赤松朝範- 南北朝時代の武将

赤松朝範- 南北朝時代の武将

赤松朝範の生涯

赤松朝範の生涯

赤松朝範の生涯

赤松朝範は、南北朝時代の武将です。赤松円心の子として生まれ、赤松氏第9代当主となりました。南北朝の争乱では、南朝に属して北朝と戦いました。足利尊氏に敗れて自刃した赤松円心を継いで、赤松氏を率いて北朝と戦った。

朝範は、幼い頃から聡明で、武芸にも優れていました。元中2年(1385年)、室町幕府の管領であった細川頼之が謀反を起こすと、朝範は頼之を討伐して功を挙げました。この功績により、朝範は播磨国守護に任命されました。

康暦2年(1380年)、足利義満が征西将軍として九州に下向すると、朝範は義満に従って九州に渡りました。義満は九州で南朝と戦い、延元元年(1336年)に南朝を滅ぼしました。

朝範は、義満の九州征伐に功を挙げたことから、播磨国守護に再任されました。また、朝範は義満の側近として仕え、重用されました。

しかし、朝範は義満の政策に不満を持ち、やがて義満と対立するようになりました。応永6年(1398年)、朝範は義満の命により九州に下向しましたが、義満の命を無視して帰国しました。

義満は、朝範の帰国を謀反とみなし、朝範を討伐する軍勢を派遣しました。朝範は、義満の軍勢に敗れて自刃しました。

朝範は、南北朝の争乱で活躍した武将であり、室町幕府の有力な守護大名でした。また、朝範は義満の側近として仕え、重用されましたが、やがて義満と対立して自刃しました。

朝範は、波乱に満ちた生涯を送った武将であり、その生涯は、南北朝時代の歴史を象徴しています。

赤松朝範の功績

赤松朝範の功績

-赤松朝範の功績-

赤松朝範は、南北朝時代の武将であり、播磨国を拠点に活躍しました。彼は、南朝方の有力武将として、北朝方の足利氏と戦いました。

朝範は、正平2年(1347年)に、播磨国の守護職に任じられました。その後、南朝方の武将として、北朝方の足利氏と戦いました。正平3年(1348年)、朝範は、足利方の軍勢を破って、播磨国を奪還しました。

正平4年(1349年)、朝範は、足利方の軍勢に攻められ、播磨国を失いました。しかし、朝範は、その後も南朝方の武将として、足利氏と戦いました。正平6年(1351年)、朝範は、足利方の軍勢を破って、播磨国を奪還しました。

正平7年(1352年)、朝範は、足利方の軍勢に攻められ、播磨国を失いました。しかし、朝範は、その後も南朝方の武将として、足利氏と戦いました。正平10年(1355年)、朝範は、足利方の軍勢を破って、播磨国を奪還しました。

正平11年(1356年)、朝範は、足利方の軍勢に攻められ、播磨国を失いました。しかし、朝範は、その後も南朝方の武将として、足利氏と戦いました。正平13年(1358年)、朝範は、足利方の軍勢を破って、播磨国を奪還しました。

正平14年(1359年)、朝範は、足利方の軍勢に攻められ、播磨国を失いました。しかし、朝範は、その後も南朝方の武将として、足利氏と戦いました。正平16年(1361年)、朝範は、足利方の軍勢を破って、播磨国を奪還しました。

正平17年(1362年)、朝範は、足利方の軍勢に攻められ、播磨国を失いました。しかし、朝範は、その後も南朝方の武将として、足利氏と戦いました。正平18年(1363年)、朝範は、足利方の軍勢を破って、播磨国を奪還しました。

正平19年(1364年)、朝範は、足利方の軍勢に攻められ、播磨国を失いました。しかし、朝範は、その後も南朝方の武将として、足利氏と戦いました。正平20年(1365年)、朝範は、足利方の軍勢を破って、播磨国を奪還しました。

正平21年(1366年)、朝範は、足利方の軍勢に攻められ、播磨国を失いました。しかし、朝範は、その後も南朝方の武将として、足利氏と戦いました。正平22年(1367年)、朝範は、足利方の軍勢を破って、播磨国を奪還しました。

正平23年(1368年)、朝範は、足利方の軍勢に攻められ、播磨国を失いました。しかし、朝範は、その後も南朝方の武将として、足利氏と戦いました。正平24年(1369年)、朝範は、足利方の軍勢を破って、播磨国を奪還しました。

南北朝時代の武将としての赤松朝範

南北朝時代の武将としての赤松朝範

– 南北朝時代の武将としての赤松朝範

赤松朝範は、南北朝時代の武将です。播磨国の守護大名であり、南朝側に属して北朝と戦いました。

朝範は、建武3年(1336年)に赤松貞範の子として生まれました。貞範は、建武政権の有力武将であり、建武4年(1337年)には足利尊氏と戦って戦死します。

赤松家の家督は、朝範の兄の直範が継ぎますが、直範は尊氏と和睦して北朝に属することになります。しかし、朝範は、南朝側に属して尊氏と戦います。

尊氏は、延元元年(1336年)に鎌倉幕府を滅ぼして建武政権を倒し、翌2年(1337年)に京都に室町幕府を樹立します。尊氏は、南朝を討伐するために、南朝方の諸将と戦います。

朝範は、南朝方の武将として、尊氏と戦いました。朝範は、播磨国の守護大名として、播磨国の兵力を率いて尊氏と戦いました。

朝範は、正平2年(1347年)に尊氏と戦って戦死します。朝範の死後、赤松家の家督は、朝範の弟の則祐が継ぎます。則祐は、尊氏と和睦して北朝に属することになります。

朝範は、南北朝時代の武将として、南朝側に属して尊氏と戦った武将です。朝範は、尊氏と戦って戦死しましたが、その死後も、赤松家は播磨国の守護大名として、室町幕府の有力な武将として活躍することになります。

タイトルとURLをコピーしました