「安芸実光」(?-1185 平安時代後期の武士)

「安芸実光」(?-1185 平安時代後期の武士)

安芸実光の生涯

安芸実光の生涯

– 安芸実光の生涯

-# 源平合戦

安芸実光は、平安時代後期の武士であり、源平合戦において活躍しました。源頼朝の挙兵に従って参戦し、各地で武功を上げました。特に、壇ノ浦の戦いで活躍し、平家一門を破るのに貢献しました。

-# 幕府の重臣

源頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、幕府の重臣として活躍しました。頼朝の側近として仕え、幕府の運営に参画しました。また、頼朝の命令を受けて、各地に派遣されて武功を上げました。

-# 頼家の時代

源頼朝が亡くなった後は、その子である源頼家が第2代将軍となりました。頼家も実光を重用し、幕府の運営に参画させました。しかし、頼家は次第に専横となり、実光は頼家から遠ざけられました。

-# 梶原景時の変

頼家が失脚した後、幕府は梶原景時が実権を握りました。景時は実光を憎んでおり、実光を討とうとしました。しかし、実光は景時の陰謀を察知し、景時を討ち取りました。この事件は、梶原景時の変と呼ばれています。

-# 晩年

梶原景時の変の後、実光は幕府の最高権力者となりました。しかし、実光は晩年に病を患い、1185年に亡くなりました。実光の死後、幕府は衰退に向かい、鎌倉時代は終わりを告げました。

壇ノ浦の戦いでの活躍

壇ノ浦の戦いでの活躍

壇ノ浦の戦いでの活躍

壇ノ浦の戦いで安芸実光は、平家の総大将である平宗盛の船に一番乗りして、宗盛の弟の平時忠を討ち取ったとされる。しかし、宗盛は小舟に乗って逃走し、実光はそれを追って海に飛び込んだが、宗盛を見失ってしまった。

その後、実光は平家の将である平知盛の船に切り進んで、知盛を討ち取った。知盛は宗盛の異母兄であり、平家の有力な武将であった。知盛の死は平家に大きな打撃を与えた。

実光は壇ノ浦の戦いで平家の将を次々と討ち取り、平家の滅亡に大きく貢献した。実光の活躍は、後世に「安芸実光の勇」として語り継がれた。

通称と死因

通称と死因

-通称と死因-

安芸実光は、通称を「犬飼小次郎」といい、死因は「源義経の郎党・鎌田政清に討たれた」とされています。

「犬飼小次郎」という通称は、実光の祖先が犬飼氏であったことに由来しています。犬飼氏は大和国葛城郡(現在の奈良県葛城市)を本拠とする豪族で、実光の父親である安芸国司・安芸実綱も同氏に属していました。

実光の死因については、源義経の郎党・鎌田政清に討たれたとされています。この説は、鎌倉時代の軍記物『源平盛衰記』に記載されています。

『源平盛衰記』によると、元暦2年(1185年)に源義経が平氏を追討するために九州に遠征した際、実光は義経の郎党として同行しました。しかし、義経が平氏を破った後、鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝は義経を討伐する命令を出しました。義経は、頼朝の命を逃れるため、奥州(現在の東北地方)に逃亡しました。

実光は、義経を追って奥州まで同行しました。しかし、同年10月22日、義経は奥州の平泉で、頼朝の命を受けた鎌倉幕府の軍勢に攻められ、自害しました。実光もまた、義経とともに自害したとされています。

タイトルとURLをコピーしました