赤松教祐(あかまつ-のりすけ)とは?赤松教康(あかまつ-のりやす)の関係は?

赤松教祐(あかまつ-のりすけ)とは?赤松教康(あかまつ-のりやす)の関係は?

赤松教祐の生涯

赤松教祐の生涯

-赤松教祐の生涯-

赤松教祐は、南北朝時代の武将で、播磨守、守護。赤松光祐の嫡男として生まれる。

父・光祐が南北朝の戦いで戦死すると、その跡を継いで播磨守となる。

1336年(建武3年)に足利尊氏に反旗を翻した赤松円心に従い、尊氏軍と戦うが、敗北する。

その後、尊氏に降伏し、播磨の守護に任命される。

1348年(貞和4年)に、尊氏が後醍醐天皇を京都から追放すると、教祐は天皇を奉じて九州に逃れる。

1350年(観応2年)に、尊氏が後醍醐天皇と和解すると、教祐も京都に戻り、播磨の守護に復帰する。

1352年(観応4年)に、尊氏が再び後醍醐天皇に反旗を翻すと、教祐は尊氏に従い、天皇軍と戦う。

1354年(観応6年)に、尊氏が戦死すると、教祐は足利直義に属する。

直義は尊氏の弟であり、鎌倉幕府の執権であった。

1356年(正平11年)に、直義が鎌倉で殺害されると、教祐は九州に逃れる。

1360年(貞治元年)に、教祐は九州で没した。

享年49歳。

赤松教康との関係

赤松教康との関係

赤松教祐と赤松教康の関係

赤松教祐と赤松教康は、赤松氏の当主であり、播磨国守護を務めた人物である。両者は父と子の関係にあり、赤松教祐が赤松教康の父である。

赤松教祐は、赤松円心の長男として、建武2年(1335年)に生まれた。建武3年(1336年)に父が戦死すると、赤松氏の当主となった。赤松教祐は、南朝側に属し、足利尊氏と戦ったが、正平4年(1349年)に降伏した。その後、足利尊氏に仕え、播磨国守護に任じられた。

赤松教康は、赤松教祐の長男として、正平12年(1357年)に生まれた。応安3年(1370年)に父が死去すると、赤松氏の当主となった。赤松教康は、足利義満に仕え、播磨国守護を務めた。

赤松教祐と赤松教康は、父と子の関係であり、赤松氏を継承した。両者はともに、播磨国守護を務め、赤松氏を繁栄させた。

赤松家の歴史

赤松家の歴史

赤松家の歴史

赤松家は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した武家である。播磨国(現在の兵庫県南西部)を本拠地としており、赤松円心を祖とする。赤松円心は、源頼朝の挙兵に参加し、頼朝の側近として活躍した。頼朝が鎌倉幕府を開くと、幕府の重臣として活躍し、播磨国守護に任命された。

赤松円心の孫である赤松則村は、鎌倉幕府の滅亡後に建武の新政に参加し、足利尊氏に従った。尊氏が室町幕府を開くと、則村は幕府の重臣として活躍し、播磨国守護に任命された。則村の孫である赤松義則は、明徳の乱で足利義満に反乱を起こし、戦死した。義則の弟である赤松満祐は、義則の死後に赤松家の家督を継ぎ、播磨国守護に任命された。満祐は、足利義教の命を受けて、嘉吉の乱で足利義教を暗殺した。しかし、義教の遺児である足利義勝に攻められ、自害した。

満祐の死後、赤松家の家督は、満祐の弟である赤松教康が継いだ。教康は、義勝に降伏し、播磨国守護に任命された。教康は、赤松家の再興に努め、播磨国を平定した。教康の孫である赤松教祐は、応仁の乱で西軍の総大将を務め、東軍の細川勝元と戦った。教祐は、勝元を破り、京都を占領した。しかし、教祐は、足利義政の命を受けて、京都を放棄し、播磨国に帰国した。

教祐の死後、赤松家の家督は、教祐の弟である赤松政則が継いだ。政則は、応仁の乱後に室町幕府に仕え、播磨国守護に任命された。政則は、赤松家の領地を拡大し、播磨国の有力な戦国大名となった。政則の孫である赤松晴政は、織田信長に臣従し、播磨国を平定した。晴政の死後、赤松家の家督は、晴政の弟である赤松義祐が継いだ。義祐は、豊臣秀吉に臣従し、播磨国を安堵された。しかし、義祐は、関ヶ原の戦いで西軍に属し、戦死した。義祐の死後、赤松家は断絶した。

タイトルとURLをコピーしました