赤松持貞-室町時代の武将

赤松持貞-室町時代の武将

赤松持貞の生涯

赤松持貞の生涯

– 赤松持貞の生涯

-赤松持貞-は、室町時代の武将であり、赤松氏の第7代当主です。

赤松持貞は、1384年(元徳2年)に赤松義則の長男として誕生しました。父義則は、足利義満の側近として活躍し、播磨国守護に任命されていました。持貞は若くして、父とともに足利義満に仕え、1399年(応永6年)に父が没した後は、赤松氏の当主となりました。

赤松持貞は、当主となってからも、足利義満に仕え、1408年(応永15年)には、義満の命を受けて、山名氏清とともに備後国に侵攻しました。この戦いで、持貞は備後国守護を討ち取り、備後国を支配下に置きました。

1411年(応永18年)、足利義満が没すると、持貞は足利義持に仕えました。しかし、義持は持貞を疎んじ、1416年(応永23年)に持貞は播磨国守護を解任され、所領を没収されました。

持貞は、播磨国守護を解任された後、播磨国に逃れて、挙兵しました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1420年(応永27年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1424年(応永31年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1428年(永享元年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1430年(永享2年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1432年(永享4年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1433年(永享5年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1436年(永享8年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1438年(永享10年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1441年(嘉吉元年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1443年(嘉吉3年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1446年(文安3年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1449年(文安6年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1452年(宝徳4年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1455年(康正元年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1458年(康正4年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1460年(康正6年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1463年(寛正4年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1467年(応仁元年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1470年(文明2年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1473年(文明5年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1476年(文明8年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1479年(文明11年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1482年(文明14年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1485年(文明17年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1488年(長享2年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1491年(明応元年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1494年(明応3年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1497年(明応6年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1500年(明応9年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1503年(明応12年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1506年(永正3年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。

持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1509年(永正6年)に京都に攻め上りました。

赤松持貞と赤松満祐

赤松持貞と赤松満祐

赤松持貞と赤松満祐

赤松持貞は、室町時代の武将で、赤松氏第14代当主です。播磨国(現在の兵庫県)を本拠地とし、足利将軍家と関係が深く、室町政権の中枢で活躍しました。

赤松満祐はその弟であり、赤松氏第15代当主です。持貞の死後に家督を継ぎ、室町政権の有力者として大きな権力を握りました。しかし、室町幕府6代将軍足利義教と対立し、嘉吉の変で謀反を起こして義教を暗殺しました。

赤松満祐の死後、赤松氏は衰退し、播磨国を失いました。しかし、赤松持貞の息子である赤松政村が、室町幕府8代将軍足利義政の信任を得て、赤松氏を再興しました。

赤松持貞と赤松満祐は、室町時代の動乱期に活躍した兄弟です。持貞は、将軍家と協力して政権を支え、満祐は、将軍家と対立してクーデターを起こしました。兄弟の対立は、室町政権に大きな影響を与えました。

赤松持貞は、1380年に生まれました。1404年に父である赤松義則が没すると、家督を継ぎました。持貞は、室町幕府3代将軍足利義満に仕え、義満の信任を得て、播磨国の守護に任命されました。

1408年、義満が幕府を退き、子の足利義持が4代将軍に就任しました。持貞は、義持にも仕え、室町政権の中枢で活躍しました。1418年、持貞は、播磨国の守護から、権威のある京都の守護に任命されました。

1428年、持貞は、義持の死後に将軍となった足利義教と対立しました。持貞は、義教の政策に反対し、室町政権から離反しました。1430年、持貞は、義教を討つために挙兵しましたが、敗れて播磨国に逃亡しました。

1431年、持貞は、播磨国で病死しました。享年52でした。死後、家督は弟の赤松満祐が継ぎました。

赤松満祐は、1383年に生まれました。1431年に兄の持貞が没すると、家督を継ぎました。満祐は、持貞の政策を引き継ぎ、室町政権に oppositiondりました。

1441年、満祐は、将軍足利義教と対立し、嘉吉の変で謀反を起こして義教を暗殺しました。満祐は、義教を暗殺した後、室町政権を掌握しましたが、1449年に、義教の遺児である足利義政が9代将軍に就任すると、満祐は失脚しました。

1458年、満祐は、義政の命により、殺害されました。享年76でした。満祐の死後、赤松氏は衰退し、播磨国を失いました。

赤松持貞と赤松満祐は、室町時代の動乱期に活躍した兄弟です。持貞は、将軍家と協力して政権を支え、満祐は、将軍家と対立してクーデターを起こしました。兄弟の対立は、室町政権に大きな影響を与えました。

赤松持貞の自害

赤松持貞の自害

赤松持貞の自害

赤松持貞は、室町時代の武将であり、赤松氏の14代当主である。播磨国守護を務め、室町幕府の重臣として活躍した。しかし、1441年に嘉吉の乱で赤松満祐が将軍足利義教を暗殺したため、持貞も連座して幕府から討伐されることとなった。持貞は播磨国に逃れて籠城したものの、幕府軍の攻撃を受けて降伏し、1442年に自害した。

持貞の自害は、嘉吉の乱の終結を意味するだけでなく、赤松氏衰退の始まりでもあった。赤松氏はその後、播磨国の守護職を失い、室町幕府での地位も低下した。1467年に赤松政秀が応仁の乱で西軍に加担したことで、赤松氏は完全に滅亡した。

持貞の自害は、室町時代の政治情勢を大きく変える出来事であった。嘉吉の乱で足利義教が暗殺されたことで、室町幕府は弱体化し、各地で守護大名による反乱が相次いだ。持貞の自害は、室町幕府が守護大名を統制する力を失ったことを象徴する出来事であり、戦国時代の幕開けを告げる出来事であった。

持貞の自害は、多くの文学作品にも取り上げられている。最も有名なのは、浄瑠璃『義経千本桜』の「道行旅路の嫁入」である。この作品では、持貞が自害する前に、娘の照手姫と別れを告げる場面が描かれている。この場面は、持貞の悲劇的な最期を象徴する名場面として知られている。

タイトルとURLをコピーしました