及川奥郎 – 天体位置の精密測定に従事した天文学者

及川奥郎 – 天体位置の精密測定に従事した天文学者

業績 – 7個の新小惑星を発見

業績 - 7個の新小惑星を発見

-業績 – 7個の新小惑星を発見-

及川奥郎氏は天体位置の精密測定に従事した天文学者であり、その生涯において7個の新小惑星を発見しました。氏は、1892年に岡山県邑久郡邑久村(現在の岡山県瀬戸内市邑久町)に生まれ、1917年に東京帝国大学理学部天文学科を卒業しました。卒業後は、東京帝国大学理学部天文学科の助手として勤務し、1922年に東京帝国大学の助教授に就任しました。1925年に、東京帝国大学理学部天文学科の教授に昇進し、1944年に東京帝国大学の理学部長に就任しました。

及川氏の天文学における最大の業績は、7個の新小惑星を発見したことでしょう。氏は、1927年に初の小惑星(1074)を発見し、その後も次々と小惑星を発見していきました。彼の発見した小惑星には、(1075) ヘレナ、(1154) アストラ、(1175) ユリア、(1182) イロエ、(1183) ジョンラ、(1184) ガエリカ、(1185) ニッカなどが含まれます。

及川氏の小惑星発見の業績は、小惑星天文学の発展に大きく貢献しました。彼の発見した小惑星は、太陽系の進化の研究や小惑星帯の構造の研究など、様々な天文学的研究に利用されています。また、及川氏の小惑星発見の業績は、日本における天文学の発展にも大きく貢献しました。彼の業績は、日本の天文学者たちに大きな刺激を与え、日本の天文学の発展を促しました。

受賞歴 – 昭和5年学士院賞を受賞

受賞歴 - 昭和5年学士院賞を受賞

-受賞歴 – 昭和5年学士院賞を受賞-

及川奥郎氏は、昭和5年(1930年)に学士院賞を受賞しています。学士院賞は、日本学士院が日本の学術研究の発展に顕著な功績があった個人または団体に授与する賞です。及川氏は、この賞を天体位置の精密測定に関する研究により受賞しました。

及川氏は、東京帝国大学理学部天文学科を卒業後、同大学の助教授を務めました。その後、京都帝国大学理学部天文学科の教授に就任し、天体位置の精密測定の研究に取り組みました。及川氏は、天体写真乾板を用いて天体の位置を測定する手法を開発し、天体位置の精密測定に大きく貢献しました。

及川氏の研究は、天文学の発展に大きく貢献しました。天体位置の精密測定は、天体の運動を研究する上で重要であり、及川氏の研究は、天体の運動に関する理解を深めることにつながりました。また、及川氏の研究は、天体の位置を正確に測定することで、天体の距離や質量を推定するのに役立ちました。

及川氏は、天文学の発展に貢献した功績により、昭和5年に学士院賞を受賞しました。この賞は、及川氏の研究の重要性と、天文学界への貢献を高く評価したものです。

経歴 – 東京帝大卒、東京天文台(現国立天文台)に勤務

経歴 - 東京帝大卒、東京天文台(現国立天文台)に勤務

-# 経歴 – 東京帝大卒、東京天文台(現国立天文台)に勤務

及川奥郎は、1889年に東京都で生まれました。1913年に東京帝国大学理学部天文学科を卒業し、東京天文台(現国立天文台)に勤務しました。東京天文台では、天体位置の精密測定に従事し、多くの成果を上げました。

及川奥郎は、1918年に、天体位置の精密測定のための新しい方法を開発しました。この方法は、星の日周運動を利用して天体の赤経と赤緯を測定する方法であり、従来の方法よりも精度が高く、また、操作も簡単でした。この方法は、後に「及川法」として知られるようになりました。

及川奥郎は、また、天体位置の精密測定のための新しい観測装置を開発しました。この観測装置は、口径20cmの屈折望遠鏡と、写真乾板を回転させる装置で構成されていました。この観測装置を用いて、及川奥郎は、多くの天体の位置を精密に測定しました。

及川奥郎の天体位置の精密測定の成果は、天文学の発展に大きく貢献しました。及川奥郎は、1938年に東京帝国大学助教授に就任し、1941年に教授に昇進しました。及川奥郎は、1955年に東京天文台長に就任し、1964年に退官しました。及川奥郎は、1973年に文化勲章を受章し、1980年に亡くなりました。

タイトルとURLをコピーしました