浦連也(⇒柳生厳包)について

浦連也(⇒柳生厳包)について

浦連也の生涯

浦連也の生涯

-浦連也の生涯-

浦連也は、1597年に肥後国熊本に生まれた。本名は柳生厳包で、浦連也は号である。柳生家は中世から肥後国に伝わる武家であり、連也の父である柳生厳包は熊本藩の藩士であった。

連也は幼い頃から武芸に優れ、剣術、槍術、弓術を修めた。また、学問にも励み、特に漢学に秀でていた。1615年、連也は18歳の時に大坂冬の陣、翌年の1616年には大坂夏の陣に出陣し、功を挙げた。その後、連也は熊本藩の藩主である加藤忠広の家臣となり、江戸に出仕した。

連也は江戸で、時の権力者である徳川家康の側近となった。家康は連也の武勇と学識を高く評価し、連也を重用した。連也は家康の命により、諸国を巡って兵法を指導し、幕府の武備強化に尽力した。

1623年、連也は江戸で没した。享年42。連也の死は、幕府にとっても大きな損失であった。連也は、武芸に優れただけでなく、学問にも優れ、徳川家康の側近として幕府の武備強化に貢献した。連也は、江戸時代の剣術界に大きな影響を与えた人物である。

連也の墓は、東京都港区にある柳生家累代の墓所である柳生家の墓所にある。柳生家の墓所は、東京都の史跡に指定されている。

浦連也と柳生宗矩

浦連也と柳生宗矩

浦連也と柳生宗矩

浦連也は、戦国時代末期から江戸時代初期の剣豪。諱は宗包。号は厳包。名は連也、蓮也、連哉、連哉などとも表記される。摂津国多田(現在の兵庫県川西市)に生まれる。

浦連也の生年は不明だが、天文11年(1542年)前後と推定されている。若い頃から剣術を学び、やがて頭角を現して剣豪の名声を得た。浦連也の剣術は、剛柔兼備で、特に小太刀の扱いに長けていたという。

浦連也は、慶長5年(1600年)に徳川家康に仕えた。家康に仕えた後は、家康の側近として活躍し、数々の合戦にも従軍した。浦連也は、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、真田丸の戦いで活躍し、真田信繁を討ち取ったとされている。

慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では、天王寺口の戦いで奮戦したが、戦死した。浦連也の死後、家康は浦連也の遺徳を偲んで、京都の妙心寺に「浦連也禅定門」という塔を建立した。

浦連也は、柳生宗矩と親交があり、宗矩から剣術を学んだともいわれている。浦連也は、宗矩から新陰流の奥義を伝授され、宗矩の死後は、新陰流を継承した。

浦連也は、新陰流の達人として知られ、多くの弟子を育てた。浦連也の弟子には、柳生十兵衛宗厳、疋田景兼、宮本武蔵などがいる。浦連也は、新陰流の発展に大きく貢献し、日本の剣術史に大きな足跡を残した。

浦連也の武功

浦連也の武功

浦連也の武功

浦連也は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。柳生厳包(厳包)の別名で知られています。

浦連也は、尾張国の出身で、始め織田信長の家臣でしたが、後に豊臣秀吉に仕えました。

浦連也は、武勇に優れており、槍の名手として知られていました。

特に、賤ヶ岳の戦いで、賤ヶ岳山頂に陣取った柴田勝家を、自ら率いる部隊で奇襲し、勝利に貢献しました。

小牧・長久手の戦いで、浦連也は、徳川家康の軍勢を相手に、天王山で奮戦しました。

徳川家康は、浦連也の武勇を気に入り、家臣にしようとしたと言われています。

しかし、浦連也は、豊臣秀吉に忠義を尽くし、徳川家康の家臣になることを拒否しました。

九州征伐では、浦連也は、島津義久の軍勢と戦い、勝利に貢献しました。

文禄・慶長の役では、浦連也は、朝鮮に出兵し、明の軍勢と戦いました。

朝鮮では、浦連也は、蔚山城の戦いで、明の軍勢を撃退し、蔚山城を守り抜きました。

蔚山城の戦いで、浦連也は、明の軍勢の総大将である邢玠を討ち取り、大いに武名を上げました。

浦連也は、武勇に優れていましたが、知略にも長けていました。

浦連也は、戦の際に、奇襲や謀略を用いて、敵を翻弄しました。

浦連也は、豊臣秀吉から、その武勇と知略を高く評価され、数多くの戦で重用されました。

慶長の役が終わると、浦連也は、豊臣秀頼に仕えました。

大坂夏の陣では、浦連也は、豊臣秀頼の軍勢に加わり、徳川家康の軍勢と戦いました。

浦連也は、大坂夏の陣で、徳川家康の軍勢を相手に奮戦しましたが、戦死しました。

浦連也は、戦国時代から安土桃山時代にかけて、数多くの戦いに出陣し、武功を上げました。

浦連也は、その武勇と知略で、豊臣秀吉や豊臣秀頼に重用され、戦国乱世を生き抜いた武将でした。

タイトルとURLをコピーしました