赤松義祐(2) – 戦国から織豊時代の武将

赤松義祐(2) – 戦国から織豊時代の武将

赤松晴政の子として誕生

赤松晴政の子として誕生

-赤松晴政の子として誕生-

赤松義祐は、1486年に淡路国守護・赤松晴政の子として生まれました。晴政は、応仁の乱で東軍の総大将として活躍し、赤松氏を畿内屈指の戦国大名に押し上げました。

義祐は、晴政の嫡男として生まれ、幼い頃から英才教育を受けました。1506年に晴政が死去すると、11歳の義祐が家督を継ぎ、淡路国守護となりました。

義祐は、家督を継ぐとすぐに、東国の戦国大名との同盟を強化し、勢力を拡大していきました。また、領国内の統治にも力を入れ、1508年には淡路国で最初の検地を実施しました。

しかし、義祐は在位中、常に家臣の謀反に悩まされていました。1511年に家臣の細川澄元が謀反を起こし、義祐は淡路国を追放されました。

義祐は、追放後、近江国に逃れ、六角定頼を頼りました。定頼の支援を受けた義祐は、1514年に淡路国に帰国し、家督を回復しました。

しかし、義祐の苦難はこれで終わりませんでした。1520年に細川澄元が再び謀反を起こし、義祐は再び淡路国を追放されました。

義祐は、淡路国を追放された後、播磨国に逃れ、浦上村宗を頼りました。村宗の支援を受けた義祐は、1523年に淡路国に帰国し、家督を回復しました。

義祐は、家督を回復した後、勢力を拡大し、赤松氏を畿内屈指の戦国大名に押し上げました。しかし、1532年に家臣の浦上則宗が謀反を起こし、義祐は再び淡路国を追放されました。

義祐は、淡路国を追放された後、備中国に逃れ、毛利元就を頼りました。元就の支援を受けた義祐は、1535年に淡路国に帰国し、家督を回復しました。

義祐は、家督を回復した後、勢力を拡大し、赤松氏を畿内屈指の戦国大名に押し上げました。1549年に死去するまで、淡路国を治めました。

備前天神山城主浦上宗景と争う

備前天神山城主浦上宗景と争う

-備前天神山城主浦上宗景と争う-

大永2年(1522年)3月10日、赤松義祐は父・義村が没し、備前・美作の赤松家家督を継いだ。家督を継いだ当時の赤松氏は、管領山名氏に仕える守護大名であり、備前国内では天神山城主浦上宗景や、赤松家家老であった浦上村宗や浦上政宗が実権を握っていた。

赤松義祐は浦上宗景に謀反を起こされ、備前と美作の戦国大名浦上宗景の勢力となってしまう。永正10年(1513年)、赤松義祐は浦上宗景に奇襲攻撃を仕掛けるが、大敗を喫してしまう。

大敗した赤松義祐は備前を去り、美作に逃亡した。赤松義祐は美作で浦上宗景に対抗し、弘治3年(1554年)に備前を取り戻すことに成功した。

しかし、赤松義祐は浦上宗景と再び敵対し、永禄2年(1559年)に備前を奪われてしまう。赤松義祐は再び美作に逃亡し、そこで病死した。

赤松義祐と浦上宗景の争いは、備前国内の勢力争いであった。赤松義祐は浦上宗景に敗れ、備前を奪われてしまった。しかし、赤松義祐は浦上宗景と再び敵対し、備前を取り戻した。しかし、赤松義祐は再び浦上宗景に敗れ、備前を奪われてしまった。そして、美作で病死した。

織田信長と手を結ぼうとするも挫折

織田信長と手を結ぼうとするも挫折

織田信長と手を結ぼうとするも挫折

赤松義祐は、最初は反織田の立場をとっていたが、後に織田信長と手を結ぼうとした。しかし、この計画は失敗に終わり、義祐は織田氏と敵対することになった。

義祐が織田信長と手を結ぼうとしたのには、いくつかの理由があった。まず、義祐は尼子氏と敵対しており、織田氏と手を結ぶことで尼子氏を牽制することができた。また、義祐は室町幕府に仕えており、織田氏と手を結ぶことで幕府の権威を高めることもできた。

しかし、義祐の計画は失敗に終わった。織田信長は、義祐が尼子氏と通じており、幕府の権威を軽視していることを理由に、義祐を討伐した。義祐は播磨国三木城に立てこもったが、織田氏の軍勢に攻め落とされ、自害した。

義祐が織田信長と手を結ぼうとしたのは、当時の複雑な政治情勢を反映している。義祐は、織田氏と手を結ぶことで、尼子氏を牽制し、室町幕府の権威を高めることを目指していた。しかし、織田信長は、義祐が尼子氏と通じており、幕府の権威を軽視していることを理由に、義祐を討伐した。

タイトルとURLをコピーしました