「秋田輝季」

「秋田輝季」

家系と略歴

家系と略歴

-家系と略歴-

秋田輝季は、1999年4月24日に秋田県大館市に生まれた日本の元子役、タレント、俳優である。

父は俳優の秋田源太、母は女優の秋田亜由美。兄に俳優の秋田輝生がいる。

2005年、5歳の時に「ちゃちゃちゃいんこい」でデビュー。2006年、テレビドラマ「アンフェア」で長男の「佐藤光彦」役を演じ、注目を集める。

2007年、映画「秒速5センチメートル」で主人公の「貴樹」の子供時代を演じる。2008年、ドラマ「14歳の母」で「望月悠斗」役を演じ、一躍人気子役となる。

2009年、映画「空気人形」で主人公の「空気人形」に恋をする少年「ジョニー」を演じる。2010年、映画「告白」で主人公の「森口悠子」の息子「森口翔太」を演じる。

2011年、映画「モテキ」で主人公の「藤本幸世」の友人「永瀬隆久」を演じる。2012年、映画「るろうに剣心」で主人公の「緋村剣心」の弟子「弥彦」を演じる。

2013年、映画「桐島、部活やめるってよ」で主人公の「桐島」のライバル「前原遼太」を演じる。2014年、映画「銀の匙 Silver Spoon」で主人公の「八軒勇吾」を演じる。

2015年、映画「orange」で主人公の「高宮菜穂」の親友「成瀬翔」を演じる。2016年、映画「君の名は。」で主人公の「立花瀧」の親友「勅使河原克彦」を演じる。

2017年、映画「3月のライオン」で主人公の「桐山零」の弟子「幸田香子」を演じる。2018年、映画「万引き家族」で主人公の「柴田治」の息子「柴田祥太」を演じる。

2019年、映画「天気の子」で主人公の「森嶋帆高」の親友「天野凪」を演じる。2020年、映画「鬼滅の刃」で主人公の「竈門炭治郎」の弟「竈門禰豆子」を演じる。

2021年、映画「るろうに剣心 最終章 The Final」で主人公の「緋村剣心」の弟子「弥彦」を演じる。2022年、映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」で主人公の「緋村剣心」の弟「雪代縁」を演じる。

秋田輝季は、子役時代から活躍している実力派俳優である。その演技力は高く評価されており、数々の賞を受賞している。また、その端正なルックスで人気を集めており、女性から多くの支持を得ている。

三春駒の献上

三春駒の献上

-秋田輝季-

-三春駒の献上-

秋田輝季は、江戸時代前期の大名。陸奥国三春藩の第2代藩主。三春駒の献上により、徳川家康から「駒の輝季」の異名をとった。

輝季は、慶長7年(1602年)、初代藩主・秋田実季の長男として生まれた。慶長19年(1614年)、父・実季の死去に伴い、13歳で家督を継いだ。

輝季は、藩政を安定させ、三春藩の発展に努めた。また、書画や彫刻など、芸術を奨励した。

元和8年(1622年)、輝季は、徳川家康に三春駒を献上した。三春駒は、三春藩の特産品であり、その精巧な造りが評判であった。家康は、三春駒を大変気に入り、「駒の輝季」と称した。

寛永9年(1632年)、輝季は死去した。享年31。跡を長男の忠季が継いだ。

三春駒は、現在でも三春藩の伝統工芸品として親しまれている。三春駒は、頭部と胴体、脚部が別々に作られ、組み立てることで完成する。頭部は、木彫りで作られ、彩色される。胴体は、竹で作られ、紙を貼って仕上げる。脚部は、木で作られ、竹で補強される。

三春駒は、縁起物として知られており、厄除けや開運を願って飾られることが多い。また、三春駒は、郷土玩具としても人気があり、全国各地で販売されている。

譜代への復

譜代への復

「秋田輝季」の譜代への復

秋田輝季は、戦国時代から江戸時代にかけての武将・大名。久保田藩初代藩主となった人物である。

輝季は、永禄2年(1559年)に誕生。父は秋田実季、母は佐竹義昭の娘。幼名は亀千代。

輝季は、幼い頃から文武両道に秀でており、特に弓術と馬術に優れていた。また、知勇兼備の武将としても知られており、数々の戦いで活躍した。

天正11年(1583年)、輝季は父・実季の死により家督を継ぎ、久保田藩主となる。輝季は、その後、豊臣秀吉の九州征伐や小田原征伐に参加し、功績を上げた。

慶長5年(1600年)、輝季は関ヶ原の戦いで西軍に与し、米沢城に籠城した。しかし、戦後に徳川家康に降伏し、所領を安堵された。

輝季は、その後、秋田藩の基礎を固め、領内の開発に努めた。また、藩校である明徳館を創設し、教育にも力を注いだ。

慶長19年(1614年)、輝季は死去。享年56。

輝季は、譜代大名として、秋田藩を繁栄に導いた名君である。また、文武両道に秀でており、知勇兼備の武将としても知られていた。

輝季は、久保田城を築城し、久保田藩の基礎を固めた。また、領内の開発に努め、藩の財政を豊かにした。輝季は、藩校である明徳館を創設し、教育にも力を注いだ。

輝季は、徳川家康から厚く信頼されており、譜代大名として重んじられた。輝季は、徳川家康の死後も、江戸幕府に仕え、幕政に参与した。

輝季は、元和9年(1623年)に死去した。享年65。輝季は、久保田藩の礎を築いた名君であり、徳川家康から厚く信頼された譜代大名であった。

タイトルとURLをコピーしました