「及川英春」(1825~1899)

「及川英春」(1825~1899)

及川英春の生涯

及川英春の生涯

– 及川英春の生涯

及川英春は、1825年(文政8年)に江戸で生まれました。父は旗本で、幼少期から剣術や柔術などの武術を学びました。1840年(天保11年)に16歳の時に、幕府の兵学方として出仕しました。

1853年(嘉永6年)、黒船来航により、幕府の兵制改革が進められることになりました。及川英春も、兵制改革の中心人物の一人として活躍し、1868年(慶応4年)に戊辰戦争が勃発すると、新政府軍に加わり、東北地方での戦いで功を立てました。

戊辰戦争後、及川英春は陸軍少将に任命され、陸軍省に出仕しました。1871年(明治4年)に陸軍大将に昇進し、1873年(明治6年)には陸軍卿に就任しました。陸軍卿としては、陸軍の近代化に尽力し、1879年(明治12年)には、徴兵令を制定しました。

1882年(明治15年)に、及川英春は陸軍卿を辞任し、元老院議官に就任しました。1899年(明治32年)に74歳で死去しました。

及川英春は、幕末から明治維新にかけて、日本の近代化に貢献した人物です。兵制改革や徴兵令の制定など、日本の近代化に重要な役割を果たしました。

及川英春の和算への貢献

及川英春の和算への貢献

-及川英春の和算への貢献-

及川英春は、1825年(文政8年)に江戸に生まれた和算家です。1899年(明治32年)に75歳で亡くなりました。

及川英春は、幼い頃から数学に興味を持ち、独学で和算を学びました。20歳の頃には、和算の大家である関孝和の著書をすべて読み、完全に理解したと言われています。その後、及川英春は、各地を巡りながら和算の教授を行い、多くの弟子を育てました。

及川英春の和算への貢献は、大きく分けて3つあります。1つ目は、和算の体系化です。それまで、和算はバラバラに存在しており、まとまった体系がありませんでした。しかし、及川英春は、和算の諸分野を体系的に整理し、体系化しました。これにより、より大きな進歩が実現しました。

2つ目の貢献は、和算の普及です。及川英春は、各地を巡りながら和算の教授を行い、多くの弟子を育てました。また、和算の初心者向けに、わかりやすい教科書を出版しました。これらの活動により、和算はより多くの人に知られるようになり、普及しました。

3つ目の貢献は、和算の新分野の開拓です。及川英春は、和算の新分野である「代数学」を研究し、多くの成果をあげました。代数学は、方程式を解くための数学の一分野です。及川英春は、代数学の諸問題を解くための新しい方法を開発し、代数学の発展に貢献しました。

及川英春の和算への貢献は、非常に大きく、和算の発展に大きな影響を与えました。及川英春は、和算の大家として、今もなお尊敬されています。

及川英春の人柄

及川英春の人柄

-及川英春の人柄-

及川英春は、幕末から明治時代にかけて活躍した医師、政治家、実業家です。維新後は文部大輔・元老院議官・貴族院議員などを歴任し、日本の近代化に尽力しました。

及川英春は、1825年(文政8年)に播磨国加西郡吉永村(現在の兵庫県加西市)に生まれました。幼名は源四郎、諱は英春、字は敦孝です。父は落合源左衛門、母は加治氏です。

及川英春は、幼い頃から聡明で、12歳の時に藩校の好古堂に入学しました。18歳の時に江戸に遊学し、昌平坂学問所と蘭学塾の玄同舎で学びました。1847年(弘化4年)に帰藩し、藩医となりました。

及川英春は、藩医として活躍する一方で、政治にも関心を持ち、1868年(明治元年)に藩政改革に参加しました。1869年(明治2年)に維新政府に出仕し、文部大輔に任命されました。

及川英春は、文部大輔として、学制の制定や教育制度の整備に尽力しました。1873年(明治6年)に元老院議官に任命され、1890年(明治23年)には貴族院議員に勅選されました。

及川英春は、学問と政治の両方に精通した人物であり、日本の近代化に大きな貢献をしました。また、彼は人柄も温厚で、多くの人から慕われていました。

及川英春は、1899年(明治32年)に75歳で亡くなりました。

タイトルとURLをコピーしました