及川平治

及川平治

明治から昭和にかけての教育者

明治から昭和にかけての教育者

-及川平治-

-明治から昭和にかけての教育者-

及川平治は、1856年に東京の商人家庭に生まれた教育者です。1878年に東京大学を卒業後、文部省に入省し、小学校教員として着任しました。その後、師範学校教科書編纂官、小学校長などを歴任し、1913年には文部省専門学務局長に就任しました。

及川平治は、日本の教育界に大きな貢献をした人物です。彼は、小学校教育の近代化を推進し、新しい教育課程や教科書を導入しました。また、師範学校や専門学校の設立にも尽力し、教員養成制度の整備に貢献しました。

及川平治は、教育者としてだけでなく、教育理論家としても活躍しました。彼は、教育の目的は「人格の完成」にあると主張し、児童の個性を尊重した教育を重視しました。また、教育は社会の発展に貢献するものでなければならないと考え、産業教育や職業教育の振興を訴えました。

及川平治は、日本の教育界の発展に大きな貢献をした人物であり、彼の業績は現在も高く評価されています。

-及川平治の教育思想-

及川平治の教育思想は、以下の3つの柱で構成されます。

* -人格の完成- 教育の目的は、児童の人格を完成させることである。
* -個性の尊重- 教育は、児童の個性を尊重し、その個性を伸ばすものでなければならない。
* -社会の発展への貢献- 教育は、社会の発展に貢献するものでなければならない。

及川平治は、人格の完成を教育の最終目的としました。彼は、児童が人格を完成させるためには、知識や技能を身に付けることだけでなく、道徳心や社会性を養うことが重要であると考えました。また、及川平治は個性の尊重を教育の重要な原則としました。彼は、児童一人ひとりは独自の個性を持っており、その個性を伸ばすことが教育の重要な役割であると考えました。さらに、及川平治は社会の発展への貢献を教育の重要な使命としました。彼は、教育は児童が社会に貢献できる人材を育成するものでなければならないと考えました。

-及川平治の業績-

及川平治は、日本の教育界の発展に大きな貢献をしました。彼の主な業績は以下の通りです。

* -小学校教育の近代化- 及川平治は、小学校教育の近代化を推進し、新しい教育課程や教科書を導入しました。また、師範学校や専門学校の設立にも尽力し、教員養成制度の整備に貢献しました。
* -教育理論の確立- 及川平治は、教育理論家としても活躍しました。彼は、教育の目的は「人格の完成」にあると主張し、児童の個性を尊重した教育を重視しました。また、教育は社会の発展に貢献するものでなければならないと考え、産業教育や職業教育の振興を訴えました。
* -教育界の発展への貢献- 及川平治は、文部省専門学務局長として、日本の教育界の発展に大きな貢献をしました。彼は、教育制度の整備や教育行政の改革に尽力し、日本の教育界の近代化に貢献しました。

及川平治は、日本の教育界の発展に大きな貢献をした人物であり、彼の業績は現在も高く評価されています。

「及川式教育」を提唱

「及川式教育」を提唱

– 及川式教育を提唱

-及川式教育-とは、及川平治が提唱した教育法のことである。及川は、教育は「人間を人間らしく育てること」であるべきだと主張し、そのために必要な教育法を「及川式教育」と名付けた。

及川式教育の特徴は、生徒の個性を尊重し、生徒自らが学ぶ意欲を持てるようにすることである。及川は、従来の教育法は生徒の個性を無視し、生徒に一方的に知識を詰め込むものであると批判した。そして、生徒が自発的に学ぶ意欲を持てるようにするためには、生徒の個性を尊重し、生徒自らが学ぶ内容や方法を選択できるようにすることが必要だと主張した。

及川式教育は、多くの教育者や保護者から支持を集め、全国各地の学校で実践されている。及川式教育を実践している学校では、生徒の学力が向上し、生徒の自発性や創造性が育まれるという成果が報告されている。

– 及川式教育の内容

及川式教育は、大きく分けて以下の3つの要素で構成されている。

* -生徒の個性を尊重する教育-
* -生徒が自発的に学ぶ意欲を持てるようにする教育-
* -生徒が社会で活躍できる能力を育てる教育-

生徒の個性を尊重する教育とは、生徒一人ひとりの能力や興味、関心を尊重し、生徒一人ひとりに合った教育を行うことである。生徒が自発的に学ぶ意欲を持てるようにする教育とは、生徒が自ら進んで学びたいと思えるような教育を行うことである。生徒が社会で活躍できる能力を育てる教育とは、生徒が社会に出たときに必要な知識や技能、態度を育てることである。

– 及川式教育の成果

及川式教育は、多くの教育者や保護者から支持を集め、全国各地の学校で実践されている。及川式教育を実践している学校では、生徒の学力が向上し、生徒の自発性や創造性が育まれるという成果が報告されている。

例えば、東京都にある私立小学校では、及川式教育を導入した結果、生徒の学力が大幅に向上した。また、生徒が自ら進んで学びたいと思えるようになり、生徒の自発性や創造性が育まれた。

さらに、大阪府にある私立中学校では、及川式教育を導入した結果、生徒の不登校が減少した。また、生徒が社会に出たときに必要な知識や技能、態度が育まれ、生徒の就職率が向上した。

及川式教育は、生徒の学力を向上させ、生徒の自発性や創造性を育み、生徒が社会で活躍できる能力を育てることができる教育法である。

仙台市教育研究所長を歴任

仙台市教育研究所長を歴任

仙台市教育研究所長を歴任

及川平治は、仙台市教育研究所の初代所長を務めた。彼は、明治7年(1874年)に仙台市に生まれ、宮城師範学校を卒業後、小学校の教師として勤務した。その後、郡視学、仙台市視学を歴任し、大正15年(1926年)に仙台市教育研究所の初代所長に就任した。

及川平治は、仙台市教育研究所の設立に尽力し、研究所の組織や運営を確立した。彼はまた、研究所の調査研究活動の推進に努め、多くの研究成果を発表した。また、教育雑誌「仙台教育」の編集長を務め、教育に関する啓蒙活動にも尽力した。

及川平治は、昭和32年(1957年)に仙台市教育研究所所長を退任したが、その後も、教育に関する調査研究活動を続け、多くの著書や論文を発表した。彼は、昭和48年(1973年)に88歳で亡くなった。

及川平治は、仙台市の教育の発展に貢献した教育者である。彼の功績は、仙台市教育研究所の設立や研究所の組織・運営の確立、研究所の調査研究活動の推進などである。また、教育雑誌「仙台教育」の編集長を務め、教育に関する啓蒙活動にも尽力した。

タイトルとURLをコピーしました