赤松則祐 – 鎌倉-南北朝時代の武将

赤松則祐 – 鎌倉-南北朝時代の武将

赤松則祐の生涯

赤松則祐の生涯

-赤松則祐の生涯-

赤松則祐(あかまつ のりすけ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将・守護大名です。赤松円心の子として生まれ、播磨国・備前国・美作国の守護を務めました。

則祐は、建武の新政に際して足利尊氏に従って鎌倉幕府を倒しましたが、尊氏が室町幕府を樹立すると、これに反発して南朝に属しました。

尊氏が九州に逃れると、則祐は播磨国の赤穂城に拠って尊氏軍と戦いました。しかし、尊氏軍の攻撃に耐えきれず、やがて赤穂城は陥落しました。

赤松則祐は、赤穂城陥落後に捕らえられ、建武4年(1337年)3月7日に鎌倉で処刑されました。享年43。

赤松則祐は、南朝に忠義を尽くした武将として知られています。その死は、南朝にとって大きな痛手となりました。

-赤松則祐の功績-

1. 建武の新政に際して足利尊氏に従って鎌倉幕府を倒した。
2. 尊氏が室町幕府を樹立すると、これに反発して南朝に属した。
3. 尊氏軍の攻撃に耐えて赤穂城を死守した。
4. 南朝に忠義を尽くして戦死した。

-赤松則祐の逸話-

1. 赤松則祐は、非常に武勇に優れていました。あるとき、敵軍の攻撃を受けて赤穂城が陥落しそうになったとき、則祐は一人で城門に立って敵軍を迎え撃ち、ついに敵軍を退却させることに成功しました。
2. 赤松則祐は、非常に仁義に厚い人物でした。あるとき、敵軍の将が捕虜になったとき、則祐は敵将を丁重に扱って解放しました。敵将は、則祐の仁義に感じ入って、南朝に寝返りました。
3. 赤松則祐は、非常に和歌に優れていました。その和歌は、後世に「赤松則祐卿集」としてまとめられています。

赤松則祐は、鎌倉-南北朝時代を代表する名将の一人です。その武勇・仁義・和歌の才能は、後世の人々から高く評価されています。

赤松則祐の功績

赤松則祐の功績

-赤松則祐の功績-

-延元元年(1336年)の赤松則祐の挙兵-

赤松則祐は、赤松則村の嫡男として播磨国に生まれました。父則村は、播磨守護として朝廷に仕え、足利尊氏とも親交がありました。則祐も尊氏に仕え、建武の新政にも参加しました。しかし、尊氏が政権を奪取すると、則祐は尊氏に反旗を翻します。

延元元年(1336年)、則祐は播磨国で挙兵し、尊氏の軍勢と戦いました。しかし、尊氏の軍勢は圧倒的で、則祐は敗北を喫しました。則祐は播磨国を逃れて九州に落ち延び、そこで再起を図りました。

-正平元年(1346年)の赤松則祐の入京-

正平元年(1346年)、則祐は京都に潜入し、尊氏を暗殺しようと企てました。しかし、この計画は事前に露見してしまい、則祐は再び逃亡を余儀なくされました。則祐は播磨国に戻り、そこで勢力を回復しました。

-正平5年(1350年)の赤松則祐の戦死-

正平5年(1350年)、則祐は尊氏の軍勢と備中国で戦いました。この戦いで、則祐は戦死しました。則祐の死後、赤松氏は衰退し、播磨国の守護職は山名氏が継承しました。

-赤松則祐の功績-

赤松則祐は、足利尊氏に反旗を翻し、京都に潜入して尊氏を暗殺しようと企てるなど、鎌倉-南北朝時代の動乱期に大きな役割を果たした武将です。則祐の功績は、後世の人々にも称賛され、播磨国には則祐を祀る神社が建立されました。

赤松則祐の最期

赤松則祐の最期

赤松則祐の最期

赤松則祐は、鎌倉-南北朝時代の武将である。赤松円心の嫡男として生まれ、足利尊氏に仕えた。尊氏の九州下向に随行し、建武の新政でも功績を挙げた。しかし、尊氏と足利直義が対立すると、則祐は直義側についた。直義の没後は、高師直に仕えたが、正平9年(1354年)に高師直が尊氏によって殺害されると、則祐も尊氏によって殺害された。

則祐の最期については、いくつかの異説がある。一説によると、則祐は尊氏の命を受けた高師直によって殺害されたという。また、一説によると、則祐は尊氏の命を受けた細川清氏によって殺害されたという。さらに、一説によると、則祐は尊氏の命を受けた斯波高経によって殺害されたという。

いずれにしても、則祐の最期は悲惨なものだった。尊氏に仕えて功績を挙げたにもかかわらず、尊氏によって殺害されたのである。則祐の死は、南北朝時代の混乱を象徴する事件の一つである。

則祐の死後、赤松家は衰退した。しかし、則祐の孫である赤松満祐が室町幕府の有力者となり、赤松家は再び興隆した。

タイトルとURLをコピーしました