赤松祐則(?-1445 室町時代の武将)

赤松祐則(?-1445 室町時代の武将)

赤松満政の子であり赤松氏の衰退後に幕府へ出仕を許される

赤松満政の子であり赤松氏の衰退後に幕府へ出仕を許される

赤松祐則(?-1445 室町時代の武将)

赤松満政の子であり赤松氏の衰退後に幕府へ出仕を許される

赤松祐則は、室町時代中期の武将です。加賀守、但馬守、右京兆、播磨守を歴任しました。赤松満政の子であり、赤松氏の衰退後に幕府へ出仕を許されました。

赤松祐則は、赤松氏の一門であり、赤松満政の子として生まれました。赤松氏は、鎌倉時代から室町時代にかけて播磨国守護を務めた名門ですが、赤松満政が室町幕府に反旗を翻した嘉吉の乱で滅亡しました。

嘉吉の乱の後、赤松祐則は幕府へ出仕を許され、加賀守、但馬守、右京兆、播磨守を歴任しました。赤松祐則は、幕府の重臣として活躍し、室町幕府の安定に貢献しました。

赤松祐則は、享徳4年(1455)に死去しました。享年は不明ですが、40歳前後と推定されています。赤松祐則の死後、赤松氏は衰退しましたが、赤松祐則の孫である赤松政則が赤松氏を再興しました。

赤松祐則は、室町幕府の重臣として活躍した武将であり、幕府の安定に貢献しました。赤松祐則の死後、赤松氏は衰退しましたが、赤松祐則の孫である赤松政則が赤松氏を再興しました。

播磨・摂津で山名氏と戦い敗れて討たれる

播磨・摂津で山名氏と戦い敗れて討たれる

播磨・摂津で山名氏と戦い敗れて討たれる

赤松祐則は、室町時代後期に播磨国守護を務めた武将です。赤松満祐の弟で、赤松義則の父にあたります。

赤松祐則は、播磨国守護として、山名氏としばしば戦いました。1439年、赤松祐則は、山名宗全に敗れて播磨を追われ、摂津国に逃れました。1441年、赤松祐則は、摂津国守護であった山名持豊に敗れて討たれました。

赤松祐則の死後、赤松氏の本拠地である播磨国は、山名氏に占領されました。赤松氏の再興は、赤松祐則の息子の赤松義則によってなされました。赤松義則は、1443年に山名宗全を破って播磨国守護に復帰しました。

赤松祐則は、山名氏との戦いで討たれた悲劇的な武将です。しかし、赤松祐則の死は、赤松氏の再興を促すことになりました。赤松祐則の功績は、赤松氏の歴史において、重要な意味を持っています。

赤松祐則の通称や別名について

赤松祐則の通称や別名について

-赤松祐則の通称や別名について-

赤松祐則は、室町時代の武将であり、赤松氏の本家・赤松則祐の嫡男として生まれました。通称はさぶろう、別名は春村(はるむら)です。

赤松祐則の通称は、幼名である「三郎」に由来しています。乳母が祐則を「さぶろう殿」と呼んでいたことに由来するそうです。
祐則は、この通称で広く知られるようになりました。

赤松祐則の別名である「春村」は、祐則の居城であった春村城に由来しています。祐則は、この城を拠点として活動していたため、この別名で呼ばれるようになりました。

赤松祐則は、赤松氏の本家として、室町幕府に仕えました。応永23年(1416年)には、幕府の奉公衆に任命され、その後も順調に出世を重ねました。永享5年(1433年)には、赤松満祐の乱を平定した功績により、赤松氏の本家として認められました。

赤松祐則は、永享11年(1439年)に亡くなりました。享年は50歳でした。祐則の死後、赤松氏は衰退し、赤松氏の本家は消滅しました。

タイトルとURLをコピーしました