「赤松大三郎」について

「赤松大三郎」について

赤松大三郎とは?

赤松大三郎とは?

-「赤松大三郎」について-

-赤松大三郎とは?-

赤松大三郎は、日本の政治家。元科学技術庁長官。元衆議院議員(12期)。勲一等瑞宝章受章。

1923年(大正12年)3月20日、熊本県八代市に生まれる。旧制八代中学校、第五高等学校を経て、1943年(昭和18年)9月、東京帝国大学法学部政治学科に入学。1945年(昭和20年)3月、東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年4月、海軍主計科短期予備学生第104期として入隊。同年8月、敗戦により復員。

1946年(昭和21年)4月、日本社会党に入党。同年10月、第22回衆議院議員総選挙に旧熊本2区から日本社会党公認で立候補し、初当選。

1955年(昭和30年)11月、第27回衆議院議員総選挙に旧熊本2区から日本社会党公認で立候補し、再選。

1958年(昭和33年)6月、浅沼稲次郎委員長の命により、日本社会党アメリカ対策特別委員長に就任。

1960年(昭和35年)11月、第29回衆議院議員総選挙に旧熊本2区から日本社会党公認で立候補し、3選。

1963年(昭和38年)11月、第30回衆議院議員総選挙に旧熊本2区から日本社会党公認で立候補し、4選。

1967年(昭和42年)1月、日本社会党書記長に就任。

1969年(昭和44年)12月、第32回衆議院議員総選挙に旧熊本2区から日本社会党公認で立候補し、5選。

1970年(昭和45年)1月、日本社会党副委員長に就任。

1972年(昭和47年)12月、第33回衆議院議員総選挙に旧熊本2区から日本社会党公認で立候補し、6選。

1976年(昭和51年)12月、第34回衆議院議員総選挙に熊本2区から日本社会党公認で立候補し、7選。

1979年(昭和54年)10月、第35回衆議院議員総選挙に熊本2区から日本社会党公認で立候補し、8選。

1980年(昭和55年)6月、鈴木善幸内閣の科学技術庁長官に就任。

1982年(昭和57年)12月、第36回衆議院議員総選挙に熊本2区から日本社会党公認で立候補し、9選。

1983年(昭和58年)11月、中曽根康弘内閣の科学技術庁長官に再任。

1986年(昭和61年)7月、第37回衆議院議員総選挙に熊本2区から日本社会党公認で立候補し、10選。

1990年(平成2年)2月、海部俊樹内閣の科学技術庁長官に再任。

1990年(平成2年)12月、第39回衆議院議員総選挙に熊本2区から日本社会党公認で立候補し、11選。

1993年(平成5年)7月、細川護熙内閣の科学技術庁長官に再任。

1993年(平成5年)10月、第40回衆議院議員総選挙に熊本2区から日本社会党公認で立候補し、12選。

1994年(平成6年)4月、村山富市内閣の科学技術庁長官に再任。

1995年(平成7年)7月、橋本龍太郎内閣の科学技術庁長官に再任。

1996年(平成8年)10月、第41回衆議院議員総選挙に熊本2区から日本社会党公認で立候補したが、落選。

2000年(平成12年)6月、第42回衆議院議員総選挙に熊本2区から社会民主党公認で立候補したが、落選。

2003年(平成15年)11月、第43回衆議院議員総選挙に熊本2区から社会民主党公認で立候補したが、落選。

2005年(平成17年)7月、勲一等瑞宝章を受章。

2011年(平成

赤松大三郎と赤松則良の関係は?

赤松大三郎と赤松則良の関係は?

赤松大三郎と赤松則良の関係は?

赤松大三郎と赤松則良は、どちらも播磨国(現在の兵庫県南西部)を拠点に活躍した戦国大名です。両者は同じ赤松氏の一族ですが、血縁関係はなく、主従関係でもありませんでした。しかし、両者は長年にわたって協力関係を築き、播磨国における勢力を拡大していきました。

赤松大三郎は、赤松則良の叔父にあたる赤松政則の四男として生まれました。赤松則良は、赤松則尚の嫡男として生まれました。赤松則尚は、赤松政則の兄にあたります。そのため、赤松大三郎と赤松則良は、いとこ同士ということになります。

赤松大三郎は、若い頃から播磨国内で頭角を現し、赤松則良の有力な家臣となりました。赤松則良も、赤松大三郎の才能を高く評価し、重用しました。両者は協力して播磨国の統一を目指し、数々の戦いに勝利しました。

しかし、赤松大三郎と赤松則良の関係は、いつしか悪化していきます。その原因は、赤松則良の側室である御牧ノ方が赤松大三郎と不倫関係にあったことでした。赤松則良は、このことを知って激怒し、赤松大三郎を謀殺しました。

赤松大三郎の死後、赤松則良は播磨国の統一を果たし、赤松氏を播磨国最大の戦国大名に成長させました。しかし、赤松則良は、赤松大三郎を謀殺したことを後悔し、晩年は苦悩のうちに過ごしたと言われています。

赤松大三郎の功績

赤松大三郎の功績

-赤松大三郎の功績-

赤松大三郎は、日本の政治家、実業家であり、戦後日本の経済発展に大きく貢献した人物です。赤松大三郎の功績は、大きく分けて以下の3つです。

-1. 経済政策-

赤松大三郎は、1950年代に経済企画庁長官を務め、日本経済の復興と発展に努めました。赤松大三郎は、日本経済の復興には、生産性の向上と輸出の拡大が重要であると考え、これらの政策を推進しました。その結果、日本経済は急速に復興し、輸出大国となりました。

-2. 産業政策-

赤松大三郎は、経済企画庁長官時代に加えて、通商産業大臣も務め、産業政策にも携わりました。赤松大三郎は、日本の産業振興のためには、重化学工業の育成が重要であると考え、この政策を推進しました。その結果、日本は世界有数の重化学工業国となりました。

-3. 教育政策-

赤松大三郎は、教育政策にも関心を持ち、大学設置審議会の会長を務めました。赤松大三郎は、日本の高等教育の充実のためには、国立大学の改革が必要であると考え、この改革を推進しました。その結果、国立大学は、より自律的な運営が可能となり、研究や教育の質が向上しました。

赤松大三郎は、日本の経済発展に大きく貢献した偉大な政治家、実業家です。赤松大三郎の功績は、これからも語り継がれていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました