赤松椋園-明治・大正時代の官僚、漢詩人

赤松椋園-明治・大正時代の官僚、漢詩人

明治から大正時代の役人-赤松椋園

明治から大正時代の役人-赤松椋園

明治から大正時代の役人-赤松椋園

赤松椋園(1868-1943)は、明治・大正時代の役人で、漢詩人としても知られています。

赤松椋園は、1868年(慶応4年)に、現在の山口県萩市に生まれました。1891年(明治24年)に、東京帝国大学法科大学を卒業し、1893年(明治26年)に、内務省に入省しました。

赤松椋園は、内務省で、地方行政を担当しました。1899年(明治32年)に、愛知県知事となり、1906年(明治39年)に、兵庫県知事となりました。1913年(大正2年)には、内務次官に就任しました。

赤松椋園は、内務次官として、地方行政の改革を行いました。また、1918年(大正7年)に、日本の統治下にあった朝鮮半島に、朝鮮総督府を設置し、初代朝鮮総督に就任しました。

赤松椋園は、1929年(昭和4年)に、朝鮮総督を辞任し、退官しました。その後は、漢詩人として活躍し、1943年(昭和18年)に、75歳で亡くなりました。

赤松椋園は、明治・大正時代の日本において、重要な役割を果たした人物でした。

明治23年に高松市の初代市長に就任

明治23年に高松市の初代市長に就任

-明治23年に高松市の初代市長に就任-

赤松椋園は、明治23年(1890年)6月20日に高松市の初代市長に就任しました。高松市は、明治22年(1889年)7月1日に市制施行されたばかりの新しい市でした。赤松椋園は、高松市の初代市長として、市の基盤整備や産業振興などに尽力しました。

赤松椋園は、明治5年(1872年)に高松藩の藩校である講道館で学び、その後、東京に出て、東京大学予備門に入学しました。明治10年(1877年)に東京大学予備門を卒業した後、東京大学法学部に入学しました。明治14年(1881年)に東京大学法学部を卒業した後、内務省に入省しました。

内務省では、地方官を歴任した後に、明治23年(1890年)に高松市の初代市長に就任しました。赤松椋園は、高松市の初代市長として、市の基盤整備や産業振興などに尽力しました。

赤松椋園は、まず、高松市の基盤整備に取り組みました。赤松椋園は、高松市の道路や公園を整備し、高松市の水道や下水道を整備しました。また、赤松椋園は、高松市の小学校や中学校を整備し、高松市の市民病院を整備しました。

赤松椋園は、また、高松市の産業振興にも尽力しました。赤松椋園は、高松市の産業を調査し、高松市の産業を振興する政策を立案しました。また、赤松椋園は、高松市の企業を支援し、高松市の産業を振興しました。

赤松椋園は、明治29年(1896年)まで高松市の市長を務めました。赤松椋園は、高松市の初代市長として、市の基盤整備や産業振興などに尽力し、高松市の発展に貢献しました。

関西漢詩壇の長老として知られる

関西漢詩壇の長老として知られる

関西漢詩壇の長老として知られる

赤松椋園は、江戸末期、明治、大正の儒学者、漢詩人、教育者、官僚である。幕末から明治にかけてかなりの数の漢詩を漢詩壇に送り、その詩才は詩友に高く評価されていた。彼に関西漢詩壇の第一人者として、中央詩壇との橋渡し役を果たした詩業が顕著である。

赤松椋園は、和歌山県生まれ。幼少より漢学を学び、長じて官吏となる。和歌山県立和歌山高等学校の前身の一つである、和歌山県師範学校の校長を務め、教鞭を執った。その後、高知県、広島県、愛媛県、島根県の県令などの要職を歴任。後に内務省に入り、内務次官を務めた。

政治家として、教育者としてだけではなく、漢詩人としても活躍し、関西漢詩壇の長老として知られる。晩年には、日本漢詩壇を代表する大御所として東京に在住し、漢詩壇の重鎮として活躍した。

赤松椋園の漢詩は、格調高く、清新な作風で、多くの詩人に愛された。その詩集には、『椋園詩集』、『椋園黄葉集』、『風雨楼唱和集』などがある。

赤松椋園は、日本の漢詩壇に大きな足跡を残した人物である。その詩業は、現在でも高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました