赤松政則-室町-戦国時代の武将

赤松政則-室町-戦国時代の武将

赤松政則の生涯

赤松政則の生涯

-赤松政則の生涯-

赤松政則は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将です。播磨国守護で、播磨守護赤松氏の14代当主であり、赤松義雅の嫡男です。

-赤松政則の生涯-

* 生誕 1507年
* 死没 1569年
* 室町時代後期から戦国時代にかけて播磨で活躍した武将。
* 播磨国守護赤松氏の14代当主。
* 赤松義雅の嫡男。
* 永禄12年(1569年)に毛利氏と戦い、戦死。

-赤松政則の生涯詳細-

赤松政則は、播磨国守護赤松氏の14代当主である赤松義雅の嫡男として生まれました。幼名は高房で、後に政則と改名しました。

天文23年(1554年)、父・義雅が死去すると、家督を継いで播磨国守護となりました。政則は、毛利氏や尼子氏などの近隣諸国と争い、戦国大名として活躍しました。

永禄12年(1569年)、毛利氏と戦い、戦死しました。享年63。

赤松政則は、戦国時代の武将として活躍しましたが、その生涯は波乱に満ちたものでした。しかし、播磨国守護として播磨を治め、戦国大名として活躍した功績は、後世に称えられるものです。

応仁の乱での功績

応仁の乱での功績

-# 応仁の乱での功績

赤松政則は、応仁の乱で東軍の総大将として活躍しました。応仁元年(1467年)、細川勝元と山名宗全が対立して応仁の乱が始まります。赤松政則は、東軍の総大将に任命され、山名宗全率いる西軍と戦いました。

赤松政則は、応仁の乱で多くの功績を挙げました。中でも有名なのは、寛正6年(1465年)の摂津国尼崎城の戦いです。この戦いで、赤松政則は山名宗全の軍勢を破り、尼崎城を奪取しました。この勝利によって、赤松政則は東軍の勢いを盛り返し、山名宗全を撤退に追い込みました。

また、赤松政則は、文明10年(1478年)の近江国鈎の陣の戦いで、再び山名宗全を破りました。この戦いで、赤松政則は、山名宗全の本陣を攻め落とし、山名宗全を自害に追い込みました。この勝利によって、赤松政則は応仁の乱を東軍の勝利に導きました。

赤松政則は、応仁の乱で多くの功績を挙げた武将として知られています。赤松政則の功績によって、東軍は応仁の乱に勝利し、赤松政則は戦国大名として名声を得ました。

赤松氏の再興と家督相続

赤松氏の再興と家督相続

-赤松氏の再興と家督相続-

赤松氏は、室町幕府においても有力な守護大名として活躍していたが、応仁の乱において西軍の総大将を務めた赤松政則は、東軍の勝利によって播磨国の守護職を剥奪されてしまった。しかし、政則はすぐに播磨国に復帰し、赤松氏の再興に成功した。

政則の嫡男である赤松義村は、父が応仁の乱で戦死したため、家督を継いだ。義村は、父と同じく播磨国の守護を務め、赤松氏の勢力を拡大した。しかし、義村は永正5年(1508年)に死去し、その子である赤松晴政が家督を継いだ。

晴政は、播磨国に加えて備前国、美作国、淡路国などの守護に任じられ、赤松氏を全盛期に導いた。しかし、晴政は天文16年(1547年)に死去し、その子である赤松義祐が家督を継いだ。

義祐は、父と同じく播磨国の守護を務めていたが、永禄4年(1561年)に浦上宗景によって謀殺された。義祐には嗣子がなく、赤松氏は断絶した。

赤松氏の断絶後、播磨国は浦上宗景によって支配された。宗景は、赤松氏の旧臣を登用して播磨国を統治し、赤松氏の勢力を維持した。しかし、宗景は毛利元就によって播磨国を追われ、赤松氏の勢力は完全に衰退した。

赤松氏は、室町幕府において有力な守護大名として活躍していたが、応仁の乱によって播磨国の守護職を剥奪された。しかし、赤松政則はすぐに播磨国に復帰し、赤松氏の再興に成功した。しかし、赤松氏はその後、浦上宗景によって滅亡し、播磨国の支配権を失った。

タイトルとURLをコピーしました