戦国時代の武将 一色藤長とは?その生涯と功績

戦国時代の武将 一色藤長とは?その生涯と功績

一色藤長とは?

一色藤長とは?

-一色藤長とは?-

一色藤長(いっしきふじなが)は、戦国時代の武将。和泉国日根郡(現在の和歌山県泉南郡岬町)の国人領主で、一色氏の第19代当主。通称は藤九郎(ふじくろう)・武兵衛尉。

藤長は、一色氏の居城である日根城に生まれ、15歳で家督を継いだ。当時、和泉国は畠山氏と細川氏の争いで混乱しており、藤長は畠山氏と同盟して細川氏と戦った。

永禄4年(1561年)、藤長は細川氏に攻め込まれ、日根城を落城させた。藤長は和泉国を離れ、河内国に逃れた。

その後、藤長は織田信長に仕えて、河内国や和泉国で活躍した。天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が討たれると、藤長は豊臣秀吉に仕えた。

藤長は、秀吉の朝鮮出兵にも参加し、慶長の役では、水軍を率いて活躍した。慶長11年(1606年)、藤長は死去した。享年70。

将軍足利義輝につかえた一色藤長

将軍足利義輝につかえた一色藤長

-# 将軍足利義輝につかえた一色藤長

一色藤長は、戦国時代前期から安土桃山時代にかけての武将である。丹波国の守護大名である一色義清の四男として生まれた。諱は藤長、通称は右近大夫、官位は従五位下・播磨守。

藤長は、将軍足利義輝に仕え、近習としてその側近くにあった。永禄11年(1568年)、織田信長の軍勢が京都に侵攻すると、藤長は義輝とともに二条御所に籠城した。しかし、義輝は信長の家臣である明智光秀に殺害され、藤長もまた光秀の軍勢に討たれた。

藤長は、勇猛果敢な武将として知られており、義輝の忠臣としてその死を遂げた。藤長の死は、義輝の側近たちにも大きな衝撃を与え、義輝の死後、足利家は衰退の一途をたどった。

藤長の実兄である一色義道は、丹波国氷上郡の守護で戦国大名である。父・一色義清が死去し、居城の黒井城に入城した。藤長は、永禄3年(1560年)に尼子晴久の侵攻によって黒井城を喪失し、一色氏は離散した。

永禄5年(1562年)に、藤長は将軍足利義輝の近習となり、以後10年間仕えた。義輝は、藤長の忠誠心と武勇を高く評価していた。永禄11年(1568年)、織田信長の軍勢が京都に侵攻すると、藤長は義輝とともに二条御所に籠城した。しかし、義輝は信長の家臣である明智光秀に殺害され、藤長もまた光秀の軍勢に討たれた。

藤長の死は、義輝の側近たちにも大きな衝撃を与え、義輝の死後、足利家は衰退の一途をたどった。

織田信長に追放された将軍足利義昭を支え続けた一色藤長

織田信長に追放された将軍足利義昭を支え続けた一色藤長

-戦国時代の武将 一色藤長とは?その生涯と功績-

-織田信長に追放された将軍足利義昭を支え続けた一色藤長-

一色藤長は、戦国時代の武将であり、近江国守護代を務めた。本姓は藤原氏、家系は摂津国一色氏。諱は長勝。法名は浄林。

永禄4年(1561年)、父・一色藤金の跡を継いで近江国守護代となる。永禄12年(1569年)、織田信長が上洛を開始すると、藤長は信長に臣従する。しかし、永禄13年(1570年)、信長が足利義昭を京都から追放すると、藤長は義昭に従って近江国坂本城に籠城する。

元亀2年(1571年)、信長は坂本城を攻め落とす。藤長は義昭と共に近江国を脱出し、越前国に逃亡する。その後、藤長は義昭に従って各地を転々とし、天正元年(1573年)には近江国に帰国する。天正3年(1575年)、藤長は信長の軍勢に敗れ、再び越前国に逃亡する。

天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が死去すると、藤長は義昭と共に京都に帰還する。しかし、天正13年(1585年)、豊臣秀吉の軍勢に敗れ、再び近江国を脱出する。その後、藤長は義昭に従って各地を転々とし、天正15年(1587年)に義昭が死去すると、藤長は剃髪して浄林と号する。

天正18年(1590年)、藤長は豊臣秀吉に仕えて関東地方に下向する。その後、藤長は秀吉の朝鮮出兵に従軍し、文禄4年(1595年)に朝鮮国で病死した。享年56。

藤長は、織田信長に追放された将軍足利義昭を支え続け、戦国乱世の荒波に翻弄されながらも、最後まで義昭に忠義を尽くした武将であった。

タイトルとURLをコピーしました