応胤入道親王

応胤入道親王

応胤入道親王とは

応胤入道親王とは

-応胤入道親王とは-

応胤入道親王(おういんにゅうどうしんのう)は、平安時代後期の皇族、仏教僧。後三条天皇の第二皇子で、母は藤原朝子(源俊房の娘)。法号は道覚。

1092年(寛治6年)、誕生。1103年(康和5年)、12歳の時に出家し、園城寺にて具足戒を受ける。1117年(保安4年)、26歳の時に仁和寺に入寺し、法号を道覚と改める。1124年(保安5年)、33歳の時に仁和寺門跡となる。1140年(永治元年)、49歳の時に大僧正に任ぜられる。1142年(康治2年)、51歳の時に薨去。

応胤入道親王は、学問に優れ、また和歌にも長けていた。1118年(保安5年)には、歌集『千載和歌集』の撰者の一人となる。また、仁和寺を再興し、多くの伽藍を建立した。1124年(保安5年)には、仁和寺に金堂を建立し、1140年(永治元年)には、仁和寺に五重塔を建立した。

応胤入道親王は、仁和寺の再興に尽力し、また学問や和歌にも優れた才能を示した。平安時代後期の皇族、仏教僧として、重要な役割を果たした人物である。

応胤入道親王の生涯

応胤入道親王の生涯

-# 応胤入道親王の生涯

応胤入道親王は、室町時代中期に活躍した皇族・僧侶である。後花園天皇の第一皇子として生まれ、幼少期に仁和寺の門跡となり、応胤と名乗った。

応胤は学問と武芸に秀で、早くから頭角を現した。15歳で権大僧都に叙され、17歳で権大納言に任じられた。21歳のときには内大臣に昇進し、公卿の最高位に就いた。

しかし、応胤は権勢を笠に着て横暴な振る舞いが目立ち、他の公卿や朝臣から反感を買うようになった。また、将軍足利義教とも対立し、1441年に流罪に処された。

応胤は流罪先で出家し、応胤入道親王と号した。その後、赦されて帰京したが、再び義教と対立し、1443年に再び流罪に処された。

応胤は流罪先で7年間を過ごし、1450年に赦されて帰京した。帰京後は再び仁和寺の門跡となり、1453年に薨去した。

応胤は、権勢を笠に着て横暴な振る舞いが目立ったが、学問と武芸に秀でた有能な人物でもあった。また、流罪先で出家し、仏道を修めた人物としても知られている。

応胤入道親王の業績

応胤入道親王の業績

– 応胤入道親王の業績

応胤入道親王は、後花園天皇の皇子で、天台座主を務めた人物です。応仁の乱で焼け落ちた東寺を再建し、また、蓮台寺を創建しました。また、和歌や書にも優れ、多くの作品を残しています。

-# 東寺再建

応仁の乱で焼け落ちた東寺は、応胤入道親王によって再建されました。再建された東寺は、以前よりも壮麗な建物となり、京都を代表する寺院の一つとなりました。東寺は、その後も何度か火災に見舞われましたが、その都度再建され、現在まで残っています。

-# 蓮台寺創建

応胤入道親王は、蓮台寺を創建しました。蓮台寺は、京都市左京区にある天台宗の寺院で、応胤入道親王の菩提寺でもあります。蓮台寺は、応胤入道親王の遺徳を偲んで建立されたもので、多くの参拝者が訪れます。

-# 和歌・書

応胤入道親王は、和歌や書にも優れていました。和歌は二条派の祖として知られ、多くの和歌を残しています。また、書は宸翰第一と称され、その作品は高く評価されています。応胤入道親王の作品は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されています。

応胤入道親王は、天台宗の復興に努め、また、和歌や書にも優れた人物でした。その業績は現在も高く評価されており、多くの人々に敬愛されています。

タイトルとURLをコピーしました