赤松義村-室町・戦国時代の武将

赤松義村-室町・戦国時代の武将

赤松義村の生涯

赤松義村の生涯

– 赤松義村の生涯

赤松義村は、室町・戦国時代の武将です。播磨国の守護大名であり、赤松氏の一族です。赤松則村の次男として生まれ、兄の義則の死後に家督を継ぎました。

義村は、赤松氏の勢力を拡大し、播磨国を統一することに成功しました。また、明徳の乱では、足利義満に味方して、北朝の勝利に貢献しました。

応永の乱では、初めは北朝に味方していましたが、後に南朝に寝返りました。しかし、南朝が敗北したため、再び北朝に帰参しました。

義村は、永享年間には、越前の守護に任命されました。しかし、嘉吉の乱で赤松満祐が幕府に謀反を起こしたため、義村も連座して失脚しました。

失脚後は、播磨国に蟄居していましたが、文明年間には、赦免されて、播磨国の守護に復帰しました。

義村は、文明12年(1480年)に死去しました。享年88歳でした。

義村は、赤松氏の勢力を拡大し、播磨国を統一した名将でした。また、明徳の乱や応永の乱など、多くの戦乱を戦い抜いた武将でもありました。

赤松義村と浦上村宗

赤松義村と浦上村宗

– 赤松義村と浦上村宗

赤松義村と浦上村宗は、戦国時代から室町時代にかけて活躍した武将です。彼らは、互いに敵対関係にありましたが、後に和解して協力し合うようになりました。

赤松義村は、赤松氏の一族で、赤松則村の息子です。彼は、1458年に赤松則村が死去すると、家督を継ぎました。赤松義村は、細川勝元と組んで、畠山義就を攻め滅ぼしました。その後、赤松義村は、細川勝元と対立し、1467年に応仁の乱が勃発しました。応仁の乱は、11年間にわたって続き、赤松義村は、細川勝元と戦いました。

浦上村宗は、浦上氏の一族で、浦上則宗の息子です。彼は、1461年に浦上則宗が死去すると、家督を継ぎました。浦上村宗は、赤松義村と敵対していましたが、後に和解して協力し合うようになりました。浦上村宗は、赤松義村と組んで、細川勝元を攻め滅ぼしました。その後、浦上村宗は、赤松義村と対立し、1485年に赤松義村を攻め滅ぼしました。

赤松義村と浦上村宗は、戦国時代から室町時代にかけて活躍した武将であり、彼らは、互いに敵対関係にありましたが、後に和解して協力し合うようになりました。赤松義村は、細川勝元と組んで、畠山義就を攻め滅ぼしましたが、その後、赤松義村は、細川勝元と対立し、応仁の乱が勃発しました。応仁の乱は、11年間にわたって続き、赤松義村は、細川勝元と戦いました。浦上村宗は、浦上氏の一族で、浦上則宗の息子です。彼は、1461年に浦上則宗が死去すると、家督を継ぎました。浦上村宗は、赤松義村と敵対していましたが、後に和解して協力し合うようになりました。浦上村宗は、赤松義村と組んで、細川勝元を攻め滅ぼしましたが、その後、浦上村宗は、赤松義村と対立し、1485年に赤松義村を攻め滅ぼしました。

赤松義村の最期

赤松義村の最期

赤松義村の最期

赤松義村は、室町・戦国時代の武将である。赤松氏13代当主。第6代将軍足利義教の側近であったが、後に反乱を起こし、嘉吉の乱を引き起こした。しかし、幕府軍に敗れ、逃亡中に自害した。

嘉吉元年(1441年)、赤松義村は、将軍足利義教に叛旗を翻し、嘉吉の乱を引き起こした。義村は、播磨の国人衆を味方につけ、京都に迫った。しかし、幕府軍に敗れ、京都から撤退した。

義村は、その後、播磨に戻って再起を図ったが、幕府軍に追われて、備前国に逃亡した。ところが、備前国の守護代浦上則宗に裏切られ、捕らえられた。そして、嘉吉3年(1443年)、赤松義村は、備前国で自害した。享年39。

赤松義村の死後、赤松氏は衰退し、播磨国は細川氏と山名氏の争奪の場となった。そして、戦国時代になると、赤松氏は滅亡した。

赤松義村は、室町・戦国時代の武将であり、嘉吉の乱を引き起こした。しかし、幕府軍に敗れ、逃亡中に自害した。義村の死後、赤松氏は衰退し、播磨国は細川氏と山名氏の争奪の場となった。そして、戦国時代になると、赤松氏は滅亡した。

タイトルとURLをコピーしました