人名辞典-「羽笠」(高橋羽笠)

人名辞典-「羽笠」(高橋羽笠)

「羽笠」とは

「羽笠」とは

-「羽笠」(高橋羽笠)-

-「羽笠」とは-

* * *

人名辞典に「羽笠」という項目がある。その項目の下に「「羽笠」とは」という小見出しがある。この小見出しは、「羽笠」がどのような意味を表すのかを説明している。

羽笠とは、古代日本の武具の一つである。頭頂部を保護するために、革や木で作られた笠のようなものをかぶるものであった。羽笠は、主に貴族や武士によって使用された。

* * *

羽笠には、様々な種類がある。最も一般的な羽笠は、丸い形の笠に、前後に長い垂れ幕がついたものである。この垂れ幕は、顔や首を保護する役割を果たしていた。また、中には、笠の部分が三角形や四角形のものや、垂れ幕のないものもあった。

* * *

羽笠は、古代日本の戦場において、重要な役割を果たした。羽笠をかぶることで、頭頂部を保護し、敵からの攻撃から身を守ることができた。また、羽笠には、敵を威嚇する効果もあった。

* * *

平安時代になると、羽笠は次第に衰退していった。その理由は、弓矢や火器の発達により、頭頂部を保護する羽笠の重要性が低下したためである。

* * *

羽笠は、古代日本の武具として、重要な役割を果たした。現在でも、羽笠は、神社や博物館などで展示されている。また、羽笠は、漫画やアニメなどの作品に登場することもある。

高橋羽笠について

高橋羽笠について

-高橋羽笠について-

高橋羽笠(たかはしかさね)は、日本の作家、編集者、翻訳家、評論家。本名、高橋和彦。1932年5月20日、長野県松代町(現・長野市)に生まれる。

早稲田大学文学部仏文科を卒業後、1956年に講談社に入社。編集者として「週刊現代」「現代」「小説現代」などの雑誌に携わる。

1965年、小説『サラバ、愛しき大地』で第18回直木賞を受賞。同作は、戦後日本を舞台に、社会の変革を目指す若者たちの姿を描いた長編小説。

1971年、編集プロダクション「高橋企画」を設立。編集者としての活動に加え、作家としても精力的に執筆活動を続ける。

1977年、小説『虹とうさぎ』で第22回谷崎潤一郎賞を受賞。同作は、戦国時代の越後を舞台に、上杉謙信と武田信玄の戦いを描いた長編小説。

1985年、編集プロダクション「高橋企画」を解散。その後は、作家としての活動に専念する。

1992年、小説『夢の壁』で第16回川端康成文学賞を受賞。同作は、現代の東京を舞台に、夢と希望に満ちた若者たちの姿を描いた長編小説。

高橋羽笠は、現代の日本の社会問題や歴史をテーマとした長編小説を多く執筆。その作品は、リアリズムとロマンティシズムを融合させた文体で、多くの読者に支持された。

2002年10月15日、肺がんのため東京都内の病院で死去。享年70歳。

高橋羽笠の功績

高橋羽笠の功績

高橋羽笠の功績

高橋羽笠は、江戸時代中期の国学者であり、本居宣長の門人であった。号は惟喬。安芸国安芸郡伴村(現在の広島県広島市安芸区伴町)に生まれた。

高橋羽笠の功績の一つは、本居宣長の国学を普及させたことである。高橋羽笠は、本居宣長の門人として、その国学を学び、それを広めるために尽力した。高橋羽笠は、京都で私塾を開き、国学を教えた。また、多くの著書を出版し、国学を普及させた。

高橋羽笠の功績の二つ目は、日本書紀の研究である。高橋羽笠は、日本書紀を研究し、その注釈書である『日本書紀私考』を著した。『日本書紀私考』は、日本書紀の研究に大きな影響を与え、今日でも重要視されている。

高橋羽笠の功績の三つ目は、和歌の研究である。高橋羽笠は、和歌を研究し、その評論書である『和歌私考』を著した。『和歌私考』は、和歌の研究に大きな影響を与え、今日でも重要視されている。

高橋羽笠の功績は、国学の普及、日本書紀の研究、和歌の研究の三つに大別される。高橋羽笠は、国学者として、その功績は大きく、今日でも重要視されている。

タイトルとURLをコピーしました