– 「お犬」(?-1582 戦国-織豊時代)

– 「お犬」(?-1582 戦国-織豊時代)

「お犬」の出自と生い立ち

「お犬」の出自と生い立ち

「お犬」の出自と生い立ち

「お犬」の出自については、諸説ある。一説によると、織田信長の妹である織田お犬が「お犬」のモデルではないかと言われている。織田お犬は、永禄3年(1560年)に織田信長の四女として生まれ、永禄11年(1568年)に浅井長政の次男である浅井長政と結婚した。しかし、天正元年(1573年)に浅井長政が織田信長に攻め滅ぼされると、織田お犬は織田信長の元に帰った。その後、織田お犬は豊臣秀吉に嫁ぎ、豊臣秀吉の正室となった。

もう一つの説によると、「お犬」は阿波国(現在の徳島県)出身の女性であるという。この説は、阿波国に「お犬」の墓があることから生まれた。阿波国にある「お犬」の墓は、阿波国の戦国大名である三好長慶の娘である三好お犬の墓であると言われている。三好お犬は、永禄10年(1567年)に三好長慶の娘として生まれ、永禄12年(1569年)に織田信長の家臣である柴田勝家に嫁いだ。しかし、天正元年(1573年)に柴田勝家が織田信長に攻め滅ぼされると、三好お犬は織田信長の元に帰った。その後、三好お犬は豊臣秀吉に嫁ぎ、豊臣秀吉の側室となった。

どちらの説が正しいのかについては、現在も議論が続いている。しかし、「お犬」が織田信長や豊臣秀吉と親しい関係にあったことは間違いないだろう。

「お犬」の生涯

「お犬」の生涯

-「お犬」の生涯-

お犬は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した女性である。その生涯は謎に包まれており、生没年もはっきりとは分かっていない。しかし、彼女は多くの逸話に登場し、その勇気と知恵を称えられている。

お犬は、近江国(現在の滋賀県)の農家の娘として生まれたと伝えられている。幼い頃から聡明で、武芸にも優れていたという。ある日、彼女は村を襲った山賊を退治し、村人から「お犬(お犬さま)」と呼ばれるようになった。

その後、お犬は、織田信長に仕官した。信長は、お犬の武勇を高く評価し、彼女に多くの戦いで重要な役割を任せた。お犬は、信長の側近として活躍し、多くの戦功を挙げた。

本能寺の変の後、お犬は、羽柴秀吉に仕えた。秀吉も、お犬の武勇を高く評価し、彼女に多くの戦いで重要な役割を任せた。お犬は、秀吉の側近として活躍し、多くの戦功を挙げた。

1582年、お犬は、賤ヶ岳の戦いで戦死した。享年40歳。お犬の死は、秀吉にとって大きな痛手となった。彼は、お犬の功績を称え、彼女に官位を追贈した。

お犬は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した、勇気と知恵に優れた女性である。その生涯は謎に包まれており、生没年もはっきりとは分かっていない。しかし、彼女は多くの逸話に登場し、その勇気と知恵を称えられている。

「お犬」の子孫

「お犬」の子孫

「お犬の子孫」

お犬の子孫は、徳川幕府の庇護のもと、肥後熊本藩の細川家に預けられました。細川家は、お犬の子孫を大切に守り育て、その血統を絶やすことなく受け継いできました。江戸時代には、細川家の家臣である肥後熊本の古町村家に預けられていた時期があり、そこで「古町村犬」と呼ばれたこともあります。
明治維新後、細川家は東京に移住し、お犬の子孫も一緒に移り住みました。その後、お犬の子孫は、細川家の家臣である井上家に引き取られ、そこで「井上犬」と呼ばれたこともあります。

昭和初期には、お犬の子孫は、細川家から茨城県の水戸徳川家へ譲られました。水戸徳川家は、お犬の子孫を大切に守り育て、その血統を絶やすことなく受け継いできました。その後、お犬の子孫は、水戸徳川家から東京の八王子市の徳川記念財団へと引き取られました。現在、お犬の子孫は、徳川記念財団の施設内で大切に飼育されています。

お犬の子孫は、その優れた嗅覚と賢さで、狩猟犬として活躍しました。また、番犬として、主人の家を守り抜いたとも伝えられています。現在でも、お犬の子孫は、その優れた資質を受け継ぎ、狩猟犬や番犬として活躍しています。

お犬の子孫は、日本の貴重な文化遺産です。その血統を絶やすことなく受け継いでいくために、徳川記念財団では、お犬の子孫の繁殖に取り組んでいます。また、お犬の子孫を一般公開することで、人々にその存在を知ってもらい、その保護と研究に協力してもらうことを目指しています。

タイトルとURLをコピーしました