戦国武将 赤松義則の生涯をつづる

戦国武将 赤松義則の生涯をつづる

赤松義則の生涯

赤松義則の生涯

-赤松義則の生涯-

赤松義則は、日本の戦国時代の武将です。浦上豊房の弟であり、浦上氏家臣の赤松義村の養子となりました。浦上氏の一族である赤松氏を継ぎ、播磨国など近畿地方で活躍しました。

義則は、永禄3年(1560)に、浦上豊房が死去すると、浦上氏の家督を継ぎました。しかし、豊房の弟である浦上政宗が義則を排除して家督を奪いました。義則は、播磨国に逃れ、赤穂城を拠点として、浦上政宗と抗争を続けました。

元亀元年(1570)に、義則は、織田信長の支援を受け、浦上政宗を討ち、浦上氏の家督を回復しました。義則は、浦上氏の勢力を拡大し、播磨国を統一しました。

天正10年(1582)に、義則は、本能寺の変で織田信長が死去すると、羽柴秀吉に従いました。秀吉の九州征伐に従軍し、豊臣政権の有力武将として活躍しました。

文禄元年(1592)に、義則は、朝鮮出兵に従軍し、蔚山城の戦いなどで活躍しました。しかし、文禄3年(1594)に、義則は、蔚山城で病死しました。

義則は、浦上氏の家督を回復し、播磨国を統一した勇将でした。また、織田信長と豊臣秀吉に仕え、天下統一に貢献しました。

義則の墓は、兵庫県赤穂市にある赤穂城跡内にあります。

播磨と備前の守護大名

播磨と備前の守護大名

播磨と備前の守護大名

赤松義則は、播磨と備前の守護大名として、戦国時代に活躍した武将です。赤松氏は、播磨を本拠地とする守護大名でしたが、義則の父である赤松義村は、応仁の乱に敗れて播磨を追われ、備前へと逃れました。義則は、父の後を継いで備前の守護大名となり、播磨奪還を目指して戦いました。

義則は、播磨奪還のために、山名氏や細川氏など、多くの有力大名と同盟を結びました。そして、1504年、ついに播磨に侵攻し、守護代の浦上則宗を破って、播磨を奪還することに成功しました。義則は、播磨を奪還した後、領内の統治に努め、播磨を繁栄させました。

しかし、義則は、1519年に死去しました。義則の死後、赤松氏は衰退し、播磨と備前は、毛利氏や宇喜多氏などの大名によって支配されるようになりました。

義則は、播磨と備前の守護大名として、戦国時代に活躍した武将です。義則は、播磨奪還のために多くの戦いを繰り広げ、最終的には播磨を奪還することに成功しました。義則は、播磨を奪還した後、領内の統治に努め、播磨を繁栄させました。しかし、義則は、1519年に死去し、赤松氏は衰退しました。

明徳の乱と美作守護就任

明徳の乱と美作守護就任

-明徳の乱と美作守護就任-

明徳の乱は、室町幕府3代将軍足利義満の時代、1391年(明徳2年)に起こった権力闘争である。

赤松義則は、播磨国の守護大名で、足利義満に仕えていた。義満は、明徳の乱を機に、赤松義則に美作国の守護に任命した。以来、赤松氏は、美作を拠点に勢力を拡大していくことになる。

赤松義則は、美作国に赴任すると、すぐに領国の整備に取りかかった。彼は、守護所を備前国の鹿久居城に置き、美作国内に多くの城を築いていった。また、領国内の治安を確保するため、検断所を設置して、裁判を行った。そして、美作の経済を豊かにするため、農業や商業を奨励し、道路や港湾を整備した。

赤松義則は、美作国の守護として、1428年(永享10年)に死去するまで、38年間在任した。彼は、美作の領主として、領国の発展に尽力し、赤松氏の基礎を固めた。

赤松義則の死後、家督は嫡男の満祐が継いだ。満祐は、父の跡を継いで美作の守護となったが、応仁の乱に巻き込まれ、西軍に加担した。応仁の乱は、東西両軍が激しく争い、京都は荒廃した。満祐は、応仁の乱の最中の1473年(文明5年)に死去した。

赤松満祐の死後、家督は嫡男の政則が継いだ。政則は、父の後を継いで美作の守護となったが、1484年(文明16年)に家臣に殺害された。政則の死後、赤松氏は衰退していった。

タイトルとURLをコピーしました