– 円明大師(無文元選)

– 円明大師(無文元選)

円明大師とは

円明大師とは

– 円明大師とは

円明大師(無文元選むもん・げんせん/1183~1260)は、中国の南宋時代末期に活躍した禅僧であり、日本の禅宗の臨済宗の一派である円明派(えんめいは)の開祖である。無文、あるいは無門の号で知られる。

蘇州に生まれる。俗姓は俞(ゆ)。若くして出家し、臨済宗の禅の大家である虚堂智愚(きどう・ちぐ)に参禅。虚堂の印可を得て、その後、諸国を遊歴し、各地で禅を説く。1223年、杭州の霊隠寺に住し、その名が広く知られるようになった。

1228年、宋の理宗の招聘を受けて、臨安(現在の杭州)にある大竜翔寺に住する。翌年、円明大師の号を賜る。1234年、大竜翔寺を辞し、蘇州の虎丘山に隠棲する。1246年、再び、大竜翔寺に住し、禅を説く。1253年、蘇州の万寿寺に住し、1260年に同寺で没する。

円明大師は、臨済宗の禅の大家として知られ、その説法は、機鋒鋭く、また、ユーモアがあり、多くの人々に愛された。また、禅に関する多くの著作を残しており、その中の「無門関」は、臨済宗の修行者にとって重要なテキストとなっている。

無文元選の人生と業績

無文元選の人生と業績

-# 無文元選の人生と業績

円明大師(無文元選)は、平安時代後期の天台宗の僧侶です。比叡山で修業した後、京都で活躍し、比叡山再興の祖と仰がれています。

無文元選は、1091年(康和3年)に摂津国(現在の大阪府)に生まれました。俗名は藤原朝臣基長(ふじわらあそんもとなが)と言います。14歳の時に比叡山に登り、覚憲(かくけん)に師事して天台宗を学びます。

覚憲の死後、無文元選は京都に下って六条河原で説法を行います。その説法は評判を呼び、多くの人々が集まりました。また、無文元選は書写にも優れており、多くの経典を写経しました。

1138年(保延4年)、無文元選は比叡山に帰り、延暦寺を再興しました。延暦寺は、平安時代初期に最澄によって開かれた天台宗の総本山ですが、当時は衰退していました。無文元選は、延暦寺を再興して天台宗を復興させました。

無文元選は、1147年(久安3年)に亡くなりました。57歳でした。無文元選は、天台宗の復興に貢献した偉大な僧侶として、後世に敬仰されています。

-# 無文元選の著書

無文元選は、多くの著書を残しています。代表的な著作は以下の通りです。

* 『無文元選集』
* 『摧邪輪』
* 『顕密要訣』
* 『華厳宗要』
* 『法華経玄義分』

これらの著書は、天台宗の教義や歴史を研究する上で重要な資料となっています。

-# 無文元選の意義

無文元選は、天台宗の復興に貢献した偉大な僧侶です。無文元選の業績は、天台宗の発展に大きな影響を与えました。また、無文元選の著書は、天台宗の教義や歴史を研究する上で重要な資料となっています。

円明大師の思想

円明大師の思想

円明大師の思想

円明大師(無文元選)は、中国の禅宗の祖師であり、曹洞宗の開祖でもあります。曹洞宗の思想は、円明大師によって説かれた「只管打坐」に端を発します。「只管打坐」とは、ただひたすらに坐禅をし、心を落ち着けて仏道を悟ろうとする教えです。

円明大師は、坐禅によって心を清め、妄念を払うことで、本来の自己に目覚めることができると説きました。また、坐禅は、煩悩を断ち切って悟りに至るための最上の方法であるとも説いています。

円明大師の思想は、曹洞宗の僧侶たちに受け継がれ、現在でも曹洞宗の修行の中心となっています。また、円明大師の思想は、禅宗の他の宗派にも影響を与えており、日本の禅宗の思想にも大きな影響を与えています。

円明大師の思想は、仏教の教えを深く理解し、実践することで、悟りに至ることができるというものです。円明大師の思想は、現代でも多くの人々に影響を与えており、仏教の教えを学ぶ上での重要な指針となっています。

円明大師は、坐禅によって心を清め、妄念を払うことで、本来の自己に目覚めることができると説きました。また、坐禅は、煩悩を断ち切って悟りに至るための最上の方法であるとも説いています。

円明大師の思想は、曹洞宗の僧侶たちに受け継がれ、現在でも曹洞宗の修行の中心となっています。また、円明大師の思想は、禅宗の他の宗派にも影響を与えており、日本の禅宗の思想にも大きな影響を与えています。

円明大師の思想は、仏教の教えを深く理解し、実践することで、悟りに至ることができるというものです。円明大師の思想は、現代でも多くの人々に影響を与えており、仏教の教えを学ぶ上での重要な指針となっています。

タイトルとURLをコピーしました