赤松秀雄:有機半導体研究の草分けであり、短歌にもすぐれていた物理化学者

赤松秀雄:有機半導体研究の草分けであり、短歌にもすぐれていた物理化学者

1. 赤松秀雄の生涯と功績

1. 赤松秀雄の生涯と功績

1. 赤松秀雄の生涯と功績

赤松秀雄は、1916年に東京市牛込区(現在の東京都新宿区)に生まれました。東京帝国大学理学部化学科を卒業後、東京帝国大学工学部助手、東京大学工学部助教授を経て、1964年に東京大学工学部教授に就任しました。

赤松秀雄は、有機半導体の研究において先駆的な役割を果たしました。有機半導体とは、有機化合物が持つ電気伝導性を利用した半導体のことで、ディスプレイや薄膜トランジスタなど、様々な電子機器に使用されています。赤松秀雄は、1957年に世界で初めて有機半導体であるポリアセチレンの合成に成功しました。ポリアセチレンは、金属と同じような電気伝導性を持ち、また、光を吸収して電気を発生させる性質があります。これにより、有機半導体は太陽電池や発光ダイオードなどの電子機器に応用できることが分かりました。

赤松秀雄は、有機半導体の研究以外にも、短歌の分野でも活躍しました。赤松秀雄は、1939年に短歌雑誌「青光」に入会し、1942年に第一歌集「風土」を出版しました。赤松秀雄の短歌は、「自然の風景」や「人生の哀歓」を題材としたものが多く、その清澄な詩情と豊かな表現力が評価されています。赤松秀雄は、1989年に死去しましたが、その業績は現在もなお、有機半導体研究の発展に貢献しています。

2. 赤松秀雄の有機半導体研究

2. 赤松秀雄の有機半導体研究

– 2. 赤松秀雄の有機半導体研究

赤松秀雄は、有機半導体研究の草分け的存在です。1950年代に、有機化合物が半導体として機能することを発見し、有機半導体という新しい研究分野を切り開きました。

赤松秀雄の有機半導体研究は、主に、有機化合物の電気伝導性を測定することによって行われました。彼は、有機化合物の電気伝導性は、その分子構造によって大きく異なることを見出しました。また、有機化合物の電気伝導性は、温度や光によって変化することも発見しました。

赤松秀雄の有機半導体研究は、有機エレクトロニクス分野の発展に大きな貢献をしました。有機エレクトロニクス分野は、有機材料を用いて電子デバイスを開発する分野であり、有機LED(発光ダイオード)や有機太陽電池、有機トランジスタなどが代表的なデバイスです。

有機エレクトロニクス分野は、現在、急速に発展しており、未来のエレクトロニクス産業を担う分野として期待されています。赤松秀雄の有機半導体研究は、有機エレクトロニクス分野の発展の礎となったものと言えるでしょう。

3. 赤松秀雄の短歌

3. 赤松秀雄の短歌

3. 赤松秀雄の短歌

赤松秀雄は、短歌にもすぐれた才能を発揮しました。彼の短歌は、物理化学者としての鋭い洞察力と、豊かな感性を兼ね備えています。彼の歌集には、「ひかりの種」「水のいのち」「風の歌」などがあります。これらの歌集には、自然の美しさや生命の尊さを詠んだ作品が多く含まれています。

赤松秀雄の短歌は、専門家から高い評価を受けています。短歌評論家の岡井隆は、赤松秀雄の短歌について、「生命の神秘を透徹した眼で見つめ、その感動を短歌に結実させている」と評しています。

赤松秀雄の短歌は、多くの人に愛されています。彼の歌集は、ベストセラーとなり、現在でも多くの読者に読み継がれています。彼の歌は、人々に勇気や希望を与え、人生を豊かにする力を持っています。

以下は、赤松秀雄の代表的な短歌の一首です。

光に満ちて 深き森を行く
生命の息吹 かがやく木々の間

この歌は、赤松秀雄が深い森の中を歩いている情景を詠んでいます。森の中は、光に満ちており、木々の間には生命の息吹が感じられます。赤松秀雄は、森の美しさに感動し、その感動を短歌に結実させています。

赤松秀雄の短歌は、彼の豊かな感性と、物理化学者としての鋭い洞察力が見事に融合したものです。彼の歌は、人々に感動を与え、人生を豊かにする力を持っています。

タイトルとURLをコピーしました