赤松範資→ 鎌倉-南北朝時代の武将

赤松範資→ 鎌倉-南北朝時代の武将

生い立ちと家系

生い立ちと家系

生い立ちと家系

赤松範資は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将です。播磨国赤松氏の第8代当主であり、南北朝時代には南朝方に属して戦いました。

赤松範資は、赤松則祐の長男として播磨国に生まれました。赤松氏はもともと、播磨国の守護大名でしたが、鎌倉幕府の滅亡とともに守護大名としての地位を失いました。しかし、赤松範資は南朝方に属して戦い、その功績により後醍醐天皇から播磨国の守護に任命されました。

赤松範資は、南朝方の武将として各地で転戦し、功績を上げました。特に、1333年の湊川の戦いで、足利尊氏率いる北朝軍を破って大勝利を収めたことは、彼の名声を高めました。

赤松範資は、1350年に足利尊氏に降伏し、北朝方に属しました。その後は、足利尊氏に従って各地を転戦し、功績を上げました。1352年、足利尊氏によって播磨国の守護に任命されました。

赤松範資は、1373年に死去しました。享年54歳。

建武の新政に参加

建武の新政に参加

-建武の新政に参加-

赤松範資は、建武の新政に参加し、足利尊氏や新田義貞らとともに北条氏を打倒した。その後、範資は鎌倉府の執事に任命され、鎌倉幕府の再建に尽力した。しかし、尊氏と義貞の対立が深まり、範資は尊氏側に付いた。尊氏が京都を占領すると、範資は足利政権の中枢として活躍した。

範資は、尊氏の忠実な家臣として、様々な戦いに従軍した。南北朝の動乱が勃発すると、範資は南朝側に付いた。しかし、尊氏に敗れて鎌倉を奪われ、備後国に逃れた。その後、範資は南朝に帰順し、南朝の武将として戦った。

範資は、鎌倉-南北朝時代の武将として、激動の時代を生き抜いた。その武勇と忠義は、後世まで語り継がれている。

範資が建武の新政に参加した主な理由としては、以下のようなものが考えられる。

* 範資は、北条氏の専制政治に不満を持っていた。
* 範資は、足利尊氏や新田義貞の人物に共感していた。
* 範資は、鎌倉幕府の再建に協力することで、自らの地位を高めることができると期待していた。

範資が建武の新政に参加したことで、鎌倉幕府は倒され、足利政権が樹立された。これは、日本の歴史において大きな転換点となった。

観応の擾乱での活躍

観応の擾乱での活躍

-観応の擾乱での活躍-

赤松範資は、観応の擾乱で南朝方に付き、足利尊氏と戦いました。1352年には、尊氏が細川顕氏を討伐するために、京都から九州へ下向した隙をついて、播磨に攻め入りました。そして、尊氏の側近であった佐々木道誉や、新田義顕を破りました。さらに、1353年には、尊氏が九州から京都に帰還した際に、近江で尊氏を迎え撃ちました。しかし、この戦いで範資は敗れて、京都を追われました。

その後、範資は、南朝の懐良親王を奉じて、九州に渡り、尊氏と戦い続けました。1359年には、尊氏が九州を平定するために、自ら出陣しました。範資は、尊氏の大軍を迎え撃ち、激戦を繰り広げましたが、敗れて、薩摩に逃れました。

1361年、範資は、薩摩から京都に帰還し、再度、尊氏と戦いました。しかし、この戦いで範資は敗れて、自害しました。範資の死によって、南朝の勢力は衰退し、観応の擾乱は、足利尊氏の勝利に終わりました。

範資は、観応の擾乱で、南朝方の武将として、足利尊氏と戦い続けました。範資の活躍は、南朝の勢力の維持に貢献しました。しかし、範資は、観応の擾乱の終結を見ることなく、自害して果てました。

タイトルとURLをコピーしました