「おいとの方」(⇒清原マリア(きよはらの-マリア))について

「おいとの方」(⇒清原マリア(きよはらの-マリア))について

「おいとの方」とは?

「おいとの方」とは?

「おいとの方」とは?

「おいとの方」とは、平安時代中期の宮廷女官である。藤原道長の娘で、一条天皇の中宮である藤原彰子の妹に当たる。また、後一条天皇、後朱雀天皇、後冷泉天皇の母でもある。

「おいとの方」という名は、彰子のおい(叔父)、つまり道長の甥にあたる一条天皇の愛称である「おい」に由来する。彰子の妹である「おいとの方」は、天皇の「おいと」であることから、この名で呼ばれるようになったと考えられる。

「おいとの方」は、彰子の入内(天皇の后になること)と同時に、一条天皇の女御として入内した。その後、彰子との間に一女を儲けたが、彰子が男子を産むことができず、一条天皇は「おいとの方」との間に男子を儲けようとした。しかし、「おいとの方」は男子を産むことができず、一条天皇は他の女御との間に男子を儲けることになった。

一条天皇の死後、「おいとの方」は出家して法名を清原マリアと称した。その後、娘の一条院彰子(後朱雀天皇の母)の死後、彰子の遺児である後冷泉天皇の摂政となった。そして、後冷泉天皇の死後、その弟の後三条天皇の摂政となった。

「おいとの方」は、一条天皇の寵愛を受け、一条天皇の死後は摂政として権勢を振るった。また、娘の一条院彰子、孫の後朱雀天皇、後冷泉天皇、曾孫の後三条天皇の摂政を務め、平安時代中期の政治に大きな影響を与えた人物である。

清原マリアとは?

清原マリアとは?

-清原マリアとは?-

清原マリアとは、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性です。加藤清正の姪であり、豊臣秀吉の側室の一人でした。

清原マリアは、生年不詳、出身地不詳です。加藤清正の兄である加藤嘉明の娘として生まれ、幼い頃から豊臣秀吉の側室であった淀殿に仕えていました。秀吉が亡くなった後、清原マリアは淀殿の養女となり、豊臣秀頼の婚約者となりました。しかし、秀吉の死後、豊臣政権は衰退し、清原マリアは淀殿とともに大坂城に籠城しました。そして、慶長19年(1614年)、大坂冬の陣で豊臣軍が徳川軍に敗北すると、清原マリアは淀殿とともに自害しました。

清原マリアは、その美貌と賢さが評判の女性でした。また、和歌や書画にも優れており、多くの文化人に愛されました。特に、細川ガラシャとは親友の間柄で、二人は文通を通じて交流を深めていました。

清原マリアは、波乱に満ちた生涯を送り、その最後も悲劇的なものでした。しかし、その美貌と賢さは人々から愛され、今もなお多くの人々に語り継がれています。

清原マリアの生涯

清原マリアの生涯

-清原マリアの生涯-

清原マリアは、1568年(永禄11年)に、清原元枝の娘として生まれました。母は、大友宗麟の妹・マリアでした。マリアは、幼い頃からキリスト教の教えを受け、1578年(天正6年)に洗礼を受けました。

マリアは、1582年(天正10年)に、大友宗麟の養子となり、大友義統の正室となりました。1587年(天正15年)に、義統が豊臣秀吉に滅ぼされると、マリアは、大坂城に移り住みました。

1600年(慶長5年)に関ヶ原の戦いで豊臣家が滅亡すると、マリアは、京都の大徳寺に移り住みました。そして、1629年(寛永6年)に、静かにその生涯を閉じました。

マリアは、キリシタン大名・大友宗麟の養女として、また、大友義統の正室として、激動の時代を生き抜いた女性でした。彼女の人生は、戦国時代のキリシタンの歴史を伝える貴重な資料となっています。

タイトルとURLをコピーしました