小勝 – 明治時代の熊本で活躍した女性

小勝 – 明治時代の熊本で活躍した女性

芸者から熊本鎮台司令長官の妻へ

芸者から熊本鎮台司令長官の妻へ

-芸者から熊本鎮台司令長官の妻へ-

小勝は、明治時代の熊本で活躍した女性です。芸者から熊本鎮台司令長官の妻へと、波乱万丈の人生を送りました。

小勝は、1853年に熊本県で生まれました。幼い頃に両親を亡くし、芸者として生計を立てていました。1877年、西南戦争が勃発すると、小勝は看護婦として従軍します。このとき、小勝は熊本鎮台司令長官であった谷干城と知り合い、結婚しました。

谷干城は、西南戦争で活躍し、明治政府の要人として活躍しました。小勝は、谷干城の妻として、社交界で活躍し、多くの政財界人との交友関係を築きました。

1894年に日清戦争が勃発すると、小勝は、夫の谷干城とともに、戦地に赴き、看護婦として従軍しました。日清戦争後、谷干城は、台湾総督に任命され、小勝も夫とともに台湾に赴任しました。

1898年に谷干城が死去すると、小勝は、熊本に戻り、夫の遺志を継いで、社会事業に尽力しました。1923年には、熊本県初の女子大学である熊本女子大学を設立しました。

小勝は、1933年に死去しました。享年80歳でした。小勝は、芸者から熊本鎮台司令長官の妻へと、波乱万丈の人生を送りましたが、その生涯を通して、社会に貢献した偉大な女性でした。熊本女子大学のキャンパス内には現在でも小勝の銅像が建っており、人々から敬愛されています。

神風連の乱で夫を亡くし、負傷

神風連の乱で夫を亡くし、負傷

神風連の乱で夫を亡くし、負傷

神風連の乱とは、明治10年(1877年)に熊本県で起こった士族による反乱である。小勝の夫である肥後藩士・山鹿素水が、この乱に参加して戦死した。小勝もまた、乱に加わって負傷した。

小勝は、熊本県菊池郡の出身である。幼い頃に両親を亡くし、祖父に育てられた。18歳で山鹿素水と結婚し、4人の子供をもうけた。

夫・山鹿素水の戦死の知らせを受けると、小勝は悲しみに暮れながらも、子供たちを養うために強くならなければならなかった。彼女は、夫の遺志を継いで、神風連の残党を匿い、政府軍と戦い続けた。

しかし、政府軍の攻撃は激しく、小勝はついに捕らえられてしまった。小勝は、熊本城に収容され、厳しい拷問を受けた。しかし、彼女は最後まで屈することなく、神風連の志を貫き通した。

明治11年(1878年)、小勝は釈放された。彼女は、故郷の菊池郡に戻り、農業を営みながら子供たちを育て上げた。小勝は、明治33年(1900年)に63歳で亡くなった。

小勝は、明治時代の熊本で活躍した女性の一人である。彼女は、夫の死を乗り越えて、子供たちを育て上げ、神風連の志を貫き通した。彼女の強さと勇気は、今もなお人々に語り継がれている。

西南戦争で籠城し、負傷兵を看護

西南戦争で籠城し、負傷兵を看護

– 西南戦争で籠城し、負傷兵を看護

西南戦争では、熊本城が政府軍と反政府軍の激戦地となりました。このとき、熊本城内に籠城し、負傷兵を看護したのが、小勝という女性でした。

小勝は、1851年に熊本県玉名郡に生まれました。1877年に西南戦争が勃発すると、彼女は熊本城に籠城し、負傷兵の看護に当たりました。彼女は、昼夜を問わず負傷兵の傷の手当てを行い、また、食事や身の回りの世話もしました。

小勝の献身的な看護は、多くの負傷兵の命を救いました。また、彼女の優しさや気遣いは、負傷兵たちの心の支えにもなりました。

西南戦争が終結した後、小勝は熊本県女子師範学校に勤務し、女子教育に尽力しました。彼女は、1934年に亡くなりましたが、彼女の功績は今もなお語り継がれています。

小勝は、西南戦争で籠城し、負傷兵を看護したことで知られる女性です。彼女の献身的な看護は、多くの負傷兵の命を救い、また、彼らの心の支えにもなりました。小勝の功績は今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました