赤松俊秀 – 昭和時代の日本史学者

赤松俊秀 – 昭和時代の日本史学者

明治40年に北海道にて生誕

明治40年に北海道にて生誕

-明治40年に北海道にて生誕-

赤松俊秀は、1877年(明治10年)11月11日に北海道函館市に生まれました。父は赤松則良、母は赤松ノブです。則良は、戊辰戦争で函館奉行を務めた赤松則良の弟であり、赤松俊秀は、赤松則良の孫にあたります。

赤松俊秀は、幼少期から学問に優れ、1898年(明治31年)に東京帝国大学文学部史学科に入学しました。在学中に、坪井九馬三や黒板勝美らに師事し、日本史を専攻しました。1902年(明治35年)に卒業後、東京高等師範学校教授に就任しました。

1907年(明治40年)、赤松俊秀は、北海道帝国大学に新設された文学部史学科の教授として着任しました。北海道帝国大学では、日本史の研究と教育に力を注ぎ、多くの優れた人材を輩出しました。また、1912年(明治45年)に創設された北海道史学会の会長を務めるなど、北海道の歴史研究の発展に貢献しました。

赤松俊秀は、1937年(昭和12年)に北海道帝国大学を定年退職しました。その後も、精力的に研究活動を続け、1945年(昭和20年)に『日本古代史』を刊行しました。この著書は、日本古代史研究のバイブルとして、現在でも高い評価を得ています。

赤松俊秀は、1953年(昭和28年)11月11日に、東京都杉並区で亡くなりました。享年76歳でした。

京都府庁に入庁し、社寺の宝物調査に従事

京都府庁に入庁し、社寺の宝物調査に従事

– 京都府庁に入庁し、社寺の宝物調査に従事

赤松俊秀は、1913年(大正2年)に京都府庁に入庁しました。そして、社寺の宝物を調査する部署である「社寺課」に配属されました。社寺課での仕事は、社寺の宝物目録を作成したり、宝物を修復したりすることでした。赤松は、社寺の宝物を調査する中で、日本の歴史や文化に興味を持ち始めました。そして、1922年(大正11年)に京都帝国大学文学部に進学しました。

京都帝国大学文学部卒業後は、京都府庁の社寺課に復職しました。そして、社寺の宝物を調査する仕事を続けながら、京都大学大学院で研究を続けました。1934年(昭和9年)に京都大学大学院を修了後、京都府庁を退職し、京都大学文学部の教授に就任しました。京都大学文学部教授として、赤松は、日本史の研究と教育に没頭しました。そして、1975年(昭和50年)に京都大学を退官するまで、日本史の研究と教育に貢献しました。

赤松の研究は、主として日本の古代史と中世史でした。赤松は、日本の古代史と中世史を研究する中で、日本人の精神文化の形成過程を明らかにしようとしていました。赤松の研究は、日本の歴史学に大きな影響を与えました。そして、赤松は、日本の歴史学界を代表する学者の一人として知られるようになりました。

昭和28年に京都大学教授に就任

昭和28年に京都大学教授に就任

-昭和28年に京都大学教授に就任-

赤松俊秀氏は、1953年(昭和28年)に京都大学教授に就任した。このとき、赤松氏は43歳だった。赤松氏は、京都大学教授に就任する前は、東北大学教授を務めていた。東北大学教授時代には、日本史学の研究に没頭し、多くの論文を発表した。赤松氏は、京都大学教授に就任した後も、日本史学の研究を続け、数多くの著作を発表した。赤松氏の著作は、日本史学の発展に大きく貢献し、多くの学生に影響を与えた。

赤松氏が入学した1946年(昭和21年)の東北大学は、戦災でほとんどの校舎が焼失しており、復旧工事のため入学試験は行われなかった。1947年(昭和22年)に最初の入学試験(編入学試験)が実施され、赤松氏は2部に編入し、歴史学科で東洋史を専攻した。大学では古代中国史を専攻し、1951年(昭和26年)に「魏晋南北朝隋唐時代の国際関係」で学士号を取得した。卒業後は大学院に進学し、1953年(昭和28年)に「北魏時代の遊牧民政策(遊牧国家から農耕国家への転換)」で修士号を取得した。

1953年(昭和28年)に京都大学教授に就任した。京都大学では、日本史学の研究に没頭し、多くの論文を発表した。1957年(昭和32年)に「日本古代史における国際関係」で博士号を取得した。1961年(昭和36年)には「日本古代史の研究」で日本学士院賞を受賞した。

1970年(昭和45年)に京都大学を定年退職した。退職後も、日本史学の研究を続け、数多くの著作を発表した。1983年(昭和58年)に「日本古代史の研究」で文化勲章を受章した。1999年(平成11年)に逝去した。

タイトルとURLをコピーしました