– 高巌理柏

– 高巌理柏

高巌理柏の生涯

高巌理柏の生涯

-高巌理柏の生涯-

高巌理柏(こうがんりばく、1881年2月28日 – 1966年11月18日)は、日本の曹洞宗の僧侶、禅師。第23世常光寺住職、雲谷禅師法嗣。

-生い立ちと出家-
1881年、現在の石川県七尾市に生まれる。父は高巌希道、母は高巌コト。幼名は勝之助。1894年、曹洞宗大本山總持寺専門僧堂(現・曹洞宗大本山總持寺僧堂)に入学。1897年、得度受戒。1898年、専門僧堂を卒業し、帰郷。

-雲谷禅師のもとで参禅-
1900年、雲谷禅師のもとで参禅を開始。1903年、印可を得る。1904年、常光寺(石川県七尾市)の住職に就任。1911年、雲谷禅師の示寂に伴い、曹洞宗大本山總持寺専門僧堂の教師となる。

-曹洞宗の改革-
1914年、曹洞宗の改革に着手。僧堂の制度を改め、坐禅を中心とした修行を重視する。また、曹洞宗の僧侶の学識向上を図るため、曹洞宗専門僧堂の教課を充実させた。

-晩年と遷化-
1925年、曹洞宗管長に就任。1935年、曹洞宗管長を退任。1945年、曹洞宗大本山總持寺の貫首となる。1966年11月18日、示寂。享年85。

-高巌理柏の思想-
高巌理柏は、坐禅を中心とした修行を重視し、僧侶の学識向上にも努めた。また、曹洞宗の改革にも尽力し、曹洞宗の発展に大きく貢献した。高巌理柏の思想は、現在でも曹洞宗の僧侶たちに受け継がれている。

高巌理柏の師匠

高巌理柏の師匠

高巌理柏の師匠

高巌理柏は、江戸時代中期に活躍した曹洞宗の僧侶で、仏教の教えを広め、多くの人々に影響を与えたことで知られています。そんな高巌理柏の師匠には、どのような人物がいるのでしょうか。

高巌理柏の師匠として最も有名なのは、龍門師玄です。龍門師玄は、曹洞宗の僧侶で、高巌理柏が15歳のときに弟子入りしました。龍門師玄は、高巌理柏に仏教の教えを徹底的に指導し、高巌理柏の仏教に対する理解を深めることに大きな影響を与えました。

また、高巌理柏には、東皐心越という師匠もいました。東皐心越は、曹洞宗の僧侶で、高巌理柏が20歳のときに弟子入りしました。東皐心越は、高巌理柏に禅の教えを指導し、高巌理柏の禅に対する理解を深めることに大きな影響を与えました。

高巌理柏は、龍門師玄と東皐心越の教えを受けて、仏教と禅に対する深い理解を身につけることができました。そして、高巌理柏は、その教えを多くの人々に伝え、仏教を広めることに貢献しました。

高巌理柏の師匠である龍門師玄と東皐心越は、高巌理柏の仏教に対する理解を深めることに大きな影響を与えた人物です。高巌理柏は、二人の師匠から受けた教えを活かして、仏教を広め、多くの人々に影響を与えました。

高巌理柏の開山した寺

高巌理柏の開山した寺

高巌理柏の開山した寺

高巌理柏は、16世紀から17世紀にかけて活躍した禅僧・画僧です。黄檗山万福寺の開山である隠元隆琦の弟子であり、黄檗宗の普及に尽力しました。高巌理柏は、黄檗山のほかに、日本各地に多くの寺を建立しており、そのうちいくつかを紹介したいと思います。

・黄檗山万福寺(京都府宇治市)
黄檗山万福寺は、高巌理柏が開山した黄檗宗の大本山です。1661年に建立され、黄檗宗の総本山として現在も多くの僧侶が修行に励んでいます。黄檗山万福寺は、禅宗寺院としては珍しい、中国風の建築様式で建てられており、国の重要文化財に指定されています。

・古月山顕正寺(滋賀県高島市)
古月山顕正寺は、高巌理柏が1668年に開山した黄檗宗の寺院です。高巌理柏の弟子である鉄舟宗清が、1691年に再興しています。古月山顕正寺は、高野山真言宗の古月山正法寺の境内にあるため、通称「古月山子院」とも呼ばれています。古月山顕正寺は、国の重要文化財に指定されており、現在も多くの参拝者が訪れています。

・万寿寺(京都府亀岡市)
万寿寺は、高巌理柏が1693年に開山した黄檗宗の寺院です。万寿寺は、1868年の火災で焼失しましたが、その後再建され、現在も多くの僧侶が修行に励んでいます。万寿寺は、国の重要文化財に指定されており、現在も多くの参拝者が訪れています。

高巌理柏は、黄檗宗の普及に尽力しただけでなく、多くの寺を建立し、禅宗文化の発展に貢献しました。高巌理柏の開山した寺は、現在も多くの参拝者が訪れており、その教えは今もなお人々に親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました