赤松範実-南北朝時代の若き武将

赤松範実-南北朝時代の若き武将

南朝と北朝の争いの中で活躍した若き武将

南朝と北朝の争いの中で活躍した若き武将

南朝と北朝の争いの中で活躍した若き武将

赤松範実は、南北朝時代の若き武将であり、南朝方の武将として活躍しました。建武2年(1335年)に播磨国で作られた長男として生まれ、赤松円心と名づけられました。幼い頃から武芸に秀でており、長じて赤松範実と名乗りました。

元弘3年(1333年)、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒し、建武の新政を開始しました。範実は父である円心と共に建武の新政に参加し、足利尊氏率いる北朝軍と戦いました。

建武3年(1336年)、尊氏は後醍醐天皇を京都から追放し、北朝を樹立しました。範実は南朝方の武将として尊氏に抵抗し、播磨国や備前国で転戦しました。延元4年(1339年)、範実は尊氏の軍を播磨国で破り、南朝方の勢力を拡大しました。

康暦元年(1379年)、範実は63歳で亡くなりました。範実は南朝方の武将として活躍し、南朝の勢力拡大に貢献しました。また、武芸に秀でており、多くの合戦で勝利を収めました。範実は南北朝時代の若き武将として、その名を残しています。

赤松範資の子として生まれるが、叔父則祐の養子となる

赤松範資の子として生まれるが、叔父則祐の養子となる

赤松範資の子として生まれるが、叔父則祐の養子となる。

赤松範実は、南北朝時代の武将であり、播磨国赤松氏の第12代当主。父は赤松範資、母は不詳。正平2年(1347年)、赤松範資の嫡男として生まれる。

範実が生まれた当時、赤松氏は播磨国守護であり、有力な守護大名であった。しかし、正平7年(1352年)に、父範資と祖父範成が、足利尊氏に反逆して敗れ、赤松氏は一時滅亡した。

このとき、範実は幼少であったため、叔父則祐の養子となり、則祐の庇護のもとで成長した。則祐は、尊氏に忠誠を尽くし、赤松氏の再興に努めた。範実は、則祐のもとで、武芸や兵法を学び、成長した。

正平16年(1361年)、則祐は、尊氏に謀反を起こして敗れ、自害した。このとき、範実は15歳であった。則祐の死後、範実は赤松氏の家督を継ぎ、赤松氏の再興に努めた。

範実は、足利義満に仕え、播磨国守護に任命された。範実は、播磨国を平定し、赤松氏を再興することに成功した。範実は、播磨国の有力な武将として活躍し、南北朝の争乱を生き抜いた。

足利義詮に従い、竜泉寺城を攻める

足利義詮に従い、竜泉寺城を攻める

-足利義詮に従い、竜泉寺城を攻める-

赤松範実は、足利義詮に従い、竜泉寺城を攻めました。竜泉寺城は、南朝方の楠木正成が立てこもる城で、難攻不落の要塞とされていました。しかし、赤松範実は、義詮に命じられて竜泉寺城を攻め、楠木正成を討ち取りました。この功績により、赤松範実は、義詮から厚い信頼を得て、重臣としての地位を確立しました。

竜泉寺城の戦いは、南北朝時代の重要な戦いの一つであり、赤松範実の武勇を世に知らしめることになりました。赤松範実は、この戦いで、楠木正成という強敵を討ち取り、足利義詮に勝利をもたらしました。この功績により、赤松範実は、足利義詮から厚い信頼を得て、重臣としての地位を確立しました。

赤松範実は、竜泉寺城の戦い以外にも、数々の戦いで活躍しました。彼は、足利義詮に従い、南朝方を相手に戦いました。そして、その武勇を遺憾なく発揮し、足利義詮の勝利に貢献しました。赤松範実は、足利義詮から信頼される武将であり、足利幕府の重臣として活躍しました。そして、その武勇は、後世の人々にも語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました