赤松政秀 – 室町-戦国時代の武将

赤松政秀 – 室町-戦国時代の武将

応仁の乱と赤松家の復活

応仁の乱と赤松家の復活

-# 応仁の乱と赤松家の復活

応仁の乱は、1467年に発生した室町幕府の第8代将軍足利義政による後継者争いです。この乱は11年間に及び、全国の多くの武士が参戦しました。赤松政秀もこの乱に参加し、東軍に加わりました。

応仁の乱の初期、赤松政秀は東軍の主力として活躍しました。しかし、1469年に赤松政秀は東軍を離脱し、西軍に寝返りました。この寝返りは東軍に大きな打撃を与え、西軍の勢力が強まりました。

1473年に応仁の乱は終結しましたが、赤松政秀は西軍に加わったことで幕府から追放されました。赤松政秀は備前国に逃れ、そこで勢力を回復しました。1481年に赤松政秀は幕府に復帰し、赤松家は再興されました。

赤松政秀は応仁の乱で活躍した武将であり、赤松家の再興に貢献した人物です。赤松政秀は室町時代を代表する武将の一人であり、その生涯は多くの物語で語られています。

塩屋城主として活躍

塩屋城主として活躍

-塩屋城主として活躍-

赤松政秀は、嘉吉2年(1442年)に赤松満政の次男として生まれました。幼名は次郎。兄の赤松政則が早世したため、家督を継いで赤松氏第9代当主となりました。

政秀は、応仁の乱では東軍に属して戦いました。文明10年(1478年)には、細川政元が摂津国塩屋城を築城すると、政秀は塩屋城主となりました。

政秀は、塩屋城主として政務に励み、塩屋城を拠点として摂津国の支配を強めました。また、政秀は、山城国や河内国にも侵攻して、勢力を拡大しました。

明応2年(1493年)、政秀は、細川政元の家臣である三好之長に攻められて塩屋城を奪われました。政秀は、丹波国に逃れて再起を図りましたが、明応6年(1497年)に死去しました。

政秀は、戦国時代の初期に活躍した武将であり、赤松氏を戦国大名へと成長させました。

赤松政秀の死と評価

赤松政秀の死と評価

– 赤松政秀の死と評価

赤松政秀は、1504年(永正元年)に死去した。享年54歳だった。死因は、病気によるものとされている。赤松政秀の死により、赤松氏は衰退していき、戦国時代には滅亡した。

赤松政秀は、優れた武将であり、政治家であった。また、和歌や連歌にも優れており、文人としても知られている。赤松政秀の死は、日本史にとって大きな損失であった。

赤松政秀の死後、赤松氏は赤松義村が継いだが、義村は政秀ほど有能ではなく、赤松氏は衰退していった。戦国時代には、赤松氏は織田信長に滅ぼされた。

赤松政秀は、戦国時代の武将・政治家として、日本史にその名を残した。その死は、日本史にとって大きな損失であった。

赤松政秀の評価としては、彼は優れた武将であり、政治家であった。また、和歌や連歌にも優れており、文人としても知られている。赤松政秀は、戦国時代の混乱期にあって、赤松氏を存続させることに成功した名将であった。しかし、赤松政秀の死後、赤松氏は衰退していき、戦国時代には滅亡した。

タイトルとURLをコピーしました