、1946年に東京で亡くなりました。遠藤は、日本の社会学の発展に大きな貢献をした偉大な社会学者です。

昭和21年2月5日死去。73歳。群馬県出身。東京帝大卒。著作に「現今之社会学」「社会学原論」など。

昭和21年2月5日死去。73歳。群馬県出身。東京帝大卒。著作に「現今之社会学」「社会学原論」など。

昭和21年2月5日、社会学者・教育学者の遠藤隆吉が73歳で死去しました。群馬県出身。東京帝国大学卒業。

遠藤隆吉は、明治7年(1874年)に群馬県に生まれました。東京帝国大学卒業後、東京高等師範学校や東京教育大学などで教鞭を執りました。

遠藤隆吉の社会学は、社会の構造と機能を分析する「構造機能主義」を基本としています。遠藤隆吉は、社会を「人間関係の体系」と捉え、社会の構成要素である「個人」「集団」「制度」の相互作用を重視しました。

遠藤隆吉の教育学は、社会学的な視点に基づいています。遠藤隆吉は、教育を「社会化の過程」と捉え、教育の目的は「社会に適応した人間を育成すること」であると主張しました。

遠藤隆吉の著作には、「現今之社会学」「社会学原論」「教育社会学」などがあります。これらの著作は、日本の社会学と教育学の発展に大きな影響を与えました。

遠藤隆吉は、昭和21年(1946年)に73歳で死去しました。しかし、彼の思想は現在でも高く評価されており、日本の社会学と教育学の発展に貢献した偉大な学者として記憶されています。

タイトルとURLをコピーしました