赤松満政 – 室町時代の武将

赤松満政 – 室町時代の武将

赤松満政の生涯

赤松満政の生涯

-# 赤松満政の生涯

赤松満政は、室町時代の武将です。赤松則祐の子として生まれ、赤松氏を継ぎました。家督を継いだ後は、室町将軍足利義満に仕え、その信任を得ました。義満の死後、義持が将軍になると、彼もまた義持に仕え、その重臣として活躍しました。

満政は、応永の乱では、幕府軍の総大将を務め、反乱を起こした大内義弘を討伐しました。この功績により、加賀守護に任じられ、越前、近江、加賀の3カ国の守護を兼任しました。

満政は、また、足利義量の執事として、室町幕府の政務を執りました。義量の死後は、義演の執事となり、その補佐役を務めました。

満政は、永享の乱では、幕府軍の総大将を務め、反乱を起こした畠山満家を討伐しました。この功績により、丹波守護に任じられ、丹波、播磨、備前の3カ国の守護を兼任しました。

満政は、文明元年(1469年)に死去しました。享年72。

満政は、室町時代を代表する武将であり、その功績は大きく、評価が高いです。

赤松満政の功績

赤松満政の功績

-赤松満政の功績-

赤松満政は、室町時代の武将であり、赤松氏の当主を務めた。播磨国守護、備前国守護、備後国守護などを歴任し、室町幕府の有力守護大名として活躍した。

満政は、応永6年(1399年)に赤松義則の子として生まれた。満政の父である義則は、室町幕府の三管領の一人であり、満政もその跡を継いで三管領に就任した。

満政は、室町幕府の有力守護大名として、幕府の政務や軍事において重要な役割を果たした。応永15年(1408年)には、畠山満家と共に、足利義満の命を受けて、明に渡り、永楽帝に謁見した。

また、満政は、室町幕府と対立した大内氏や山名氏と戦った。応永23年(1416年)には、大内弘世と戦い、応永26年(1419年)には、山名持豊と戦って勝利を収めた。

満政は、室町幕府の有力守護大名として、幕府の政務や軍事において重要な役割を果たし、室町幕府の安定に貢献した。

-主な功績-

* 応永6年(1399年)に赤松義則の子として生まれる。
* 応永15年(1408年)に、畠山満家と共に、足利義満の命を受けて、明に渡り、永楽帝に謁見する。
* 応永23年(1416年)に、大内弘世と戦い、勝利を収める。
* 応永26年(1419年)に、山名持豊と戦い、勝利を収める。
* 応永32年(1425年)に三管領に就任する。
* 応永39年(1432年)に死去する。

赤松満政の死

赤松満政の死

-赤松満政の死-

赤松満政は、室町時代の武将であり、播磨国守護を務めた。応仁の乱では、東軍の総大将を務め、西軍と戦った。しかし、乱の終盤である1473年、満政は急死した。その死因は諸説あり、暗殺説や病死説などがある。

-暗殺説-

満政の死には暗殺説が有力である。満政は、応仁の乱で東軍の総大将を務め、西軍と激しく戦った。その中で、多くの敵を作ったとされる。また、満政は、細川勝元と対立しており、勝元が満政の暗殺を命じたという説もある。

-病死説-

満政の死は、病死であるという説もある。満政は、応仁の乱の終盤に病に倒れたとされる。その病は、痘瘡(天然痘)であったという説がある。痘瘡は、当時は不治の病であり、満政は痘瘡のために died という説である。

-満政の死の影響-

満政の死は、室町幕府に大きな影響を与えた。満政は、東軍の総大将であり、幕府の有力な武将であった。そのため、満政の死は、幕府の弱体化につながったとされる。また、満政の死は、応仁の乱の終結を早めたともいわれる。

タイトルとURLをコピーしました