小石姫皇女とは?

小石姫皇女とは?

小石姫皇女の概要

小石姫皇女の概要

小石姫皇女の概要

小石姫皇女(おいしひめひめみこ)は、万葉集にその名が登場する女官。穂積皇子(ほずみのみこ)の娘であり、天智天皇の孫にあたる。

生年は不詳だが、天武天皇11年(682年)に主税寮の寮生に任じられ、唐の使節である舎利越智率いる一行とともに唐に向かったことがわかっている。しかし、唐に滞在していた間に病にかかり、天武天皇13年(684年)に唐で亡くなった。

小石姫皇女は、万葉集に収められている穂積皇子の歌の中で、その名を詠まれている。穂積皇子は、小石姫皇女をとても可愛がっており、娘を唐に送らなければならないことを悲しみ、歌を詠んだものと思われる。

小石姫皇女は、中国で亡くなったため、その遺体は日本に送られることなく、中国に葬られた。しかし、その墓所は現在も不明である。

小石姫皇女は、悲劇的な運命を辿った女性として知られている。しかし、その歌は、穂積皇子の娘への愛情と、小石姫皇女の中国での孤独な死を伝えており、万葉集の中でも最も美しい歌の一つとして知られている。

小石姫皇女の生涯

小石姫皇女の生涯

小石姫皇女の生涯

小石姫皇女は、皇極天皇と古人大兄皇子の娘として、603年に生まれました。推古天皇の姪にあたります。聖徳太子の死後、推古天皇の後継者候補となり、622年に舒明天皇が即位すると、舒明天皇の皇后となりました。舒明天皇とは、2男3女をもうけましたが、いずれも早世しました。641年に舒明天皇が崩御すると、小石姫皇女は皇位を継承して斉明天皇となりました。

斉明天皇は、舒明天皇の遺志を継いで、蝦夷征伐を継続しました。しかし、蝦夷征伐は難航し、斉明天皇は643年に病に倒れ、644年に崩御しました。

斉明天皇の死後、皇位は孝徳天皇が継承しました。孝徳天皇は、斉明天皇の政策を引き継いで蝦夷征伐を継続しましたが、654年に崩御しました。孝徳天皇の死後、皇位は斉明天皇と舒明天皇の娘である皇極天皇が再び継承しました。

皇極天皇は、斉明天皇の政策を転換し、蝦夷征伐を中止しました。また、大化の改新を推進し、日本の政治体制を改革しました。皇極天皇は、655年に崩御し、皇位は孝徳天皇の皇子である天智天皇が継承しました。

小石姫皇女は、推古天皇の姪であり、舒明天皇の皇后、斉明天皇として活躍しました。斉明天皇の死後、皇位は孝徳天皇、皇極天皇、天智天皇と継承され、日本の政治体制は大きく変化しました。

小石姫皇女の伝承

小石姫皇女の伝承

-# 小石姫皇女の伝承

小石姫皇女は、日本の古代史に伝わる皇女であり、景行天皇の娘とされています。彼女は、その美貌と才知で知られており、多くの伝承が語られています。

小石姫皇女は、ある日、狩りをしていた景行天皇に出会い、その美しさに心を奪われます。しかし、小石姫皇女は天皇の求婚を拒絶し、山奥に逃げ込んでしまいます。天皇は、小石姫皇女を探しに行きますが、ついにが見つけることができませんでした。

小石姫皇女は、山奥で暮らすうちに、不思議な力を持つようになります。彼女は、動物と話すことができ、病気を治すこともできました。また、彼女は、未来を予知する力も持っていました。

ある日、小石姫皇女は、景行天皇が亡くなったことを予知します。彼女は、天皇の葬儀に参列するために、山奥から出てきます。天皇の葬儀の後、小石姫皇女は再び山奥に消えてしまいます。

小石姫皇女は、その後も、人々を助けるために、山奥から現れました。彼女は、病人を治したり、未来を予言したりしました。また、彼女は、人々に、正しい生き方について教えたりもしました。

小石姫皇女は、いつまでも人々から敬愛され、その伝承は、今日まで語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました